Top > Search of Japanese Patents > MACHINE TOOL

MACHINE TOOL meetings

Patent code P110005593
File No. 25
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2003-044162
Publication number P2004-249434A
Patent number P3520344
Date of filing Feb 21, 2003
Date of publication of application Sep 9, 2004
Date of registration Feb 13, 2004
Inventor
  • (In Japanese)小幡 文雄
  • (In Japanese)岡本 尚機
Applicant
  • (In Japanese)鳥取大学長
Title MACHINE TOOL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a machine tool for preventing reduction in work accuracy due to thermal deformation, and actively using generating heat.
SOLUTION: This machine tool actively uses the generating heat by shutting up and using heat, for example, as a motive power source for cooling machine, and is characterized by having a structure having a heating source, a heat shielding body for thermally shielding a part or the whole of the structure, a heat conductor for introducing heat energy shut up by the heat shielding body, and a heat energy converter for converting the heat energy introduced by the heat conductor into the other energy.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


一般に、工作機械はその運転により、構成部材であるモータ、回転部分、摺動部分又は切削などの加工部分などが熱の発生源となり、その熱が構成部材に対し熱変形を生じさせ、そのため切削などの加工精度を低下させる問題点がある。
そのため、発熱個所近傍を冷却することで熱変形による加工精度の低下を防止したり、又、工作機械の複数個所に変位センサを設け、そのセンサ出力から熱変形量を算出し、機械の制御側でその熱変形を補正することが行われている。
又、工作機械の発熱源であるところの送りモータ、ボールねじ、主軸台のモータ、摩擦運動部分等から発生する熱を断熱することによって、熱的要因による加工寸法の時間的変化を防止するため、刃物台を載置したスライダとボールねじとの間、又は上記スライダとスライダベースとの間の相対的に摺動する部分、又はモータを組み込んだ主軸台と工作物を把持するチャックとの間等に断熱材を介在させたものは知られている(特許文献1参照)。
【特許文献1】 特開平11-320211号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、工作機械に関し、工作機械の切削等に伴なう発熱又は回転部もしくは摺動部で発生する熱による工作機械本体の熱変形を防ぎ、加工精度を向上させ、又はそれらの発生熱を積極的に有効利用することに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
発熱源となるモータ、切削等の加工部又は回転もしくは摺動する主軸部の何れか一以上を有する構造体と、上記構造体のうち、発熱源となる上記モータ、上記加工部又は上記主軸部を熱的に遮蔽する熱遮蔽体と、上記熱遮蔽体により閉じこめられた熱エネルギ-を導く熱伝導体とを備えたことを特徴とする工作機械。

【請求項2】
 
発熱源となるモータ、切削等の加工部又は回転もしくは摺動する主軸部の何れか一以上を有する構造体と、上記構造体のうち、発熱源となる上記モータ、上記加工部又は上記主軸部を熱的に遮蔽する熱遮蔽体と、上記熱遮蔽体により閉じこめられた熱エネルギーを導く熱伝導体と、上記熱伝導体により導かれた熱エネルギーを他のエネルギーに変換する熱エネルギー変換体とを備えたことを特徴とする工作機械。

【請求項3】
 
発熱源となるモータ、切削等の加工部又は回転もしくは摺動する主軸部の何れか一以上を有する構造体と、上記構造体のうち、発熱源となる上記モータ、上記加工部又は上記主軸部を熱的に遮蔽する熱遮蔽体と、上記熱遮蔽体により閉じこめられた熱エネルギーを導く熱伝導体と、上記熱伝導体により導かれた熱エネルギーを電気エネルギーに変換する熱・電気エネルギー変換体と、上記熱・電気エネルギー変換体により変換された電気エネルギーを動力源とする冷却装置とを備えたことを特徴とする工作機械。

【請求項4】
 
熱遮蔽体が、エポキシ樹脂などのプラスチック又はジルコニアもしくはアルミナなどのセラミックスの溶射による薄膜体、又は上記プラスチック又はセラミックスからなる板体である請求項1、2、3の何れかに記載の工作機械。

【請求項5】
 
熱伝導体がヒートパイプである請求項1、2、3の何れかに記載の工作機械。

【請求項6】
 
熱エネルギー変換体が、ゼーベック効果を利用した金属又は半導体よりなる熱電変換素子である請求項1、2、3の何れかに記載の工作機械。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003044162thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) (In Japanese) 工作機械
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close