Top > Search of Japanese Patents > FENTON REACTION CATALYST USING COFFEE GROUND OR TEA DREG AS RAW MATERIAL

FENTON REACTION CATALYST USING COFFEE GROUND OR TEA DREG AS RAW MATERIAL meetings

Patent code P110006021
Posted date Nov 29, 2011
Application number P2010-080605
Publication number P2011-212518A
Patent number P5733781
Date of filing Mar 31, 2010
Date of publication of application Oct 27, 2011
Date of registration Apr 24, 2015
Inventor
  • (In Japanese)森川 クラウジオ 健治
  • (In Japanese)篠原 信
Applicant
  • (In Japanese)国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
Title FENTON REACTION CATALYST USING COFFEE GROUND OR TEA DREG AS RAW MATERIAL meetings
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a Fenton reaction catalyst which can maintain iron in a bivalent state stably over a long period of time and to produce the Fenton reaction catalyst which, unknown in the conventional Fenton reaction catalyst, can reduce trivalent iron (a cheap iron feedstock) to bivalent iron for use.
SOLUTION: The Fenton reaction catalyst is produced by using crushed and roasted coffee beans (particularly, coffee grounds) or tea leaves (particularly, tea dregs) as a reducing action component and mixing a feedstock of the reducing action component with the iron feedstock containing bivalent or trivalent iron in the presence of water to obtain a reaction product being the Fenton reaction catalyst having an active component. A sterilization method for generating hydroxyl radicals from hydrogen peroxide by using the Fenton reaction catalyst, a method for decomposing contaminants, and a light emitting method using chemiluminescence are also provided.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


フェントン反応とは、過酸化水素に二価鉄が作用しヒドロキシラジカルを発生させ、強力な酸化力を得る反応である。その強力な酸化力を利用して、殺菌、有害物質や難分解性の汚染物質の分解(例えば、有害物質で汚染された土壌にフェントン反応触媒を注入し、土壌浄化を行う技術)など、様々な分野に応用が期待されている。
フェントン反応の触媒には、これまで一般的に硫酸第一鉄の溶解度を向上させるため、クエン酸などを利用する技術がある(非特許文献1参照)。また、フェントン反応の強力な酸化力を利用して、カビの殺菌を行う技術が報告されている(特許文献1参照)。ところが、これら従来のフェントン触媒では、触媒となる二価鉄が非常に不安定で二価から三価に酸化されてしまうことが避けられず、触媒能が短時間で失われてしまう問題があった。



このため、本来は不安定である二価鉄の状態を長期間維持できる安定したフェントン反応触媒の開発が求められていた。
また、従来のフェントン反応触媒は、豊富に存在し安価で供給可能な三価鉄を鉄原料に使用することはできなかった。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、コーヒー豆の焙煎粉砕物(特にコーヒー粕)や茶葉(特に茶殻)を還元作用成分の供給原料として用い、当該還元作用成分の供給原料と二価もしくは三価の鉄を含む鉄供給原料とを水存在下で混合し、得られた反応生成物を活性成分としてなるフェントン反応触媒に関する。また、本発明は、前記フェントン反応触媒を用いて過酸化水素からヒドロキシラジカルを発生させることを特徴とする殺菌方法、汚染物質分解方法、化学発光を利用した発光方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
コーヒー豆の粉砕焙煎物および/または茶葉を還元作用成分の供給原料として用い、当該還元作用成分の供給原料の乾燥物と二価もしくは三価の鉄を含む鉄供給原料とを水存在下で混合し、得られた反応生成物を活性成分としてなるフェントン反応触媒。

【請求項2】
 
前記還元作用成分の供給原料がコーヒー粕である、請求項1記載のフェントン反応触媒。

【請求項3】
 
前記還元作用成分の供給原料が茶殻である、請求項1記載のフェントン反応触媒。

【請求項4】
 
前記鉄供給原料が二価もしくは三価の鉄イオンを生ずる化合物である、請求項1~3のいずれかに記載のフェントン反応触媒。

【請求項5】
 
前記鉄供給原料が土壌であり、且つ、前記混合が40~200℃で行うものである、請求項1~3のいずれかに記載のフェントン反応触媒。

【請求項6】
 
前記混合が、前記還元作用成分の供給原料の乾燥物100重量部に対して、鉄元素が0.1~10重量部含有するように前記鉄供給原料を混合するものである、請求項1~5のいずれかに記載のフェントン反応触媒。

【請求項7】
 
請求項1~6のいずれかのフェントン反応触媒を有効成分として含有してなる殺菌剤。

【請求項8】
 
請求項1~6のいずれかのフェントン反応触媒を用いて過酸化水素からヒドロキシラジカルを発生させることを特徴とする殺菌方法。

【請求項9】
 
請求項1~6のいずれかのフェントン反応触媒を有効成分として含有してなる汚染物質分解剤。

【請求項10】
 
請求項1~6のいずれかのフェントン反応触媒を用いて過酸化水素からヒドロキシラジカルを発生させることを特徴とする、汚染物質分解方法。

【請求項11】
 
請求項1~6のいずれかのフェントン反応触媒を用いて過酸化水素からヒドロキシラジカルを発生させることを特徴とする、化学発光を利用した発光方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2010080605thum.jpg
State of application right Registered


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close