Top > Search of Japanese Patents > VIBRATORY MACHINING DEVICE AND HOLDER

VIBRATORY MACHINING DEVICE AND HOLDER

Patent code P110005918
File No. H18-94
Posted date Nov 8, 2011
Application number P2007-052251
Publication number P2008-213073A
Patent number P4625963
Date of filing Mar 2, 2007
Date of publication of application Sep 18, 2008
Date of registration Nov 19, 2010
Inventor
  • (In Japanese)磯部 浩已
  • (In Japanese)吉原 英雄
Applicant
  • (In Japanese)独立行政法人国立高等専門学校機構
Title VIBRATORY MACHINING DEVICE AND HOLDER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To accurately process a machining object member by surely and precisely holding the member.
SOLUTION: A vibratory machining device comprises: a holder 12 for holding a tool T; a spindle 11 for detachably having the holder by fitting both cone-shaped tapered sections 22 and 23 and transmitting vibration of an actuator 10 to the holder; and a bearing 13 for supporting a spindle. The holder holds the tool with a shrinkage fit, a node generated by the designated vibration of the actuator is located at an intermediate section 12a between the bearing and the holder in the axial direction, and an antinode is located on a tapered section and a holding hole.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、シリコン、セラミックス、超硬合金などの加工が困難な材質の硬い難削材に高周波で振動する工具を接触させて振動を与えながら難削材を加工する振動加工装置がある。

この振動加工装置は、振動エネルギを発生するアクチュエータ(振動源)、アクチュエータの振動エネルギを工具に効率良く伝達する振動体などで構成されている。

さらに、振動加工装置は、振動体をスピンドルとして、このスピンドルを支持部材である軸受によって回転自在に支持させることにより、いわゆるドリル加工やミーリング加工を行えるようになる。この場合、振動加工装置のスピンドルと軸受は、ロータを構成している。

そして、振動加工装置は、各種の工具を利用するため、工具を高精度かつ確実に把持させて、工具把持部をロータのスピンドルに備えている(特許文献1)。

【特許文献1】
特開2000-334603号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、軸方向に振動する工具を被加工部材に接触させて振動を与えながら、前記被加工部材を加工する振動加工装置と、この振動加工装置に装着される工具保持用ホルダーとに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
着脱自在な工具を、軸を中心に回転させながら軸方向に振動させて前記工具の先端部分で被加工部材を加工する振動加工装置において、
軸を中心に回転しながら振動源の振動によって軸方向に振動するスピンドルと、
前記工具を装着して前記スピンドルに円錐状のテーパ部同士の嵌合によって着脱自在なホルダーと、
前記スピンドルを回転自在に支持し、前記スピンドルに前記ホルダーを嵌合した使用状態において、前記スピンドルの振動の節となる部分に配置された軸受と、を備え、
前記ホルダーは、前記テーパ部と、前記工具を装着する保持部と、前記テーパ部と前記保持部との間で前記軸受部分に位置する節と異なる前記振動の節の部分に形成された最大径の部分と、を有している、
ことを特徴とする振動加工装置。

【請求項2】
 
請求項1に記載の振動加工装置に用いられるホルダーであって、
一端に、前記スピンドルの円錐状のテーパ凹部に嵌合する円錐状のテーパ凸部を備え、
他端に、前記工具を焼きばめによって保持する保持部を備え、
中間部に、前記ホルダーの最大径の部分を備え、
ていることを特徴とするホルダー。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007052251thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close