Top > Search of Japanese Patents > HEAT RADIATING BODY

HEAT RADIATING BODY commons

Patent code P110005567
File No. 20-1
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2006-287611
Publication number P2007-009332A
Patent number P4392506
Date of filing Oct 23, 2006
Date of publication of application Jan 18, 2007
Date of registration Oct 23, 2009
Inventor
  • (In Japanese)新井 進
  • (In Japanese)遠藤 守信
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title HEAT RADIATING BODY commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a heat radiating body having excellent heat radiating property in the heat radiating body comprising a plated structure.
SOLUTION: In the heat radiating body 30, a large number of plated layers 31 having fine carbon fibers or the derivatives incorporated in the plated film and a large number of plated layers 32 comprising different kinds of metal different from that of the plated layer 31 are alternately laminated and a large number of the plated layers 31 in which the fine carbon fibers or the derivatives are incorporated are arranged in parallel with spaces by removing the peripheral parts of the plated layers 32 comprising the different metal by etching.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


カーボンナノチューブ(CNT)あるいはナノファイバーと呼ばれる微細炭素繊維(直径200nm以下、アスペクト比10以上)は、炭素の基本骨格(6員環)が軸方向に配列していることが特徴であり、その特徴に由来する、熱伝導性、電気伝導性、摺動特性、機械的強度等の特性に優れていることが期待でき、幅広い用途に用いられようとしている。
上記CNTの製造方法は種々知られているが、量産性の点から気相成長法が有利とされている(田中一義[編]「カーボンナノチューブ」化学同人出版、2001年1月30日、P.67-77)。
【非特許文献1】
田中一義[編]「カーボンナノチューブ」化学同人出版、2001年1月30日、P.67-77

Field of industrial application (In Japanese)


本発明はめっき構造物からなる放熱体に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
めっき皮膜中に微細炭素繊維もしくはその誘導体が混入しているめっき層と、該めっき層とは異なる金属の異種金属からなるめっき層とが交互に所要複数積層され、該異種金属からなるめっき層の周縁部がエッチングにより除去されることによって、前記微細炭素繊維もしくはその誘導体が混入しているめっき層が空間を介して並列していることを特徴とする放熱体。

【請求項2】
 
前記微細炭素繊維もしくはその誘導体が混入しているめっき層が合金でなく単一の金属からなることを特徴とする請求項1記載の放熱体。

【請求項3】
 
前記微細炭素繊維もしくはその誘導体が混入しているめっき層が合金めっき層であることを特徴とする請求項1記載の放熱体。

【請求項4】
 
微細炭素繊維の誘導体がフッ素化炭素繊維であることを特徴とする請求項1~3いずれか1項記載の放熱体。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006287611thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close