Top > Search of Japanese Patents > BOX CULVERT

BOX CULVERT

Patent code P110006106
Posted date Dec 14, 2011
Application number P2008-090747
Publication number P2009-243139A
Patent number P4987780
Date of filing Mar 31, 2008
Date of publication of application Oct 22, 2009
Date of registration May 11, 2012
Inventor
  • (In Japanese)谷村 幸裕
  • (In Japanese)田所 敏弥
  • (In Japanese)宇野 匡和
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title BOX CULVERT
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a box culvert simplifying a manufacturing process by not forming a haunch on the inner surface of a corner part to dispense with arrangement work of haunch reinforcements requiring a great deal of labor and time.
SOLUTION: The box culvert made of concrete is formed in square cylinder shape with an upper wall 1, a bottom wall 2, a left sidewall 3 and a right sidewall 4, and has an upper wall reinforcement 5, a bottom wall reinforcement 6, a left sidewall reinforcement 7 and a right sidewall reinforcement 8 arranged in the upper wall 1, the bottom wall 2, the left sidewall 3 and the right sidewall 4. A haunch is not formed on the inner surface of the corner part C. The outer surface of the corner part C does not project outward in square beam shape. The corner part C is reinforced by inner main reinforcements 11 constituting a part of the upper wall reinforcement 5, bottom wall reinforcement 6, left sidewall reinforcement 7 and right sidewall reinforcement 8.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から、複数個のボックスカルバートを軸方向に連結し、盛土あるいは地盤内に埋設して、例えば、道路の下に水路や通路等の空間を構築する工法が一般的に行われている。

このボックスカルバートの従来例を、図面参照しながら説明する。

図4は、従来ボックスカルバートを示す斜視図、図5は、図4のB-B線断面図、図6は、図5の部分拡大図である。

図4から図6に示すように、従来ボックスカルバートは、それぞれコンクリートからなる上壁1、底壁2、左側壁3および右側壁4を角筒状に形成したものからなっている。上壁1、底壁2、左側壁3および右側壁4内には、上壁用鉄筋5、底壁用鉄筋6、左側壁用鉄筋7および右側壁用鉄筋8が配されている。隅角部(C)の内面には、ハンチ筋10により補強されたハンチ9が形成されている。ここで、隅角部(C)とは、各壁1、2、3および4の交差部分をいう(図5参照)。

上壁用鉄筋5、底壁用鉄筋6、左側壁用鉄筋7および右側壁用鉄筋8は、上壁1、底壁2、左側壁3および右側壁4内の内側に、これら各壁の軸方向と直交する方向に配された内側主鉄筋11と、内側主鉄筋11の外側にこれと平行に配された外側主鉄筋12と、内側主鉄筋11と外側主鉄筋12との間に配されたせん断補強鉄筋13と、上壁1、底壁2、左側壁3および右側壁4の軸方向に配された配力筋14とからなっている。ハンチ筋10は、ハンチ用主筋15と補強筋16とからなっている。

Field of industrial application (In Japanese)

この発明は、ボックスカルバート、特に、隅角部の内面にハンチを形成しないことによりハンチ筋を不要とし、これによって、製造工程を簡略化することができるボックスカルバートに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
上壁、底壁、左側壁および右側壁により角筒状に形成され、前記上壁、前記底壁、前記左側壁および前記右側壁内に、上壁用鉄筋、底壁用鉄筋、左側壁用鉄筋および右側壁用鉄筋が配されているコンクリート製ボックスカルバートにおいて、
隅角部の内面にハンチが形成されておらず、前記隅角部の外面は、外方に突出しており、前記隅角部は、前記上壁用鉄筋、前記底壁用鉄筋、前記左側壁用鉄筋および前記右側壁用鉄筋の一部によって補強されていることを特徴とするボックスカルバート。

【請求項2】
 
前記隅角部は、角梁状に形成されていることを特徴とする、請求項1に記載のボックスカルバート。

【請求項3】
 
前記上壁用鉄筋、前記底壁用鉄筋、前記左側壁用鉄筋および前記右側壁用鉄筋は、それぞれ内側主鉄筋と外側主鉄筋とを有し、前記内側主鉄筋は延長され、その先端部は、直角に折れ曲がって前記隅角部内に配されていることを特徴とする、請求項1または2に記載のボックスカルバート。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008090747thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close