Top > Search of Japanese Patents > HANGER DEVICE SUPPORTING TROLLEY CABLE

HANGER DEVICE SUPPORTING TROLLEY CABLE

Patent code P110006093
Posted date Dec 14, 2011
Application number P2008-115864
Publication number P2009-262816A
Patent number P5117269
Date of filing Apr 25, 2008
Date of publication of application Nov 12, 2009
Date of registration Oct 26, 2012
Inventor
  • (In Japanese)常本 瑞樹
  • (In Japanese)久須美 俊一
  • (In Japanese)中道 好信
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title HANGER DEVICE SUPPORTING TROLLEY CABLE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a hanger device supporting a trolley cable in an electric railroad vehicle which is correctly operated according to the change of the temperature, and capable of realizing the constant slackness of the trolley cable, and supplying the power to the vehicle from the trolley cable via a pantograph.
SOLUTION: The hanger device 5 arranged between a messenger wire 3 and a trolley cable 4 has a peripheral temperature responsive element 6 and an actuator 7 for performing the operation of realizing the constant slackness of the trolley cable 4 according to the output of the peripheral temperature responsive element 6 between upper and lower hanging cables.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

電気鉄道の架空電車線は、良好な集電性能を維持するため、その張力は一定であることが望ましい。しかし、電車線は温度変化による伸縮により、その張力も変化する。そのため、電車線の引留箇所には張力調整装置を取り付け、電車線の伸縮に応じて支持点の移動が可能な構造(可動ブラケット支持、滑車支持)にするなどして、1つの引留からもう一方の引留まで(以下、ドラムと記す)の張力を一定に保つようにしている(下記特許文献1,2参照)。しかしながら、支持構造によっては摩擦力などにより線条の移動が抑制される抵抗力(以下、抑制抵抗と記す)が発生し、同一ドラム内でも径間毎の張力は必ずしも一定ではないと考えられているが、その実態は明らかになっていない。

抑制抵抗がない理想的な状態における電車線の温度伸縮に伴う移動は、トロリ線では振止金具や曲引金具、ちょう架線では可動ブラケットや支持滑車によってスムーズに行われるため、電車線の張力は一定に保たれる。しかし、抑制抵抗により移動がスムーズに行われない場合、温度が上がると電車線は伸びるため張力は低下し弛度は大きくなり、逆に温度が下がると電車線は縮むため張力は上昇し弛度は小さくなる。

また、機械的な増幅機構、例えば、圧電素子を駆動素子としたプリンター印字ヘッドが提案されている(下記特許文献3、4参照)。

【特許文献1】特開2008-055986号公報

【特許文献2】特開2007-253632号公報

【特許文献3】特開昭60-81568号公報

【特許文献4】特開昭61-47272号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、トロリ線からパンタグラフを介して電車に給電する電気鉄道における電車線のハンガ(ドロッパ)装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
ちょう架線とトロリ線との間に配置されるハンガ装置において、上部の垂下線と下部の垂下線との間に、周囲温度応答素子と、該周囲温度応答素子の出力に応じて前記トロリ線の弛度を一定化する動作を行うアクチュエータとを具備することを特徴とするトロリ線を支持するハンガ装置。

【請求項2】
 
請求項1記載のトロリ線を支持するハンガ装置において、前記周囲温度応答素子が正の線膨張係数を有する材料からなり、前記アクチュエータは前記材料の変位を拡大する変位拡大機構であることを特徴とするトロリ線を支持するハンガ装置。
Industrial division
  • Electric power application
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008115864thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close