Top > Search of Japanese Patents > SYNTHETIC METHOD FOR DENDRIMER IN AQUEOUS SYSTEM

SYNTHETIC METHOD FOR DENDRIMER IN AQUEOUS SYSTEM

Patent code P110005606
File No. 60154
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2003-310781
Publication number P2005-075993A
Patent number P4257974
Date of filing Sep 2, 2003
Date of publication of application Mar 24, 2005
Date of registration Feb 20, 2009
Inventor
  • (In Japanese)松永 是
  • (In Japanese)中山 秀喜
  • (In Japanese)太田 博之
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京農工大学
Title SYNTHETIC METHOD FOR DENDRIMER IN AQUEOUS SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for synthesizing a dendrimer in an aqueous solution under mild conditions of breaking no biomembrane.
SOLUTION: The method for producing the dendrimer is carried out by using an amino acid having two functional groups A and one functional group B capable of reacting and bonding with the functional groups A, a peptide composed of the same amino acid or a peptide having the functional groups A and B, as a building block, and by using a material having the functional groups A, as a central nucleus, through bonding reaction between the functional groups A and B in an aqueous system.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


デンドリマーとは、中心核のまわりにビルディングブロックを順次結合させて枝分かれ構造を形成させることにより得られる樹木状多分岐高分子である。デンドリマー分子の合成方法としては、従来から多くの方法が知られている。しかしながら、従来のデンドリマー合成方法では、有機溶媒中で合成反応を行うため、生体膜等を中心核として用いた場合には、膜構造が破壊されてしまうためにデンドリマーの形成を行うことができなかった。したがって、水溶液中で生体膜が破損されない穏和な条件下でデンドリマーを合成する方法が求められている。



本発明に関連する先行技術文献情報としては以下のものがある。
【特許文献1】
特開2001-106940
【非特許文献1】
J.Biotech.94(2002)217-224

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は水溶液中でのデンドリマー分子の作成方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
2つの官能基Aとそれと反応し結合することのできる官能基Bを一つもつアミノ酸、これらから構成されるペプチドを、水溶性または水分散性ビルディングブロックとして用い、リン脂質膜を中心核として用いて、水溶液中で官能基AとBの結合反応を水溶性の架橋剤を用いて、行わせることによりデンドリマーを製造する方法。

【請求項2】
 
請求項1記載の方法において、官能基Aがアミノ基でありかつ官能基Bがカルボキシル基であることを特徴とする方法

【請求項3】
 
請求項2記載の方法において、前記リン脂質膜が、磁性細菌由来の磁気微粒子
を被覆するリン脂質の有機薄膜であることを特徴とする方法
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close