Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING FLUORINATED COMPOUND AND FLUORINATED POLYMER

METHOD FOR PRODUCING FLUORINATED COMPOUND AND FLUORINATED POLYMER

Patent code P110005729
File No. E064P13-2
Posted date Sep 5, 2011
Application number P2011-068456
Publication number P2011-168600A
Patent number P5377554
Date of filing Mar 25, 2011
Date of publication of application Sep 1, 2011
Date of registration Oct 4, 2013
Priority data
  • 60/525,865 (Dec 1, 2003) US
  • P2004-178766 (Jun 16, 2004) JP
Inventor
  • (In Japanese)岡本 善之
  • (In Japanese)小池 康博
  • (In Japanese)ウェイホン リュウ
  • (In Japanese)イジョン グオ
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title METHOD FOR PRODUCING FLUORINATED COMPOUND AND FLUORINATED POLYMER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for producing a new fluorinated compound and fluorinated polymer.
SOLUTION: The method is provided for producing the fluorinated compound, which is represented by the following formula (4) and produced by reaction of 2-chloro-2,2-difluoroacetaldhyde and ethyleneoxide.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


フッ素化ポリマーは、プラスチック光ファイバーやフォトレジスト材料などの光学部材として、あるいは表面改質剤等として使用され、幅広い分野で利用される有用な物質である。しかし、フッ素化ポリマーの合成工程は複雑であり、かつコストが高い。
フッ素化ポリマーは、重合性不飽和基を有する含フッ素化合物を重合することにより得られる。フッ素化ポリマーの一例として、1,3-ジオキソラン誘導体等が開示されている(例えば、特許文献1~2、及び非特許文献1~2参照)。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、新規なフッ素化化合物及びフッ素化ポリマーの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
2-クロロ-2,2-ジフロロアセトアルデヒドと、エチレンオキサイドとの反応によって製造される、下記式(4)で表されるフッ素化化合物の製造方法。
【化1】
 



【請求項2】
 
請求項1に記載の方法によって得られた下記式(4)で表されるフッ素化化合物の重合によって下記式(1)で表されるポリマーを製造するフッ素化ポリマーの製造方法。
【化2】
 


IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) ERATO KOIKE Photonics Polymer AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close