Top > Search of Japanese Patents > LIGHTING APPARATUS WITH RADIATION DOSE ALARM

LIGHTING APPARATUS WITH RADIATION DOSE ALARM meetings

Patent code P110005728
Posted date Sep 2, 2011
Application number P2011-131014
Publication number P2013-004190A
Patent number P5761850
Date of filing Jun 13, 2011
Date of publication of application Jan 7, 2013
Date of registration Jun 19, 2015
Inventor
  • (In Japanese)宮保 憲治
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京電機大学
Title LIGHTING APPARATUS WITH RADIATION DOSE ALARM meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To make continuous observation of radiation dose in various districts to regularly monitor districts where radiation dose is high, thereby notifying people of a high radiation dose using an easily recognizable method.
SOLUTION: A lighting apparatus with a radiation dose alarm of the invention herein applied for comprises: a multi-wavelength light source 14 which outputs white light derived by synthesis from plural visible rays of light differing in wavelength; a radiation detection circuit 11 which detects radioactive rays; a radiation dose count circuit 12 which counts radiation dose by counting the radiation dose detected by the radiation detection circuit 11 for a given time; and a wavelength control circuit 13 which determines whether the radiation dose counted by the radiation dose count circuit 12 has exceeded a set threshold and, when the radiation dose did exceed the set threshold, changes the wavelengths of visible rays of light to output visible rays of light in a different color than white light from the multi-wavelength light source.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、発光ダイオード(Light-Emitting Diode:LED)や有機EL(エレクトロルミネッセンス:Organic Electro-Luminescence)を利用した発光ダイオード(Organic Light-Emitting Diode:OLED)が、照明として活用されつつある。また、アルファ線、ベータ線、ガンマ線等の種類の異なる複数の種類の放射線を同時に、検出または測定する放射線検出器や放射線測定装置が開発されている(例えば、特許文献1及び2参照。)。



特許文献1の放射線検出器では、放射線の種別毎に特有の波長の光をシンチレータを活用し、放射線の種別毎に電気パルス信号に変換する。そして、高い放射線の線量であった場合、入射光量を減少させる。



特許文献2の放射線検出器では、放射線検出後に電気信号を出力して計数するに際し、統計的に平均値を求めるための技術が開示されている。



一方、室内においては照明器具と火災警報器の設置場所の条件が似ており、一般家庭やオフィスではこれらの機器の統合の要求があることから、火災警報機能を備える照明器が開示されている(例えば、特許文献3及び4参照。)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、発光ダイオードからの照明光や有機EL照明光などの複数の可視光が合成された白色光を出力する多波長光源を利用して、大気中の放射線量のデータをモニターして目に見える白色以外の可視光波長に変換し、遠隔地点からも放射線量の大きさがリアルタイムに監視できるようにする放射線量アラーム付き照明器具に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数の放射線量アラーム付き照明器具が間隔を置いて配置された放射線量アラームシステムであって、
前記放射線量アラーム付き照明器具は、
色光を出力する多波長光源と、
放射線を検出する放射線検出回路と、
前記放射線検出回路の検出する放射線を一定時間計数することにより放射線量を計数する放射線量計数回路と、
前記放射線量計数回路の計数する放射線量が設定された閾値を超えたか否かを判定し、当該放射線量が前記閾値を超えた場合には、前記多波長光源から白色光とは異なる色彩の可視光を出力させる波長制御回路と、
を備え
前記放射線量アラーム付き照明器具は、
自装置の配置されている地域の放射線量が前記閾値以下の場合には、自装置の配置されている地域を白色光で照明し、
自装置の配置されている地域の放射線量が前記閾値を超える場合には、自装置の配置されている地域を白色光とは異なる色彩で照明する、
放射線量アラームシステム

【請求項2】
 
前記多波長光源は、出力光を合成すると白色光となる波長の異なる3つ以上の発光素子を備え、
前記波長制御回路は、前記放射線量計数回路の計数する放射線量が設定された閾値を超えた場合には、前記3つ以上の発光素子のうちの1つ以上の発光素子の出力を停止させることを特徴とする請求項1に記載の放射線量アラームシステム

【請求項3】
 
記波長制御回路における前記放射線量計数回路の計数する放射線量が設定された閾値は複数であり、
前記波長制御回路は、各閾値を超える度に、色彩の異なる可視光を前記多波長光源に出力させることを特徴とする請求項1に記載の放射線量アラームシステム

【請求項4】
 
前記多波長光源は、出力光を合成すると白色光となる波長の異なる2つの発光素子を備え
前記波長制御回路は、前記放射線量計数回路の計数する放射線量が設定された閾値のうちの第1の閾値を超えた場合には、前記2つの発光素子のうちの一方を出力させ、前記放射線量計数回路の計数する放射線量が設定された閾値のうちの前記第1の閾値よりも高い第2の閾値を超えた場合には、前記2つの発光素子のうちの他方を出力させることを特徴とする請求項1に記載の放射線量アラームシステム

【請求項5】
 
前記放射線量アラーム付き照明器具は、前記波長制御回路において前記放射線量計数回路の計数する放射線量が設定された閾値を超えた場合には、前記放射線量計数回路の計数する放射線量の情報を、前記多波長光源からの可視光に重畳する変調回路をさらに備えることを特徴とする請求項1から4のいずれかに記載の放射線量アラームシステム

【請求項6】
 
前記放射線量アラーム付き照明器具は、放射線量アラーム付き照明器具の位置を検出する位置検出回路をさらに備え、
前記変調回路は、前記位置検出回路の検出する位置情報を、前記多波長光源からの可視光に重畳し、
複数の前記放射線量アラーム付き照明器具が間隔を置いて配置された地域における、放射線量の分布マップを構築することを特徴とする請求項5に記載の放射線量アラームシステム
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011131014thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close