Top > Search of Japanese Patents > NEW FLUORESCENT COMPOUND AND METHOD FOR DETECTING INTRACELLULAR CHOLESTEROL BY USING THE SAME

NEW FLUORESCENT COMPOUND AND METHOD FOR DETECTING INTRACELLULAR CHOLESTEROL BY USING THE SAME

Patent code P110005805
File No. S2009-1136-N0
Posted date Sep 29, 2011
Application number P2010-052205
Publication number P2011-184374A
Patent number P5561692
Date of filing Mar 9, 2010
Date of publication of application Sep 22, 2011
Date of registration Jun 20, 2014
Inventor
  • (In Japanese)吉原 利忠
  • (In Japanese)穂坂 正博
  • (In Japanese)竹内 利行
  • (In Japanese)飛田 成史
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人群馬大学
Title NEW FLUORESCENT COMPOUND AND METHOD FOR DETECTING INTRACELLULAR CHOLESTEROL BY USING THE SAME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new fluorescent compound useful for the detection of intracellular cholesterol, etc.
SOLUTION: The new fluorescent compound is represented by formula (I) or (II), wherein n is an integer of 2-6; m is an integer of 0-4; R1 and R2 are each independently hydrogen, methyl, or ethyl; and X is oxygen, sulfur, or selenium.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)



コレステロールは生体膜の重要な構成成分であり、主に肝臓で生合性される内因性コレステロールの分泌・代謝異常は、メタボリックシンドロームやホルモン分泌異常の起因となると考えられている。そのため、コレステロールの細胞内分布・動能を精密に計測する技術が重要視されている。

生体内のコレステロールの分布や動態を解析する上で、蛍光分光法は、高感度な分光法のため有用である。現在では、共焦点レーザー顕微鏡、二光子励起蛍光顕微鏡など測定機器が飛躍的に進歩し、高い時空間分解能で分布や動態を解析することができる。しかしながらコレステロールは蛍光を示さないため、これらの技術を用いるためには、コレステロールに蛍光分子を標識させる必要があり、そのような蛍光性コレステロールが開発されている。ここで、重要な要素として蛍光団を結合させても、コレステロール本来の性質を保持させなければならないことが挙げられる。以下、これまで開発されている蛍光性コレステロールおよび問題点を示す。デヒドロエルゴステロール(A)はコレステロールに分子構造が類似しているため内因性コレステロールに近い性質を有する。しかしながら、蛍光強度が弱いため精度の高い解析が困難である。Molecular Probes社(米国)において、コレステロールの3位のヒドロキシル基をエステル化して蛍光団を組み込んだ化合物(B)が販売されている。しかしながら、細胞内に存在するコレステロールは、3位のヒドロキシル基が遊離して存在しており、細胞内コレステロールの動態解析には不向きである。また、同社は、コレステロールの22位にニトロベンゾフラザンを置換した化合物(C)を市販している。しかしながら、Cはミトコンドリアの膜に特異的に集積してしまいコレステロールの性質を保持していないことが報告されている[非特許文献1]。コレステロールの7位にダンシルヒドラゾン、24位にダンシルスルホンアミドを置換した化合物(DE)が開発されている。DEは、内因性コレステロールの性質に近いことが報告されており、蛍光性コレステロールアナログとして使用されている[非特許文献2、特許文献1]。しかしながら、吸収が紫外光領域のため、市販の共焦点レーザー顕微鏡を用いることが困難である。

【化1】




Field of industrial application (In Japanese)



本発明は新規蛍光化合物に関する。本発明はまた、当該化合物を用いた細胞内コレステロール検出法および検出キットに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(I)または(II)で表される化合物。
【化1】
 



ここで、nは2~6の整数、R1およびR2はそれぞれ独立して水素、メチルおよびエチルから選択される基であり、Xは酸素、硫黄、またはセレンである。
【化2】
 



ここで、nは2~6の整数、mは0、R1およびR2はそれぞれ独立して水素、メチルおよびエチルから選択される基であり、Xは酸素、硫黄、またはセレンである。

【請求項2】
 
nが2であり、R1およびR2が水素であり、Xが酸素である、請求項1に記載の化合物。

【請求項3】
 
請求項1または2に記載の化合物を細胞に添加し、蛍光を測定することを特徴とする、細胞内コレステロールの検出方法。

【請求項4】
 
請求項1または2に記載の化合物を含む、コレステロール検出キット。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010052205thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close