Top > Search of Japanese Patents > OXOVANADIUM CATALYST, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, AND METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY-ACTIVE ESTER

OXOVANADIUM CATALYST, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, AND METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY-ACTIVE ESTER meetings

Patent code P110005945
Posted date Nov 24, 2011
Application number P2011-175401
Publication number P2012-106225A
Patent number P5801137
Date of filing Aug 10, 2011
Date of publication of application Jun 7, 2012
Date of registration Sep 4, 2015
Priority data
  • P2010-233965 (Oct 18, 2010) JP
Inventor
  • (In Japanese)赤井 周司
  • (In Japanese)江木 正浩
  • (In Japanese)加藤 且也
Applicant
  • (In Japanese)静岡県公立大学法人
  • (In Japanese)国立研究開発法人産業技術総合研究所
Title OXOVANADIUM CATALYST, METHOD FOR PRODUCING THE SAME, AND METHOD FOR PRODUCING OPTICALLY-ACTIVE ESTER meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new catalyst which can advance a 1,3-rearrangement reaction of hydroxyl groups and a racemization reaction of wide-range allyl alcohol at high speed and which can satisfy both of improvement of activity of the catalyst and coexistence properties thereof with lipase in synthesis of optically-active esters such as optically-active allyl ester, and to provide a method for producing the new catalyst and a method for producing the optically-active esters.
SOLUTION: There is provided an oxovanadium catalyst (MPS-V) characterized in that an oxovanadium portion V=O is bonded/fixed to the inside of mesoporous silica (MPS).
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


光学活性アリルエステルは医薬品、農薬、香料等の合成中間体として極めて有用であり、汎用されている。そのため、環境に優しく、簡便、安全、安価な合成法の開発が求められている。



本発明者は、公知のオキソバナジウム化合物O=V(OSiPh3)3と市販の加水分解酵素リパーゼを併用して、ラセミ体アリルアルコールから光学的に純粋なアリルエステルを定量的に高収率で得る方法を開発した(非特許文献1)。



この方法は、オキソバナジウム化合物によるアリルアルコールの1,3-転位反応とラセミ化反応、リパーゼによる光学分割反応の3つの異なる反応が1つの容器内で同時進行する。そのため、反応中間物質の単離精製を必要とせず、廃棄物を削減でき、室温付近で進行する省エネルギー化が可能な合成法である。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、アリルアルコールの1,3-転位およびラセミ化に用いられるオキソバナジウム触媒とその製造方法ならびに光学活性エステルの製造方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
アリルアルコールの1,3転位反応またはアルコールのラセミ化反応用のオキソバナジウム触媒であって、オキソバナジウム部位V=Oがメソポーラスシリカ(MPS)の内部に結合して固定化されているオキソバナジウム触媒。

【請求項2】
 
請求項1に記載のオキソバナジウム触媒の製造方法であって、オキソバナジウム化合物とメソポーラスシリカ(MPS)とを有機溶媒中で反応させる工程を含むことを特徴とするオキソバナジウム触媒の製造方法。

【請求項3】
 
請求項1に記載のオキソバナジウム触媒およびリパーゼの存在下、有機溶媒中において次式(I-1)または(I-2)
【化1】
 


(式中、R1、R2、R3は水素原子、ハロゲン原子、または有機基を示し、R1とR3は結合して環を形成していてもよい。)で表される鎖状または環状ラセミ体アリルアルコールと、次式(II)
【化2】
 


(式中、R4は有機基を示し、R5、R6、R7は水素原子、ハロゲン原子、または有機基を示す。)で表されるビニルエステルとを反応させて次式(III)
【化3】
 


(式中、R1、R2、R3、R4は前記と同義である。)で表される光学活性アリルエステルを合成することを特徴とする光学活性エステルの製造方法。

【請求項4】
 
請求項1に記載のオキソバナジウム触媒およびリパーゼの存在下、有機溶媒中において次式(I-3)
【化4】
 


(式中、R8~R14は水素原子、ハロゲン原子、または有機基を示す。)で表されるアルコールと、次式(II)
【化5】
 


(式中、R4は有機基を示し、R5、R6、R7は水素原子、ハロゲン原子、または有機基を示す。)で表されるビニルエステルとを反応させて次式(IV)
【化6】
 


(式中、R4、R8~R14は前記と同義である。)で表される光学活性ベンジルエステルを合成することを特徴とする光学活性エステルの製造方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせ下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close