Top > Search of Japanese Patents > POLYMER COMPOUND, CURABLE COMPOSITION AND OPTICAL MATERIAL, AND MANUFACTURING METHOD OF THOSE

POLYMER COMPOUND, CURABLE COMPOSITION AND OPTICAL MATERIAL, AND MANUFACTURING METHOD OF THOSE

Patent code P110005775
Posted date Sep 15, 2011
Application number P2010-027522
Publication number P2011-162677A
Patent number P5584878
Date of filing Feb 10, 2010
Date of publication of application Aug 25, 2011
Date of registration Aug 1, 2014
Inventor
  • (In Japanese)西久保 忠臣
  • (In Japanese)工藤 宏人
Applicant
  • (In Japanese)学校法人神奈川大学
Title POLYMER COMPOUND, CURABLE COMPOSITION AND OPTICAL MATERIAL, AND MANUFACTURING METHOD OF THOSE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a polymer which does not substantially contain a fluorine atom in its molecule and exhibits a low refractive index and to provide a curable composition capable of easily manufacturing an optical material exhibiting a low refractive index since the polymer is contained.
SOLUTION: A polymer compound having a cavity of an inclusion structure in a polymer chain is used. The curable composition including the polymer is used. Since an optical material including the polymer compound or an optical material formed from the curable composition exhibits a low refractive index, introduction of a fluorine atom is not substantially needed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

近年の通信技術の進歩は、光ファイバ技術の進歩に依るところが極めて大きい。この光ファイバは、無機ガラス製又はプラスチック製のものが知られているが、プラスチック製のものは曲げ加工性が良好で低価格で製造できる等の利点を有するため、通信用途をはじめとして、医療用途、照明用途等に広く利用されている。

このようなプラスチック製の光ファイバは、高い屈折率を示すポリマーからなる芯構造と、低い屈折率を示すポリマーからなる鞘構造とを組み合わせたものが使用される。光ファイバがこのような構造をとることにより、光ファイバの中を伝わる光は、光ファイバの内部に閉じ込められ、外部へと漏れ出すことが抑制される。このような光ファイバの光閉じ込め効果は、芯構造に含まれるポリマーと鞘構造に含まれるポリマーとの間の屈折率の差が大きいほど大きくなるので、両ポリマーの屈折率の差が大きいほど光ファイバの伝送ロスが低減されることになる。このため、芯構造として使用されるポリマーは、より高い屈折率を示すものが要望され、鞘構造として使用されるポリマーは、より低い屈折率を示すものが要望されている。

このようなことから、例えば、特許文献1では、光ファイバの鞘材として含フッ素重合体を使用することが開示されている。ポリマー分子にフッ素原子を導入すると、そのポリマーの屈折率を低下させることができるので、このようなポリマーを光ファイバの鞘材として使用することにより、高い伝送効率を有する光ファイバを作製できると期待される。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、ポリマー鎖中に空隙構造を有する高分子化合物及びその製造方法に関し、さらに詳しくは、ポリマー鎖中に空隙構造を有し、低い屈折率の光学材料を製造するのに有用な高分子化合物及びその製造方法、並びにそれを使用した硬化性組成物及び光学材料用組成物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ポリマー鎖中に包接構造からなる空隙を有することにより低屈折率を示す重合性ポリマーの製造方法であって、
パラ位が置換されてもよいカリックスアレーン、カリックスレゾルシンアレーン、及びシクロデキストリンからなる群より選択される包接化合物とビスフェノールAジグリシジルエーテル、1,2-エタンジオールジグリシジルエーテル、1,4-ブタンジオールジグリシジルエーテル、1,6-ヘキサンジオールジグリシジルエーテル、ノボラック型エポキシ樹脂、クレゾールノボラック型エポキシ樹脂からなる群より選択される架橋性化合物とを反応させることにより高分子量化させてポリマーを得る工程、及び
前記ポリマーの分子末端に存在する未反応のグリシジル基と、カルボキシル基を有する不飽和化合物と、を反応させることにより、前記ポリマーの末端に重合性の不飽和基を導入する工程、を備えた重合性低屈折率ポリマーの製造方法。

【請求項2】
 
前記包接化合物が3以上の水酸基を有することにより、この包接化合物を由来とする前記包接構造を枝分かれ点として、前記ポリマーが複数の枝分かれ構造を有することを特徴とする請求項1記載の重合性低屈折率ポリマーの製造方法。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載の重合性低屈折率ポリマーを、前記不飽和基を重合させる重合開始剤により高分子量化させて硬化させる光学材料の製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close