Top > Search of Japanese Patents > COMMUNICATION SYSTEM FOR HUMAN BODY RADIO NETWORK

COMMUNICATION SYSTEM FOR HUMAN BODY RADIO NETWORK meetings

Patent code P110005933
Posted date Nov 9, 2011
Application number P2011-131173
Publication number P2013-005023A
Patent number P5742053
Date of filing Jun 13, 2011
Date of publication of application Jan 7, 2013
Date of registration May 15, 2015
Inventor
  • (In Japanese)王 建青
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人名古屋工業大学
Title COMMUNICATION SYSTEM FOR HUMAN BODY RADIO NETWORK meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a communication system for a human body radio network which can handle, in one lump, a wide range of transmission speed from several kilo-bits per minute to several tens mega-bits per minute advantageously using respective features of human body surface transmission and human body internal transmission.
SOLUTION: A communication system for a human body radio network is comprised of: an on-body transmitter 3 which transmits an on-body signal by use of human body surface transmission; an in-body transmitter 4 which transmits an in-body signal by use of human body internal transmission; and a dual mode receiver 2 which receives the on-body signal and the in-body signal. The on-body transmitter 3 performs transmission with the use of a pulse in a frequency band between 1 and 100 MHz by an impulse radio mode, and the in-body transmitter 4 performs transmission with the use of a pulse in the frequency band of a UWB low band by the impulse radio mode.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

高齢化社会の到来に伴い、各種の人体装着或いは埋込み型生体センサーに通信機能を持たせ、それらの生体情報を医療・ヘルスケアに活用する人体無線網の確立への期待が高まっている。

この時、体内生体センサーからの体外への伝送は、例えばカプセル型内視鏡(特許文献1参照)の場合に毎秒数十メガビットの高速伝送が必要である一方、体表での脈拍、血圧などは、毎秒数キロビット以下の低速伝送が十分である。現在先行しているヘルスケア分野への人体無線網の適用は主にBluetooth、Zigbee或いは人体通信技術を利用している。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、医療・ヘルスケアのための人体無線網用通信システムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
人体表面伝送を用いてオン・ボディ信号を送信するオン・ボディ送信手段と、
人体内部伝送を用いてイン・ボディ信号を送信するイン・ボディ送信手段と、
前記オン・ボディ信号および前記イン・ボディ信号を受信する受信手段と、からなる人体無線網用通信システムであって、
前記オン・ボディ送信手段は、1~100MHzの周波数帯のパルスを用いてインパルス・ラジオ方式で送信を行い、
前記イン・ボディ送信手段は、UWBローバンドの周波数帯のパルスを用いてインパルス・ラジオ方式で送信を行うことを特徴とする人体無線網用通信システム。

【請求項2】
 
前記オン・ボディ送信手段と前記イン・ボディ送信手段とにより1つの送信機を構成しており、この送信機は、前記オン・ボディ送信手段と前記イン・ボディ送信手段のいずれで用いるかを切り替える切替手段を有することを特徴とする請求項1に記載の人体無線網用通信システム。
Industrial division
  • Transmission method
  • Radio broadcasting
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011131173thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close