Top > Search of Japanese Patents > PRODUCTION OF MINI SWINE EXPRESSING HUMAN APOLIPOPROTEIN (a)

PRODUCTION OF MINI SWINE EXPRESSING HUMAN APOLIPOPROTEIN (a)

Patent code P110005731
File No. S2010-0363-N0
Posted date Sep 5, 2011
Application number P2010-035637
Publication number P2011-167150A
Patent number P5803036
Date of filing Feb 22, 2010
Date of publication of application Sep 1, 2011
Date of registration Sep 11, 2015
Inventor
  • (In Japanese)吉田 光敏
  • (In Japanese)小澤 政之
  • (In Japanese)三好 和睦
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人 鹿児島大学
Title PRODUCTION OF MINI SWINE EXPRESSING HUMAN APOLIPOPROTEIN (a)
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a transgenic mini swine capable of being utilized as a human disease model.
SOLUTION: This transgenic mini swine is provided by expressing human apolipoprotein (a). Also, the transgenic mini swine is provided by being used as the human disease model.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


動脈硬化症は心臓、脳血管疾患の原因となっているが、現在までに有効な治療法は存在しない。動脈硬化が生じる原因については、ヒトアポリポプロテイン(a)が危険因子の一つとして挙げられている。



ヒトアポリポプロテイン(a)は、血中にてコレステロールやリン脂質、他のタンパク質と結合してリポプロテイン(a)という複合体を形成する。リポプロテイン(a)について、疫学的にリポプロテイン(a)の量と動脈硬化(虚血性心疾患)発症との間に関連性が見出されおり、そのため動脈硬化発症機構におけるアポリポプロテイン(a)の関与が注目されている(非特許文献1および2)。しかしながら、依然として動脈硬化症発症機構は解明されていない。



今日、ヒト疾患発症機構の解明を目的として、様々な哺乳動物種に由来する疾患モデル動物の作出が報告されている。中でもブタは生理学的および解剖学的にヒトと類似しており、ヒト疾患モデル動物として注目されている。とりわけミニブタは臓器サイズや生理機能がヒトと非常に類似していること、多胎動物であるため1度に多くの産仔が得られること、小型であることから実験上の取り扱いや飼育管理が容易であること等からヒト疾患モデル動物として注目されている。



そこでヒト疾患、特にヒト動脈硬化症の発症機構の解明、治療および予防法の確立を目的として、疾患モデルとして利用可能なミニブタの作出が望まれている。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、ヒト疾患モデルとして利用し得るトランスジェニックミニブタに関する。詳細には、本発明は、ヒトアポリポプロテイン(a)を発現するトランスジェニックミニブタに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
CMVエンハンサーとβ-アクチンプロモーターを含むDNAの下流に連結されたヒトアポリポプロテイン(a)遺伝子を導入したトランスジェニックミニブタ。

【請求項2】
 
動脈硬化症、虚血性心疾患、脳血管障害、血管性痴呆、糖尿病、腎疾患又は肝疾患のヒト疾患モデルとして使用する、請求項1に記載のトランスジェニックミニブタ。

【請求項3】
 
ヒト疾患が、動脈硬化症である、請求項2に記載のトランスジェニックミニブタ。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれか1項に記載のトランスジェニックミニブタをファウンダーとして確立される、ヒトアポリポプロテイン(a)遺伝子を含むトランスジェニックミニブタの系統。

【請求項5】
 
請求項1~3のいずれか1項に記載のトランスジェニックミニブタ、または請求項4に記載のトランスジェニックミニブタの系統、由来の臓器、組織、卵、精子、又は受精卵。

【請求項6】
 
請求項1~3のいずれか1項に記載のトランスジェニックミニブタ、または請求項4に記載のトランスジェニックミニブタの系統、から確立される株化細胞。

【請求項7】
 
請求項1~3のいずれか1項に記載のトランスジェニックミニブタ、または請求項4に記載のトランスジェニックミニブタの系統、から作出されるトランスジェニックミニブタクローン個体。

【請求項8】
 
請求項1~3のいずれか1項に記載のトランスジェニックミニブタ、請求項4に記載のトランスジェニックミニブタの系統、請求項1~3のいずれか1項に記載のトランスジェニックミニブタ由来の臓器もしくは組織又は請求項4のトランスジェニックミニブタ系統由来の臓器もしくは組織、請求項6に記載の株化細胞、ならびにあるいは請求項7に記載のトランスジェニックミニブタクローン個体を使用する、動脈硬化症の治療および/または予防のための薬剤のスクリーニング方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close