Top > Search of Japanese Patents > UNDERWATER ORGANISM-REPELLENT COATING

UNDERWATER ORGANISM-REPELLENT COATING

Patent code P110005565
File No. NI0600020
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2006-148920
Publication number P2007-314733A
Patent number P4967122
Date of filing May 29, 2006
Date of publication of application Dec 6, 2007
Date of registration Apr 13, 2012
Inventor
  • (In Japanese)深海 龍夫
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title UNDERWATER ORGANISM-REPELLENT COATING
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an underwater organism-repellent coating having high anti-adhesion effects on underwater organisms.
SOLUTION: The underwater organism-repellent coating is characterized by comprising piezoelectric particles subjected to a polarizing treatment, carbon fibers and a resin material. The piezoelectric particles preferably have ≤125 μm size and the content of the carbon fibers is preferably 0.2-1.5 wt.% based on the coating solid content.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

船底、魚網、発電所の取水口等の水中物体に、フジツボ、カキ等の水中生物が付着すると様々な問題が発生する。例えば、船底に水中生物が付着すると、水の抵抗が大きくなり、速度が低下したり、消費燃料も多くなってしまう。
そのため、従来、これら水中生物が付着しにくいように船底等に、水中生物忌避塗料を塗布するなどしている。この水中生物忌避塗料には種々のものがある。例えば特許文献1には、導電性塗料中に磁性物質が混入されている生物付着防止塗料が示されている。
【特許文献1】
特開2001-294818

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、船底等の水中物体へフジツボ等の生物が付着するのを防止できる水中生物忌避塗料およびこれを用いた水中生物の付着防止方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
分極処理した圧電体粒子と、炭素繊維と、樹脂材料とを含み、
前記圧電体粒子の大きさが2~125μmであり、
前記炭素繊維の含有量が、塗料固形分に対して0.2wt%~1.5wt%であり、
塗膜を形成した際、前記圧電体粒子に発生した電荷が前記炭素繊維を通じて塗膜表面に現れることを特徴とする水中生物忌避塗料。

【請求項2】
 
炭素繊維がカーボンナノファイバーであることを特徴とする請求項1記載の水中生物忌避塗料。

【請求項3】
 
圧電体粒子がBaTiO3であることを特徴とする請求項1または2記載の水中生物忌避塗料。

【請求項4】
 
請求項1~3いずれか1項記載の水中生物忌避塗料を前記炭素繊維の端部が塗膜表面から突出するように水中物体の表面に塗布し、振動エネルギーにより前記圧電体粒子に発生した電荷が前記炭素繊維を通じて塗膜表面に現れるようにすることを特徴とする水中生物の付着防止方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006148920thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close