Top > Search of Japanese Patents > VARIABLE RIGIDITY TYPE DYNAMIC VIBRATION ABSORBING DEVICE

VARIABLE RIGIDITY TYPE DYNAMIC VIBRATION ABSORBING DEVICE meetings achieved

Patent code P110005839
Posted date Oct 17, 2011
Application number P2005-076317
Publication number P2006-258189A
Patent number P4257432
Date of filing Mar 17, 2005
Date of publication of application Sep 28, 2006
Date of registration Feb 13, 2009
Inventor
  • (In Japanese)劉 孝宏
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人大分大学
Title VARIABLE RIGIDITY TYPE DYNAMIC VIBRATION ABSORBING DEVICE meetings achieved
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a variable rigidity type dynamic vibration absorbing device, capable of solving the problem of a pattern formation phenomenon if any generated due to vibration of a contact roll system, for example, to which there is no fundamental measure of prevention at site, giving fatal damage to the product, or causing a situation of setting an upper limit of line speed.
SOLUTION: This variable rigidity type dynamic vibration absorbing device is composed of a pair of same rigidity long rigid members having axial centers on the same perpendicular plane to the vibration direction of a vibration body, and having the longer axis and the shorter axis in a cross sectional surface, a vibration absorbing body installed on the vibration member to be rotatable on both sides of the pair of the long rigid members, a weight installed to be rotatable between the pair of the long rigid members, and a mechanism to vary a synthetic rigidity coefficient while holding the synthetic vibration direction of the pair of the long rigid members set to the linear vibration direction of the vibration body by mutually reversely rotating the pair of the long rigid members in a surface-symmetric state.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

産業界では、接触回転系の稼働にともなって徐々に規則的なパタ-ンがロールやロールに接触している系に形成されて、それがまた激しい振動を誘発したり、製品に転写されて欠陥製品となる現象が多く見受けられる。たとえば、鉄道車両とレール、繊維機械のワインダ系の糸玉を介したドライブロールとボビンホルダ、一対の抄紙機ゴム巻きロール、自動車タイヤと道路、製鉄機械、工作機械などの系には特定のパターンが形成される。これらの現象はパターン形成現象と呼ばれ、その発生メカニズムの解明と対策の研究を行ってきた。

特に、製鉄機械においては、テンションレベラのチャタマーク、熱間・冷間圧延時のチャタリングなどが製品の精度要求の高まりとともに製品管理上重大な問題となっている。また、一方では、抄紙機のプレスパートにおけるスムーザロールやゲートロールサイズプレスのロール多角形化現象も、ライン速度の向上を阻害する最も主要な原因である。
これらの現象のほとんどは、ロールとロールが接触回転する接触ロール系に発生するパターン形成現象である。

このような接触回転系のパターン形成現象の研究は、世界的な研究の見地から見ても、主に工作機械のびびり現象と鉄道レールのコルゲーションが国内で多く研究されているのみで、ロールとロールが接触回転する接触ロール系のパターン形成現象に関する研究は、現在発展途上段階にある。特に、熱間圧延、冷間圧延等の製鉄機械に発生するチャタリング現象、抄紙機のロール多角変形化現象、紙などの薄帯巻き取り過程の異常振動等に関しては、その明確な発生メカニズムが未だ解明されていない。従って、このような接触ロール系に発生するパターン形成現象に対する現場の対策としては、ライン速度を遅くしたり、ロールの早期交換を余儀なくされたりするのみで、根本的な問題解決にはいたっていない。
この現象が発生した場合、製品に致命的なダメージを与たり、ライン速度の上限を設定せざるを得ない状況に陥るため、工業界ではその防止対策の開発が急務となっている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、並進方向振動に対する可変剛性型動吸振装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
振動体の振動方向に対する同一直交面上に各軸心を位置し且つ横断面に長軸と短軸を有する一対の同一剛性長尺剛性体と、振動体に取り付けられ前記一対の剛性体の両側部を回転可能に装着した吸振本体と、前記一対の剛性体の中央部を回転可能に装着した重錘と、前記一対の剛性体を面対称状態で互いに逆方向回転させて該一対の剛性体の合成振動方向を振動体の直線的振動方向に保持したままでその合成剛性係数を変更する機構とから構成してなることを特徴とする可変剛性型動吸振装置。

【請求項2】
 
振動体の振動方向に対する同一直交面上に各軸心を位置し且つ横断面に長軸と短軸を有する二対の同一大剛性長尺剛性体と同一小剛性長尺剛性体、振動体に取り付けられ前記二対の剛性体の両側部を回転可能に装着した吸振本体と、前記二対の剛性体の中央部を回転可能に装着した重錘と、平行関係で且つ前記同一大剛性長尺剛性体対の外側又は内側に同一小剛性長尺剛性体対を配置すると共に該二対の剛性体の各一方側と他方側を面対称状態で互いに対単位で逆方向回転させて該二対の剛性体の合成振動方向を振動体の直線的振動方向に保持したままでその合成剛性係数を変更する機構とから構成してなることを特徴とする可変剛性型動吸振装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005076317thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close