Top > Search of Japanese Patents > METHOD OF COMPACTING ALUMINUM

METHOD OF COMPACTING ALUMINUM commons

Patent code P110006057
File No. N11037
Posted date Dec 5, 2011
Application number P2011-162238
Publication number P2012-052223A
Patent number P5761689
Date of filing Jul 25, 2011
Date of publication of application Mar 15, 2012
Date of registration Jun 19, 2015
Priority data
  • P2010-174831 (Aug 3, 2010) JP
Inventor
  • (In Japanese)中山 昇
  • (In Japanese)望月 隆介
  • (In Japanese)澤本 一樹
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人信州大学
Title METHOD OF COMPACTING ALUMINUM commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method of compacting aluminum capable of easily providing a compact of aluminum without melting or sintering aluminum.
SOLUTION: This method of compacting aluminum includes: a process of mixing aluminum with water by entering an aluminum material 20 and water 30 in a vessel 10 to be agitated; and a solidifying process of obtaining a compact 22 comprising a porous body integrated through hydrated alumina produced by reacting aluminum with water by making the vessel 10 with a mixture 20a of the aluminum and the water stored therein pass through a reaction process of aluminum and water in a state where the vessel is statically disposed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


近年、地球温暖化が深刻な問題となっており、その防止のため温室効果ガスの排出量の削減が求められている。その対策として、水素エネルギーのような無公害な新エネルギーの研究開発や自動車の構造材料に軽量な材料を用いることによる性能、燃費の向上といったことが考えられている。
軽量な構造材料の一つとして発泡アルミニウムがある。発泡アルミニウムは、軽量でエネルギー吸収特性に優れるという利点を有し、構造材料として自動車部品や航空機等に利用されている。発泡アルミニウムは、従来、粉末冶金法、鋳造法、化学蒸着法などによって製造されている。

Field of industrial application (In Japanese)


本出願は、アルミニウムの溶融工程を必要とせず、省エネルギーかつ低コストにアルミニウム固化成形物を得るためのアルミニウムの固化成形方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
容器内に、粉末状、粒状、ペレット状あるいは繊維状のアルニミウムからなるアルミニウム材と水とを供給し、アルミニウム材の全体に水が行き渡るようにアルミニウム材と水とを混合させる工程と、
アルミニウムと水との反応工程を経過させ、アルミニウムと水とが反応して生成されたアルミナ水和物を介して一体化した多孔質体からなる固化成形物を得る固化工程とを備え
前記アルミニウム材と水との反応工程においては、アルミニウムと水とが反応して、アルミナ水和物であるベーマイトとバイヤライトが生成されるとともに、水素が発生し、
前記固化工程においては、アルミニウム材の表面を覆うように形成されたアルミナ水和物を介してアルミニウム材が連結することにより多孔質体からなる固化成形物が形成されることを特徴とするアルミニウムの固化成形方法。

【請求項2】
 
前記固化工程においては、
前記容器内に収納されたアルミニウムと水との混合物に荷重を作用させ、メカノケミカル反応を利用して前記固化成形物を得ることを特徴とする請求項1記載のアルミニウムの固化成形方法。

【請求項3】
 
前記アルミニウム材と水とを混合させる工程において、アルミニウムを主体としアルミニウムとは異種の材料を加えた材料を使用することにより、
アルミニウムを主体とし異種材料を含む多孔質体からなる固化成形物を得ることを特徴とする請求項1または2記載のアルミニウムの固化成形方法。

【請求項4】
 
前記固化工程においては、アルミニウムと水とが反応する際に発生する水素を回収することを特徴とする請求項13のいずれか一項記載のアルミニウムの固化成形方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011162238thum.jpg
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close