Top > Search of Japanese Patents > FERMENTED TEA

FERMENTED TEA

Patent code P110005965
File No. QP050156
Posted date Nov 28, 2011
Application number P2006-025838
Publication number P2007-202481A
Patent number P4524346
Date of filing Feb 2, 2006
Date of publication of application Aug 16, 2007
Date of registration Jun 11, 2010
Inventor
  • (In Japanese)宮田 裕次
  • (In Japanese)寺井 清宗
  • (In Japanese)玉屋 圭
  • (In Japanese)前田 正道
  • (In Japanese)林田 誠剛
  • (In Japanese)徳嶋 知則
  • (In Japanese)田中 隆
  • (In Japanese)田中 一成
  • (In Japanese)西園 祥子
  • (In Japanese)松井 利郎
Applicant
  • (In Japanese)長崎県
  • (In Japanese)国立大学法人長崎大学
  • (In Japanese)長崎県公立大学法人
  • (In Japanese)国立大学法人九州大学
Title FERMENTED TEA
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide fermented tea obtained by using at least two kinds of vegetable raw materials to take novel medicinal effect not brought by the individual raw materials.
SOLUTION: The fermented tea is obtained by the following process: withering tea leaves; adding at least one kind selected from the group of pear fruit, unripened Japanese medlar fruit, blueberry fruit, sasanqua leaves, eggplant, apple fruit, lettuce leaves, perilla leaves, dandelion, avocado (fruit, seeds), sweet osmanthus, Houttuynia cordata leaves, camellia leaves, grape, ume fruit, litchi fruit, potato rhizome, hydrangea leaves, colocasia rhizome, mugwort leaves, spinach leaves, burdock roots, shiitake mushroom carpophores, fig fruit, unripened mandarin orange, Borago officinalis L. leaves, lotus rhizome, carrot root, pumpkin fruit, persimmon fruit, manngo fruit, sweet potato root, and gumbo fruit to the withered tea leaves while rolling the withered tea leaves; and rolling the mixture; and fermenting the rolled mixture followed by heating the fermented mixture.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

多種類の植物性の原料を用いて作られた茶としては、例えば特開平2-291229号公報には、ハブ草の実、トウモロコシの実、鳩麦の実、柿の葉などの多種類の植物性の原料を配合した配合茶が開示されている。
また、特開平5-56772号公報には、柿、ドクダミ、イチジク、熊笹、松、ヨモギ、アロエ、ビワ、桑、ウコギなどの原料を混合した健康茶が開示されている。

しかしながら、これら先行発明に提案された茶では、多種類の原料を単に混合しただけのものであるので、個々の原料が有する薬効が総和して奏されるだけであり、これ以外の新しい薬効を期待できなかった。
【特許文献1】
特開平2-291229号公報
【特許文献2】
特開平5-56772号公報

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、多種類の植物性の原料を混合して用い、これを発酵してなる発酵茶およびその製法ならびにこの発酵茶を用いた茶飲料、抽出液、固形物、食品に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
茶の葉を萎凋して水分量を50~60%とし、これを揉捻しつつ、
ナシの果実、ビワの未熟果実、ブルーベリーの果実、サザンカの葉、ナスの果実、リンゴの果実、レタスの葉、シソの葉、タンポポ、アボガド(果肉、種子)、キンモクセイ、ドクダミの葉、ツバキの葉、ブドウの果実、ウメの果実、ライチの果実、バナナの果実、ジャガイモの根茎、アジサイの葉、サトイモの根茎、ヨモギの葉、ホウレンソウの葉、ゴボウの根、ヤマイモの根、シイタケの子実体、イチジクの果実、ミカンの未熟果実、ボリジの葉、レンコンの根茎、ニンジンの根、カボチャの果実、カキの果実、マンゴーの果実、サツマイモの根、オクラの果実からなる群から選ばれる1種以上の原料を添加して揉捻し、発酵時間1時間以下で発酵させたのち、加熱して得られる発酵茶であって、
茶の葉の揉捻の開始から終了までの全揉捻時間の0~40%の時間が経過したのち、ナシの果実、ビワの未熟果実、ブルーベリーの果実、サザンカの葉、ナスの果実、リンゴの果実、レタスの葉、シソの葉、タンポポ、アボガド(果肉、種子)、キンモクセイ、ドクダミの葉、ツバキの葉、ブドウの果実、ウメの果実、ライチの果実、バナナの果実、ジャガイモの根茎、アジサイの葉、サトイモの根茎、ヨモギの葉、ホウレンソウの葉、ゴボウの根、ヤマイモの根、シイタケの子実体、イチジクの果実、ミカンの未熟果実、ボリジの葉、レンコンの根茎、ニンジンの根、カボチャの果実、カキの果実、マンゴーの果実、サツマイモの根、オクラの果実からなる群から選ばれる1種以上の原料を添加して得られた発酵茶。

【請求項2】
 
請求項1記載の発酵茶を水で抽出してなる茶飲料。

【請求項3】
 
請求項1記載の発酵茶を有機溶媒で抽出してなる抽出液。

【請求項4】
 
請求項1記載の発酵茶を有機溶媒で抽出し、有機溶媒を除去してなる固形物。

【請求項5】
 
請求項1記載の発酵茶を含む食品。

【請求項6】
 
茶の葉を萎凋して水分量を50~60%とし、ついで、これを揉捻しつつ、
ナシの果実、ビワの未熟果実、ブルーベリーの果実、サザンカの葉、ナスの果実、リンゴの果実、レタスの葉、シソの葉、タンポポ、アボガド(果肉、種子)、キンモクセイ、ドクダミの葉、ツバキの葉、ブドウの果実、ウメの果実、ライチの果実、バナナの果実、ジャガイモの根茎、アジサイの葉、サトイモの根茎、ヨモギの葉、ホウレンソウの葉、ゴボウの根、ヤマイモの根、シイタケの子実体、イチジクの果実、ミカンの未熟果実、ボリジの葉、レンコンの根茎、ニンジンの根、カボチャの果実、カキの果実、マンゴーの果実、サツマイモの根、オクラの果実からなる群から選ばれる1種以上の原料を添加して揉捻し、発酵時間1時間以下で発酵させたのち、加熱して発酵茶を製造する際、
茶の葉の揉捻の開始から終了までの全揉捻時間の0~40%の時間が経過したのち、ナシの果実、ビワの未熟果実、ブルーベリーの果実、サザンカの葉、ナスの果実、リンゴの果実、レタスの葉、シソの葉、タンポポ、アボガド(果肉、種子)、キンモクセイ、ドクダミの葉、ツバキの葉、ブドウの果実、ウメの果実、ライチの果実、バナナの果実、ジャガイモの根茎、アジサイの葉、サトイモの根茎、ヨモギの葉、ホウレンソウの葉、ゴボウの根、ヤマイモの根、シイタケの子実体、イチジクの果実、ミカンの未熟果実、ボリジの葉、レンコンの根茎、ニンジンの根、カボチャの果実、カキの果実、マンゴーの果実、サツマイモの根、オクラの果実からなる群から選ばれる1種以上の原料を添加することを特徴とする発酵茶の製法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close