Top > Search of Japanese Patents > CUTTING TOOL AND CUTTING DEVICE

CUTTING TOOL AND CUTTING DEVICE meetings

Patent code P110005607
File No. 70025
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2004-053655
Publication number P2005-066813A
Patent number P4500994
Date of filing Feb 27, 2004
Date of publication of application Mar 17, 2005
Date of registration Apr 30, 2010
Priority data
  • P2003-285705 (Aug 4, 2003) JP
Inventor
  • (In Japanese)笹原 弘之
  • (In Japanese)瀬川 俊明
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人東京農工大学
Title CUTTING TOOL AND CUTTING DEVICE meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cutting tool generating compressed residual stress on a machined surface layer without lowering cutting efficiency.
SOLUTION: The cutting tool 10 had a tool body 20, and a carbide pin 30. The carbide pin 30 is inserted in a hole 22 of the tool body 20 and fixed by a bolt 12, thereby making the cutting tool 10. The tool body 20 rotates in an outer direction (an arrow A direction) thereof. The carbide pin 30 is inserted from an opening 22a of the hole 22 formed at a tip end part of the tool body 20. A cutting edge 24 cutting a cut material while rotating is formed on an outer periphery of the tip end part of the tool body 20. A tip end surface 32 of the carbide pin 30 is made to be a smoothly curved convex portion. When the carbide pin 30 is fitted and fixed in the hole 22 of the tool body 20, a tip end of the carbide pin 30 is projected out from a tip end of the cutting edge 24 by L(=0.1 mm).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


航空機などの主要構造に使用される部品には、通常、高い疲労強度と耐応力腐食割れ性が要求されている。このような要求を満たすためには、一般に、切削加工で部品を作製し、その後、この部品にショットピーニングを施す。このショットピーニングによって部品の表面層に圧縮残留応力が生成されるので、部品は高い疲労強度と耐応力腐食割れ性を有することとなる。



しかし、ショットピーニングは切削加工とは別の作業工程になる。また、ショットピーニングは、部品の表面に鋼球等を衝突させる加工法であるので、部品の表面に凹凸が形成される。このため、部品の精度に悪影響を与えるおそれがある。



そこで、工具の切削速度を限定すると共に、工具軸方向と工具径方向の切り込み量を限定して、切削加工の際に表面層に圧縮残留応力を生成される技術が提案されている(例えば、特許文献1参照。)。
【特許文献1】
特開2000-61735号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、鋼やアルミニウムなどを切削加工するための切削工具及び切削装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
その外周方向に回転する柱状部材であって、
該柱状部材の先端部分のうち回転中心部に形成された凸状の押圧部と、
前記先端部分に形成されると共に前記押圧部よりも突出していない、被切削材を切削する切削刃とを備えたことを特徴とする切削工具。

【請求項2】
 
前記押圧部と前記切削刃は一つの材料から製造されて一体にされたものであることを特徴とする請求項1に記載の切削工具。

【請求項3】
 
前記押圧部と前記切削刃は別体で形成されたものであることを特徴とする請求項1又は2に記載の切削工具。

【請求項4】
 
その外周方向に回転する柱状部材であって、
該柱状部材の先端部のうちその回転中心から所定距離だけ離れた外周部分に位置する凸状の押圧部と、
前記柱状部材の前記先端部に配置されると共に前記押圧部よりも突出していない、被切削材を切削する切削刃とを備え、
前記柱状部材は、その先端面から後端面まで貫通した貫通孔が形成されたものであり、
前記押圧部が形成された、前記貫通孔に差し込まれる押圧部材を備えたことを特徴とする切削工具。

【請求項5】
 
その外周方向に回転する柱状部材であって、
該柱状部材の先端部のうちその回転中心から所定距離だけ離れた外周部分に位置する凸状の押圧部と、
前記柱状部材の前記先端部に配置されると共に前記押圧部よりも突出していない、被切削材を切削する切削刃とを備え、
前記押圧部材を前記柱状部材の先端に向けて付勢する、前記貫通孔に配置された弾性部材を備えたことを特徴とする切削工具。

【請求項6】
 
前記切削刃は、前記柱状部材の前記先端部に着脱自在に取り付けられるものであることを特徴とする請求項4又は5に記載の切削工具。

【請求項7】
 
前記押圧部が突出する突出量を調整する、前記貫通孔に配置された調整部材を備えたことを特徴とする請求項4,5,又は6に記載の切削工具。

【請求項8】
 
前記押圧部は、
前記柱状部材の太さよりも小さい外径をもつ、前記柱状部材の前記先端面から突出した柱状の突起であることを特徴とする請求項2から7までのうちのいずれか一項に記載の切削工具。

【請求項9】
 
前記柱状の突起は、
その先端面が滑らかに湾曲しているものであることを特徴とする請求項8に記載の切削工具。

【請求項10】
 
前記押圧部は、
前記切削刃よりも0.3mm以下の範囲内の量だけ突出しているか、又は前記切削刃と同じ高さのものであることを特徴とする請求項1から9までのうちのいずれか一項に記載の切削工具。

【請求項11】
 
請求項1から10までのうちのいずれか一項に記載の切削工具を固定する固定部材と、
該固定部材と共に前記切削工具を回転させる回転用駆動源と、
該固定部材と共に前記切削工具を所定方向に移動させる移動用駆動源とを備えたことを特徴とする切削装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2004053655thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close