Top > Search of Japanese Patents > FIXED-SPEED RUNNING CONTROL METHOD AND CONTROLLER

FIXED-SPEED RUNNING CONTROL METHOD AND CONTROLLER

Patent code P110006110
Posted date Dec 15, 2011
Application number P2006-149922
Publication number P2007-325338A
Patent number P4976746
Date of filing May 30, 2006
Date of publication of application Dec 13, 2007
Date of registration Apr 20, 2012
Inventor
  • (In Japanese)川村 淳也
  • (In Japanese)近藤 圭一郎
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title FIXED-SPEED RUNNING CONTROL METHOD AND CONTROLLER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To materialize efficient operation control at fixed-speed running of a train.
SOLUTION: At fixed-speed running, a controller 30 installed in each vehicle 1 determines the numbers Ni of the working units of main converters 20 to be operated, based on the speed difference ΔV between the present running speed Vi and the target speed V* and the acceleration α, and judges whether its own main converter 20 is the target of operation or not based on the determined number Ni of working units. If its own main converter 20 is the target of operation, it operates its own main converter 20, and if it is not the target of operation, it stops the main converter. Moreover, at this time, the main converter 20 operates its own main converter 20 so that the overall efficiency of a main motor 10 and main converters 20 may be highest.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、電気車の走行制御では、例えば、全編成の車両重量から所定の加速度を得るために必要なトルクを算出し、必要トルクを各電動機で分担するように各電動機を制御している。しかしながら、この制御方法では、効率化という点で問題があった。即ち、電動機効率と電動機を駆動するインバータ効率との積で表される総合効率は、電動機にかかる負荷が高くなるほど(高負荷)、総合効率が高くなり、逆に電動機にかかる負荷が低くなるほど(低負荷)、総合効率が著しく低下する。つまり、必要トルクが小さいほど、総合効率が低くなり、その結果、編成全体としての効率が悪くなる。

そこで、効率化を図るための技術として、全編成の車両重量とノッチ指令等に応じた加速度とによって必要な引張力(必要トルク)を算出し、その必要トルクに応じて電動機の稼動台数を求め、稼動する各電動機の一台当たりの出力値を決定する技術が知られている(例えば、特許文献1参照)。
【特許文献1】
特開平7-308004号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、列車の走行速度を所与の目標速度に保つ定速走行制御方法等に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
複数の電動車を有して構成される列車に具備された複数の主変換装置それぞれの稼動を制御して、現在の走行速度を所与の目標速度に保つ定速走行制御を行う定速走行制御方法において
現在の走行速度と前記目標速度との速度差、及び、現在の加速度の値の範囲でなる主変換装置稼動範囲であって、当該速度差及び現在の加速度に応じて列車全体で稼働される主変換装置の台数が異なるように前記複数の主変換装置それぞれに異なる稼働範囲を設定する稼動範囲設定工程と、
現在の走行速度と前記目標速度との速度差、及び、現在の加速度を算出する算出工程と、
前記主変換装置毎に、当該主変換装置に設定された前記稼動範囲内に前記算出された速度差及び加速度が含まれるか否かに基づいて、当該主変換装置を稼動させるか否かを制御する稼動制御工程と、
を含む定速走行制御方法。

【請求項2】
 
複数の電動車を有して構成される列車に具備された複数の主変換装置それぞれの稼動を制御して、現在の走行速度を所与の目標速度に保つ定速走行制御を行う前記主変換装置それぞれの制御装置であって、
現在の走行速度と前記目標速度との速度差、及び、現在の加速度を算出する算出手段と、
現在の走行速度と前記目標速度との速度差、及び、現在の加速度の値の範囲でなる主変換装置稼動範囲であって、当該速度差及び現在の加速度に応じて列車全体で稼働される主変換装置の台数が異なるように設定された主変換装置毎に異なる稼働範囲のうち、自制御装置の制御対象の主変換装置に対して設定された稼動範囲内に前記算出された速度差及び加速度が含まれるか否かに基づいて、自制御装置の制御対象の主変換装置を稼動させるか否かを判定する判定手段と、
前記判定手段により稼動させると判定された場合に自制御装置の制御対象の主変換装置稼動させ、稼動させないと判定された場合に当該主変換装置を停止させる稼動制御手段と、
を備えた制御装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006149922thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close