Top > Search of Japanese Patents > WEARABLE SOLE-PRESSURE INDICATOR

WEARABLE SOLE-PRESSURE INDICATOR commons

Patent code P110005623
File No. 05045P
Posted date Aug 18, 2011
Application number P2005-249198
Publication number P2007-061260A
Patent number P4787957
Date of filing Aug 30, 2005
Date of publication of application Mar 15, 2007
Date of registration Jul 29, 2011
Inventor
  • (In Japanese)宇野 洋二
  • (In Japanese)香川 高弘
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人豊橋技術科学大学
Title WEARABLE SOLE-PRESSURE INDICATOR commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a sole-pressure indicator indicating information of sole pressures by cutaneous sensation indication means in real time in the walking of a sole-pressure sensation disabled person, facilitating a discrimination of the sole pressures different according to positions, and being wearable on the body without affecting the indication on the periphery.
SOLUTION: This wearable sole-pressure indicator is provided with a sole-pressure sensor, a microcomputer having an AD converting function, a DA converting function, and a computing function, and a cutaneous sensation indication device; and is wearable on the body. This device measures the pressures applied to a plurality of portions of the sole in the walking of the sole-pressure sensation disabled person, allows a controller to calculate cutaneous stimulus data based on the sole pressure data, and indicates the sole pressures to the sole-pressure sensation disabled person by a plurality of cutaneous sensation indicating devices corresponding to the sole portions.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


足底圧感覚の低下または失調を有する障害者(足底圧感覚障害者)は、歩行において転倒に強い不安を持っている。このため歩行訓練などのリハビリテーションでは療法士が補助を行うなど転倒事故に細心の注意が払われている。歩行者の転倒は,足底圧力の中心位置と密接に関係することから、足底圧感覚障害者が転倒を予期し、回避するためには足底圧力に関する情報を,足底圧感覚障害者にリアルタイムに認知させるための手段が必要である。



足底圧感覚障害者に,足底圧力を,視覚または聴覚によって,リアルタイムに提示する装置はすでにいくつか存在する。( 特許文献1,特許文献2)



足底圧感覚障害者に,足底圧力を提示する手段として、特許文献1に記載の視覚的な提示を用いた場合、歩行を行いながら足底圧力の提示を目視することが難しい点が問題である。また、特許文献2に記載の聴覚による提示法では、提示音が周囲への騒音となること、提示音と足底圧力の時間空間的パターンとの対応関係が歩行者にわかりにくいこと、および提示音の設定にパーソナルコンピュータを使用するために、装置の設置場所とケーブルにより使用者の運動が制限されることが問題である。すなわち、従来の装置ではリハビリテーションや訓練においてのみ適用可能であり、日常生活への適用が困難であるという問題点がある。



【特許文献1】
特開平07-204235号公報
【特許文献2】
特開2004-141275号公報

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、足底圧感覚に障害のある運動障害者が行う歩行運動において、足底圧力を提示する装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数の圧力センサを配置した足底圧センサと、この足底圧センサにより計測される足底圧力信号を皮膚刺激信号に変換するコントローラと、このコントローラから出力される皮膚刺激信号により皮膚感覚を提示する皮膚感覚提示手段とを備え、
前記コントローラは、前記足底信号をデジタル信号の足底圧力データに変換するAD変換機能と、足底圧力信号の変化に対応する皮膚刺激信号の変化量を設定するためのゲインのパラメータおよび靴の内圧のために生じる圧力を除去するためのオフセットのパラメータを設定する刺激設定用ボリュームと、前記足底圧力データならびに前記ゲインおよびオフセットのパラメータに基づいて皮膚刺激データを計算する演算機能と、前記皮膚刺激データのデジタル信号をアナログ信号の皮膚刺激信号に変換するDA変換機能とを備えるコントローラであり、
前記皮膚感覚提示手段は、皮膚に接触するように装着され、前記DA変換機能から出力される皮膚刺激信号に応じた皮膚刺激を発生させる皮膚感覚提示手段である
ことを特徴とする足底圧提示装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載の足底圧力提示装置において、足底内の異なる部位に作用する足底圧力の大きさを、それぞれ異なる位置に取り付けられた皮膚感覚提示手段を用いて足底圧力を提示することを特徴とする足底圧力提示装置。

【請求項3】
 
請求項1に記載の足底圧力提示装置において、装置全体を身体に着用することが可能であることを特徴とする足底圧力提示装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
  • 4C046AA22
  • 4C046AA33
  • 4C046BB09
  • 4C046CC01
  • 4C046DD37
  • 4C046DD39
  • 4C046DD45
  • 4C046EE07
  • 4C046EE24
  • 4C046EE34
  • 4C046EE35
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005249198thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close