Top > Search of Japanese Patents > FLATTENING METHOD FOR METAL SHEET AND FLATTENING DEVICE THEREFOR

FLATTENING METHOD FOR METAL SHEET AND FLATTENING DEVICE THEREFOR

Patent code P110005563
File No. 54
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2004-120699
Publication number P2005-297050A
Patent number P4505632
Date of filing Apr 15, 2004
Date of publication of application Oct 27, 2005
Date of registration May 14, 2010
Inventor
  • (In Japanese)北澤 君義
  • (In Japanese)山本 晃
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title FLATTENING METHOD FOR METAL SHEET AND FLATTENING DEVICE THEREFOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a flattening method for a metal sheet where a band-shaped projecting part extending from one end side to the other end side in a metal sheet is flattened, so as to be a band shape, and the metal sheet can be reutilized without being melted.
SOLUTION: At the time when a band-shaped projecting part 24 projecting to one side of a metal sheet 22 is flattened, using a tool 10 equipped with a driving means of rotating a rotary axis 12, and roller-shaped members 14, 14, ... provided around the rotary axis 12 and rotating together with the rotary axis 12 in such a manner that the application of pressing force for gradually pressing a part of the band-shaped projecting part 24 and the release of the pressing force are alternately repeated, so as to perform flattening, the tool 10 is moved, so as to form the flattened part from the one end side to the other end side of the band-shaped projecting part 24 in succession.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、容器等に使用された廃棄金属板をリサイクルする際には、廃棄金属板を粉砕し再溶融してから圧延等によって金属板としている。この様に、廃棄金属板を再溶融する方法では、廃棄金属板の粉砕や再溶融のために多大のエネルギーを消費している。
一方、廃棄金属板を再溶融することなく再利用できれば、従来の廃棄金属板を再溶融する方法に比較して、省エネルギーを図ることができる。
しかし、廃棄金属板は曲折されているものが多く、そのままでは再利用し難い。このため、曲折された廃棄金属板を平坦な金属板とすることによって、溶融することなく再利用を図ることができるものと期待できる。
【特許文献1】
なし
【非特許文献1】
なし

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は金属板の平坦化方法及びその平坦化装置に関し、更に詳細には金属板の一面側に突出する凸部が、前記金属板の一端側から他端側に帯状に延びて形成された帯状凸部を平坦化する金属板の平坦化方法及びその平坦化装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
金属板が折り曲げられて形成された、前記金属板の一面側に突出する横断面形状が三角形状、「へ」字状又は側壁部が略平行に形成された凸部が、前記金属板の一端側から他端側に帯状に延びる帯状凸部を平坦化する際に、
回転軸を回転する駆動手段と、前記回転軸の周囲に設けられ、前記帯状凸部の所定部分を徐々に押圧する押圧力と前記押圧力の解除とを交互に繰り返すことのできるように、前記回転軸と共に回転する複数個のローラ状部材とを具備する工具を用い、
前記工具及び金属板の少なくとも一方を移動し、前記帯状凸部の一部分を徐々に押圧する押圧力と前記押圧力の解除とを交互に繰り返して、前記金属板の他の部分よりも厚肉に形成した平坦化部分を、前記帯状凸部の一端から他端の方向に逐次形成することを特徴とする金属板の平坦化方法。

【請求項2】
 
横断面形状が三角形状の帯状凸部の先端部近傍を、前記帯状凸部の底面側に移行するように前記帯状凸部を押圧する請求項1記載の金属板の平坦化方法。

【請求項3】
 
側壁部が略平行に形成された帯状凸部の先端部近傍を押圧して形成した、金属板の他の部分よりも厚肉化された厚肉の平坦部に対し、更に押圧と押圧力の開放とを繰り返して施し、前記厚肉の平坦部の中央部近傍で切断する請求項1記載の金属板の平坦化方法。

【請求項4】
 
金属板が折り曲げられて形成された、前記金属板の一面側に突出する横断面形状が三角形状、「へ」字状又は側壁部が略平行に形成された凸部が、前記金属板の一端側から他端側に帯状に延びる帯状凸部を平坦化する平坦化装置であって、
回転軸を回転する駆動手段と、前記回転軸の周囲に設けられ、前記帯状凸部の一部分を徐々に押圧する押圧力と前記押圧力の解除とを交互に繰り返して、前記金属板の他の部分よりも厚肉の平坦化部分に形成できるように、前記回転軸と共に回転する複数個のローラ状部材とが設けられた工具と、
前記平坦化した部分を前記帯状凸部の一端側から他端側の方向に逐次形成できるように、前記工具及び金属板の少なくとも一方を移動する移動手段とを具備することを特徴する金属板の平坦化装置
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004120699thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close