Top > Search of Japanese Patents > MACHINERY DEVICE PROVIDED WITH HEAT RADIATION STRUCTURE FOR REDUCING THERMAL DEFORMATION

MACHINERY DEVICE PROVIDED WITH HEAT RADIATION STRUCTURE FOR REDUCING THERMAL DEFORMATION

Patent code P110005596
File No. H17-017-2
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2006-310484
Publication number P2007-160498A
Patent number P4792581
Date of filing Nov 16, 2006
Date of publication of application Jun 28, 2007
Date of registration Aug 5, 2011
Priority data
  • P2005-333146 (Nov 17, 2005) JP
Inventor
  • (In Japanese)小幡 文雄
  • (In Japanese)上原 一剛
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人鳥取大学
Title MACHINERY DEVICE PROVIDED WITH HEAT RADIATION STRUCTURE FOR REDUCING THERMAL DEFORMATION
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a machinery device, capable of effectively reducing thermal deformation caused by heat generation at a heat source without increasing manufacturing cost or running cost.
SOLUTION: The machinery device is provided with a plurality of component parts 1 and a heat source 1. Between the respective component parts 1, an intermediate member 2 comprising low heat conductivity material is provided. In the component part 1 at a center, where the heat source 3 is installed on a back surface, is provided with a hole part 1a that is extended forward and backward, and opened in a front surface of the component part 1. In the hole part 1a, a heat radiation member 4 formed of high heat conductivity material is disposed. A main body part 4a of the heat radiation member 4 is housed in the hole part 1a, and a tip part 4b is projected forward from the front surface of the component part 1 to be exposed to air outside the machinery device. An outside surface of the machinery device is covered with a heat insulation member 5 formed of heat insulation material except for a part where the heat source 3 is installed, and a part where the heat radiation member 4 is projected.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


発熱源で発生する熱に起因する熱変形が問題となる機械装置の一つとして、金属からなる被削材と工具とを相対運動させて金属の切削加工を行う工作機械が挙げられる。この種の工作機械については、従来、熱変形を低減するための様々な方法ないしは手段が提案されている。例えば、工作機械の筐体内に冷却媒体流路を設けて強制的に液体の冷却媒体を供給・循環させる方法(例えば、特許文献1参照)や、工作機械の外表面を二層構造化する方法(例えば、特許文献2および特許文献3参照)などが従来技術として挙げられる。



工作機械の筐体内に冷却媒体流路を設けて強制的に液体の冷却媒体を供給・循環させる方法は、従来、主としてビルトインモータを搭載したビルトイン主軸の冷却に利用されているが、特許文献1に開示されているように、近年は、工作機械本体の熱変形の低減にも利用されるようになってきている。特許文献1に開示された従来技術では、工作機械のベッドの内部に液体の循環が可能な空洞を形成するとともに、液体循環手段によって空洞部に液体を供給して循環させることにより熱変形を低減するようにしている。
【特許文献1】
特開2004-066437号公報(段落[0030]、図1)
【特許文献2】
特開2004-098241号公報(段落[0016]、図2)
【特許文献3】
特開2002-355725号公報(段落[0017]、図1)

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、装置内部および/または装置外部に発熱源を有する機械装置に関するものであり、より詳しくは、発熱源で発生した熱が機械装置の筐体に伝わることによって生じる機械装置の熱変形を簡便に低減することができる放熱構造を備えた機械装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
発熱源と、互いに接合され複数の構成部品とを有する機械装置において、
高熱伝導率材料で形成され、発熱源に最も近い構成部品の内部に本体部が配置される一方、先端部が上記構成部品の外部に突出して機械装置外部の気体に接触する放熱部材と、
高剛性・低熱伝導率材料で形成され、上記構成部品と、該構成部品と隣り合う他の構成部品との間に挟持された中間部材と、
断熱性材料で形成され、該機械装置を覆うように配置された断熱部材とを備えていることを特徴とする熱変形を低減するための放熱構造を備えた機械装置。

【請求項2】
 
高熱伝導率材料で形成され、上記放熱部材の先端部に接続される一方、該機械装置の外表面と離間した状態で該外表面を覆うカバー部材を備えていることを特徴とする、請求項1に記載の機械装置。

【請求項3】
 
上記カバー部材と上記外表面との間の空間部に気体を供給する気体供給手段を備えていることを特徴とする、請求項2に記載の機械装置。

【請求項4】
 
上記発熱源の発熱量に応じて、上記空間部を流れる上記気体の流量を調整する気体流量調整手段を備えていることを特徴とする、請求項3に記載の機械装置。

【請求項5】
 
上記カバー部材の周囲に気体の流れを生じさせる気体供給手段を備えていることを特徴とする、請求項2に記載の機械装置。

【請求項6】
 
上記発熱源の発熱量に応じて、上記カバー部材の周囲を流れる上記気体の流量を調整する気体流量調整手段を備えていることを特徴とする、請求項5に記載の機械装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006310484thum.jpg
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) (In Japanese) 熱変形低減法
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close