Top > Search of Japanese Patents > METHOD FOR PRODUCING LIPOSOME

METHOD FOR PRODUCING LIPOSOME

Patent code P110006010
File No. K028P42
Posted date Nov 28, 2011
Application number P2010-108505
Publication number P2011-236151A
Patent number P5669058
Date of filing May 10, 2010
Date of publication of application Nov 24, 2011
Date of registration Dec 26, 2014
Inventor
  • (In Japanese)野村 慎一郎
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人科学技術振興機構
Title METHOD FOR PRODUCING LIPOSOME
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a novel method for producing liposomes excellent in evenness of the size and easiness.
SOLUTION: The method for producing liposomes includes formation of a liposome from a dried lipid film formed in the pores inside a hydrophobic polymer porous body. For example, when two or more kinds of liposomes are fused in the pores inside the hydrophobic polymer porous body, a fused liposome can be prepared. For instance, a liposome including a membrane protein can be produced by the method for producing liposomes.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

リポソームは、例えば、膜タンパク質等の生体分子を脂質膜に組み込んだ生体分子機能解析モデルや、薬物輸送担体、遺伝子導入担体等といった様々な用途で広く用いられている。近年、リポソームを細胞膜のモデルとして遺伝子発現機構を導入し、生細胞のモデルを構築する研究が行われつつある。特に、直径数μm~数十μmのミクロンオーダーの巨大リポソームは、分子センサーといった生体分子等を比較的多く保持させやすく、また、機能解析が容易になることから、この巨大リポソームを用いて膜タンパク質の遺伝子発現や機能測定等が行われている(非特許文献1及び2等)。

リポソームの製造方法としては、様々な方法が知られている。試験管等の内壁に乾燥脂質膜を形成した後、水和させることによってリポソームを形成する薄膜静置水和法(Voltex法)(例えば、非特許文献3及び4)、形成されたリポソームを一度凍結乾燥させ、再水和することで巨大リポソームを構成する凍結乾燥法(例えば、非特許文献5及び6)、マイクロメートルサイズのw/oエマルジョン(例えば、油中水滴、ドロップレット)を用い、脂質分子の並んだ油水界面を通過させることでユニラメラ巨大リポソームを構成するドロップレット法(例えば、非特許文献7及び8)、電場を利用して脂質薄膜からユニラメラの巨大リポソームを構成するAC法(Electroformation)(例えば、非特許文献9及び10)等がある。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、多孔質体を用いたリポソームの製造方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
リポソームの製造方法であって、
疎水性高分子の多孔質体の内部の孔に形成した乾燥脂質フィルムからリポソームを形成することを含む、リポソームの製造方法。

【請求項2】
 
前記乾燥脂質フィルムの形成が、前記疎水性高分子の多孔質体を予め減圧しておき、減圧を解除するとともに脂質を含む溶液を導入すること、及び脂質を含む溶液を導入した前記疎水性高分子の多孔質体を減圧下とすることにより前記疎水性高分子の多孔質体に乾燥脂質フィルムを形成することを含む、請求項1記載のリポソームの製造方法。

【請求項3】
 
前記リポソームを形成することが、前記乾燥脂質フィルムを形成した多孔質体の孔に水溶液を導入することを含む、請求項1又は2に記載のリポソームの製造方法。

【請求項4】
 
前記多孔質体の孔に水溶液を導入することが、乾燥脂質フィルムが形成された疎水性高分子の多孔質体に、減圧を解除するともに水溶液を導入することを含む、請求項3記載のリポソームの製造方法。

【請求項5】
 
前記疎水性高分子が、ポリジメチルシロキサンである、請求項1から4のいずれかに記載のリポソームの製造方法。

【請求項6】
 
遠心分離によって前記多孔質体からリポソームを回収することを含む、請求項1から5のいずれかに記載のリポソームの製造方法。

【請求項7】
 
膜タンパク質を含むリポソームの製造方法であって、
疎水性高分子の多孔質体の内部の孔に形成した乾燥脂質フィルムに、無細胞タンパク質発現系と膜タンパク質遺伝子とを含む水溶液を接触させることによりリポソームを形成すること、及び
前記リポソーム内において前記無細胞タンパク質発現系で前記膜タンパク質を発現させることを含む、膜タンパク質を含むリポソームの製造方法。

【請求項8】
 
請求項7記載の製造方法により製造された膜タンパク質を含むリポソームが配置された膜タンパク質アレイ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Reference ( R and D project ) PRESTO Structures and control of interfaces AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close