Top > Search of Japanese Patents > CONDITIONAL KNOCKOUT ANIMAL

CONDITIONAL KNOCKOUT ANIMAL

Patent code P110005906
File No. S2011-0581-N0
Posted date Nov 7, 2011
Application number P2011-071014
Publication number P2012-200249A
Patent number P5867671
Date of filing Mar 28, 2011
Date of publication of application Oct 22, 2012
Date of registration Jan 15, 2016
Inventor
  • (In Japanese)南 康博
  • (In Japanese)西田 満
  • (In Japanese)可児 修一
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人神戸大学
Title CONDITIONAL KNOCKOUT ANIMAL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a means for clarifying a function after the birth (particularly an imago) of an Ror2 (receptor tyrosine kinase-like orphan receptor 2).
SOLUTION: A non-human mammal homogeneously has an Ror2 gene structured to hold at least one exon by a plurality of loxP sequences, wherein at least one of the plurality of loxP sequences is present in a non-translated region or an intron of the Ror2 gene, and Cre protein is expressed in at least a part of the body.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


Wntファミリータンパク質は、発生における形態形成や癌化、癌の浸潤・転移等の様々な生理的及び病理的局面において重要な役割を担う分子である。Wntタンパク質は、βカテニン依存的又は非依存的シグナル伝達経路を惹起するが、Wnt5a(Wingless-type MMTV integration site family, member 5A)は主に細胞極性・細胞移動を制御するβカテニン非依存的シグナル伝達において中心的な役割を担うことが知られている。Wnt5aは、細胞表面に存在する受容体に結合することによりβカテニン非依存的シグナル伝達を活性化するが、中でもRor2受容体チロシンキナーゼ(receptor tyrosine kinase-like orphan receptor 2;以下「Ror2」)はWnt5aによる細胞極性・細胞移動制御において重要な機能をつかさどっていることが明らかになってきている(例えば、非特許文献1、2参照)。



Ror2は、種の壁を越えて構造のよく保存されたRor-ファミリー受容体チロシンキナーゼの一員であり、細胞外領域にはWnt5aやFzd(Frizzled)との結合に必要なシステインリッチドメイン(CRD)を、また、細胞内領域にはチロシンキナーゼドメイン(TKD)やプロリンリッチドメイン(PRD)といった、機能ドメインを有する。Ror2は、発生過程において、神経堤細胞や間葉系細胞を中心に、神経系、心臓、肺、骨軟骨系などに発現している。



Wnt5aノックアウトマウス及びRor2ノックアウトマウスでは、肺及び気管の形態異常、心奇形、骨軟骨形成不全などの、多くの共通した表現型がみられることが報告されている。しかしながら、Ror2をノックアウトすると胎児期に死亡してしまうため、これまでに得られているこのような知見は、全て胎児を用いた動物実験で見出された知見であって、成体においてRor2がどのような働きを有するのかは全く不明であった。また、上記のとおり、胎児におけるこれまでの解析では、Ror2は多種多様な機能を有しているとも考えられ、このことが成体におけるRor2の機能の推測を一層困難としていた。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、Ror2のコンディショナルノックアウト動物に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
少なくとも1つのエクソンが複数のloxP配列で挟まれた構造を有するRor2(receptor tyrosine kinase-like orphan receptor 2)遺伝子をホモで有し、ここで該複数のloxP配列の少なくとも1つは、該Ror2遺伝子の非翻訳領域又はイントロン内に存在し、
且つ、RANKプロモーターの下流にCre遺伝子が組み込まれた染色体を有し、
破骨細胞及び破骨細胞前駆細胞からなる群より選択される少なくとも1種の細胞で、Ror2遺伝子がノックアウトされた、
非ヒト哺乳動物。

【請求項2】
 
骨吸収不全モデル動物である、請求項1に記載の非ヒト哺乳動物。

【請求項3】
 
請求項2に記載の非ヒト哺乳動物に対し、被験物質を投与し、骨吸収の程度を測定する工程を含む、骨吸収不全の予防又は治療剤のスクリーニング方法。

【請求項4】
 
請求項2に記載の非ヒト哺乳動物に対し、骨吸収不全予防又は治療候補物質を投与し、骨吸収の程度を測定する工程を含む、骨吸収不全の予防又は治療候補物質の効能評価方法。

【請求項5】
 
請求項2に記載の非ヒト哺乳動物に対し、骨吸収不全予防又は治療候補物質を投与し、骨吸収の程度を測定する工程を含む、骨吸収不全の予防又は治療物質を特定する方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close