Top > Search of Japanese Patents > INSTANTANEOUS FORCE GENERATOR AND INSTANTANEOUS FORCE GENERATION METHOD

INSTANTANEOUS FORCE GENERATOR AND INSTANTANEOUS FORCE GENERATION METHOD

Patent code P110005722
File No. S2011-0255-N0
Posted date Sep 2, 2011
Application number P2010-289887
Publication number P2012-137143A
Patent number P5757056
Date of filing Dec 27, 2010
Date of publication of application Jul 19, 2012
Date of registration Jun 12, 2015
Inventor
  • (In Japanese)望山 洋
  • (In Japanese)津田 剛志
  • (In Japanese)藤本 英雄
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 筑波大学
  • (In Japanese)国立大学法人 名古屋工業大学
Title INSTANTANEOUS FORCE GENERATOR AND INSTANTANEOUS FORCE GENERATION METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an instantaneous force generator which can generate an instantaneous force by small torque, and an instantaneous force generation method.
SOLUTION: A jumping robot 1 which is one embodiment of the instantaneous force generator includes a band-shaped elastic body 3, a frame member 2 for fixing one end of the elastic body 3, and a drive member 4 which is attached to the frame member 2 so as to be turnable and to which the other end of the elastic body 3 is fixed. Then, when the elastic body 3 is warped due to the turn of the drive member 4, and elastic energy accumulated in the elastic body 3 reaches a prescribed value or higher, the frame member 2 is elastically deformed by the elastic energy of the elastic body 3, and there occurs snap buckling at the elastic body 3 by the succeeding turn of the drive member 4.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、装置全体の小型化を図りながら大きな瞬発力を得るために、柔軟物(弾性体)の力学的機能を利用した瞬発力発生装置が開発されている。このような瞬発力発生装置としては、例えば、特許文献1に記載されているようなものがある。



特許文献1には、帯状の弾性体(柔軟物)を曲げることで得た弾性エネルギを、弾性体に飛び移り座屈を発生させることにより開放して瞬発力を発生させる技術が開示されている。この特許文献1に記載された瞬発力発生装置は、帯状の弾性体の一端を固定し、他端をモータなどの駆動部により回転させることで弾性体を曲げている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、弾性体の弾力を利用して瞬発力を発生させる瞬発力発生装置及び瞬発力発生方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
帯状の弾性体と、
前記弾性体の一端を固定する固定部材と、
前記固定部材に回動可能に取り付けられ、前記弾性体の他端が固定される駆動部材と、を備え
前記駆動部材の回動により前記弾性体が撓んで、前記弾性体に蓄えられた弾性エネルギが所定値以上になると、前記固定部材が前記弾性体の弾性エネルギによって弾性変形し、前記弾性体の弾性エネルギが減少することにより、前記弾性体の弾性エネルギによる反発力に抗するトルクが駆動部材の設定トルクを下回り、その後の前記駆動部材の回動により前記弾性体に飛び移り座屈を生じさせ、前記弾性体に蓄えられた弾性エネルギを開放して瞬発力を発生させる瞬発力発生装置。

【請求項2】
 
前記固定部材は、前記弾性体の一端が前記駆動部材の回転軸に対して傾くように弾性変形する請求項1に記載の瞬発力発生装置。

【請求項3】
 
前記固定部材は、前記弾性体の一端と他端とが相対的に離れるように弾性変形する請求項1又は2に記載の瞬発力発生装置。

【請求項4】
 
前記固定部材は、枠状に形成されている請求項1~3のいずれかに記載の瞬発力発生装置。

【請求項5】
 
帯状の弾性体の一端を固定する固定部材に回動可能に取り付けられ、且つ、前記弾性体の他端が固定された駆動部材を回動させて前記弾性体を撓ませ、
前記弾性体に蓄えられた弾性エネルギが所定値以上になると、前記弾性体の弾性エネルギによって固定部材を弾性変形させて、前記弾性体の弾性エネルギが減少することにより、前記弾性体の弾性エネルギによる反発力に抗するトルクが駆動部材の設定トルクを下回って、前記駆動部材のさらなる回動を可能にし、
前記弾性体に飛び移り座屈を生じさせることにより、前記弾性体に蓄えられた弾性エネルギを開放して瞬発力を発生させる瞬発力発生方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010289887thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close