Top > Search of Japanese Patents > CELLULOSE BLOCK COPOLYMER, INTERMEDIATE THEREOF, AND FILLER

CELLULOSE BLOCK COPOLYMER, INTERMEDIATE THEREOF, AND FILLER meetings

Patent code P110005943
Posted date Nov 24, 2011
Application number P2010-268229
Publication number P2011-213984A
Patent number P6061320
Date of filing Dec 1, 2010
Date of publication of application Oct 27, 2011
Date of registration Dec 22, 2016
Priority data
  • P2010-060301 (Mar 17, 2010) JP
Inventor
  • (In Japanese)坂口 眞人
  • (In Japanese)大浦 健
Applicant
  • (In Japanese)静岡県公立大学法人
Title CELLULOSE BLOCK COPOLYMER, INTERMEDIATE THEREOF, AND FILLER meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a compound which has highly efficient characteristics with chemical modification of cellulose main chain by means of cleaving β 1 and 4 glycosidic linkages, so that cellulose which is the most abundant biomass on the earth can be used effectively.
SOLUTION: The cellulose block copolymer expressed either by the structure of formula (1) in which an unsaturated monomer is grafted to the right terminal of cellulose or the structure in which an unsaturated monomer is grafted to the left terminal of cellulose, wherein R1 represents a group in which any one of hydrophilic monomer, hydrophobic monomer, or amphiphilic monomers is radically-polymerized, n1 and m1 each represent the natural number expressing the number of repeating units.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

セルロースは、地球上で最大の生物資源であり、再生可能な資源でもある。このセルロースを用いた物作り、あるいは、該セルロースの化学修飾による高機能化および新規機能性材料の創製は、持続可能な社会の構築に資することとなる。

セルロースは、グルコピラノース環がβ1,4グリコシド結合により連鎖したものであり、該β1,4グリコシド結合の切断が困難であるため、従来、セルロースの化学修飾といえば、専らグルコピラノース環上の3個の水酸基の化学修飾、即ち、側鎖の化学修飾であった(例えば、特許文献1の請求項4および段落番号[0011]参照)。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、填剤に係り、特に、親水性ポリマー、疎水性ポリマーまたは両親媒性ポリマーに対して相溶性が高く、これらのポリマーを補強する充填剤として有用なものに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記一般式(1)および下記一般式(2)
【化1】
 
(省略)
【化2】
 
(省略)
(一般式(1)、(2)中、R1、R2は、それぞれ親水性モノマー、疎水性モノマー、両親媒性モノマーのいずれかがラジカル重合をした基を表し、n1、n2、m1、m2は、それぞれ繰り返し単位の数を表す自然数を表している)で表されるセルロースブロック共重合体の内、少なくともいずれか一方を含有することを特徴とする親水性樹脂基材、疎水性樹脂基材、または両親媒性樹脂基材の強度を高めるための充填剤

【請求項2】
 
請求項1記載の一般式(1)および一般式(2)で表されるセルロースブロック共重合体の内、少なくともいずれか一方からなり、該セルロースブロック共重合体の粒径が200nm以下であることを特徴とする親水性樹脂基材、疎水性樹脂基材、または両親媒性樹脂基材の強度を高めるための充填剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close