Top > Search of Japanese Patents > SAFETY DEVICE OF WORKING MACHINE

SAFETY DEVICE OF WORKING MACHINE

Patent code P110005865
Posted date Oct 21, 2011
Application number P2003-270999
Publication number P2005-021978A
Patent number P3636325
Date of filing Jul 4, 2003
Date of publication of application Jan 27, 2005
Date of registration Jan 14, 2005
Inventor
  • (In Japanese)酒井 武一
  • (In Japanese)風間 武
  • (In Japanese)中山 成春
  • (In Japanese)小林 良二
Applicant
  • (In Japanese)長野県
  • (In Japanese)有限会社中山ステンレス
  • (In Japanese)サーモジェン有限会社
Title SAFETY DEVICE OF WORKING MACHINE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To raise versatility and convenience and also to secure high safety by rapidly expanding the kind of material to be worked which is workable.
SOLUTION: This device has detecting parts 3p, 3q by which that a part (H) of the human body enters monitoring regions Zc is detected by having diffused light radiating means 2t for radiating diffused lights Lt diffusing a laser beam Lo into a curtain shape on the boundary line Kz of the monitoring regions Zc and reflected light receiving means 2r for receiving the reflected lights Lr of the diffused lights Lt, a control section 4 for controlling the operation of the working machine M to the safe side on the basis of the detected results of these detecting parts 3p, 3q and a reflecting surface part 5 for reflecting the diffused lights Lt on its outer surface for reflecting the diffused lights Lt and is provided with a wearing part 6 for the workers which is worn on the worker.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、手に持った被加工物をプレス加工するプレス機械には、人体の一部が所定の監視領域に入ったことを検出してプレス機械の動作を安全側に制御(停止制御)する安全装置が付設されている。

この種の安全装置としては、各種知られているが、特にレーザビームを使用した安全装置としては、特表2000-502782号公報で開示される「可動部品に取り付けるための光学的装置」が知られている。この装置は、プレスブレーキの可動部品(可動ブレード)の経路に入る物体を保護するための安全装置であって、可動部品の前縁に対して固定的に取付けられ、可動部品から間隔を置いた位置にある保護領域を形成するために対向した光放出手段と光受信手段が配されるとともに、可動部品の所定の移動範囲内において、光放出手段から光ビームが放出され、この放出された光ビームが光受信手段により受信可能に構成される。そして、正常時には、可動部品の前縁から間隔を置いた位置にある遮断されない経路に沿って光放出手段から放出される光ビームが光受信手段によって受信されるとともに、他方、光ビームが遮断された不測事態において、制御手段により可動部品の前進移動が停止するように構成されたものである。
【特許文献1】
特表2000-502782号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、人体の一部が所定の監視領域に入ったことを検出して加工機械の動作を安全側に制御する加工機械の安全装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
手に持った被加工物を加工する加工機械に付設し、人体の一部が所定の監視領域に入ったことを検出して加工機械の動作を安全側に制御する加工機械の安全装置において、レーザビームを幕状に拡散させた拡散光を前記監視領域の境界線上に放射する拡散光放射手段及び当該拡散光の反射光を受光する反射光受光手段を有することにより、人体の一部が前記監視領域に入ったことを検出する検出部と、この検出部の検出結果に基づいて加工機械の動作を安全側に制御する制御部と、外面に前記拡散光に対して異なる方向に偏光する反射光を前記拡散光の入射方向へ反射させる再帰特性を有する反射シートを用いた反射面部を有し、かつ作業者に装着する作業者用装着部を備えることを特徴とする加工機械の安全装置。

【請求項2】
 
前記拡散光放射手段は、レーザビームを発光する発光部と、このレーザビームを拡散させる一又は二以上の円筒レンズを備えることを特徴とする請求項1記載の加工機械の安全装置。

【請求項3】
 
前記レーザビームと前記反射光に対して、それぞれ異なる方向の光波を通過させる一対の偏光フィルタを備えることを特徴とする請求項1記載の加工機械の安全装置。

【請求項4】
 
前記検出部は、前記監視領域の上方における左右に一対配することを特徴とする請求項1記載の加工機械の安全装置。

【請求項5】
 
前記作業者用装着部は、作業者が装着する少なくとも作業手袋を含むことを特徴とする請求項1記載の加工機械の安全装置。

【請求項6】
 
前記監視領域の手前に予備監視領域を設定し、かつ前記検出部の手前に、人体の一部が前記予備監視領域に入ったことを検出する予備検出部を設けるとともに、前記制御部に、前記予備検出部の検出結果に基づいて予備警報を発する警報機能を設けることを特徴とする請求項1記載の加工機械の安全装置。

【請求項7】
 
手に持った被加工物を加工する加工機械に付設し、人体の一部が所定の監視領域に入ったことを検出して加工機械の動作を安全側に制御する加工機械の安全装置において、レーザビームを幕状に拡散させた拡散光を前記監視領域の境界線上に放射する拡散光放射手段及び当該拡散光の反射光を受光する反射光受光手段を有することにより、人体の一部が前記監視領域に入ったことを検出する検出部と、前記レーザビームと前記反射光に対してそれぞれ異なる方向の光波を通過させる一対の偏光フィルタと、前記検出部の検出結果に基づいて加工機械の動作を安全側に制御する制御部と、外面に前記拡散光を反射する反射面部を有し、かつ作業者に装着する作業者用装着部を備えることを特徴とする加工機械の安全装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2003270999thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close