Top > Search of Japanese Patents > CABLE SUPPORTER AND MONITORING SYSTEM

CABLE SUPPORTER AND MONITORING SYSTEM

Patent code P110006119
Posted date Dec 15, 2011
Application number P2008-089115
Publication number P2009-247081A
Patent number P4979626
Date of filing Mar 31, 2008
Date of publication of application Oct 22, 2009
Date of registration Apr 27, 2012
Inventor
  • (In Japanese)奥井 明伸
  • (In Japanese)森本 大観
  • (In Japanese)赤木 雅陽
  • (In Japanese)森田 岳
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title CABLE SUPPORTER AND MONITORING SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a cable supporter having a function for detecting electrical leakage generated by the deterioration of a coated part of a DC power cable, and a monitoring system for monitoring information on the electrical leak output from the cable supporter.
SOLUTION: A cleat (cable supporter) 10, which is mounted to a structural body S to which the DC power cable C, is wired, and supports the DC power cable C includes: first and second half bodies (supporting parts) 20, 30 for supporting the DC power cable C; a first electrode 23 contacting with the external peripheral face of the DC power cable C; a second electrode 24 contacting to the structural body S; an electrical leak detection part 25 which detects the electrical leak; and a processing part 26, which outputs the information regarding the electrical leakage, when the electrical leak is detected by the electrical leakage detecting part 25. The monitoring system 50 monitors the information on the electrical leakage.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

直流電気鉄道の変電所の内部や電車線路の一部において、直流電力ケーブルは、「クリート」と呼ばれる電線支持装置により壁、ケーブルラック、若しくは、床等の構造体に取り付けられている(例えば、特許文献1参照)。このような直流電力ケーブルの絶縁(被覆部)が劣化すると、漏電が発生する可能性がある。この漏電は、その初期段階においては数A程度と小さいため検知することが難しい。
【特許文献1】
特開2007-259591号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、直流電力ケーブルからの漏電を検出する電線支持装置及びこの電線支持装置から出力される漏電情報を監視する監視システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
導電性の芯線が絶縁性の被覆部で覆われた直流電力ケーブルが配設される構造体に取り付けられ、当該直流電力ケーブルを支持する電線支持装置であって、
前記直流電力ケーブルを支持する支持部と、
前記支持部に設けられ、前記直流電力ケーブルの前記被覆部の外周面と接触する第1電極と、
前記支持部に設けられ、前記構造体と接触する第2電極と、
前記支持部に設けられ、前記第1電極及び前記第2電極に電気的に接続され、当該第1電極及び第2電極の間に発生する電圧若しくは当該第1電極及び第2電極の間に流れる電流を検出する漏電検知部と、
前記漏電検知部により前記電圧若しくは前記電流が検出されたときに、漏電情報を出力する処理部と、を有する電線支持装置。

【請求項2】
 
前記支持部が、当該支持部を貫通し、前記構造体に螺合される導電性のボルトにより当該構造体に固定されるように構成されているときに、
前記第2電極が、前記ボルトと電気的に接続することにより、前記構造体と接続されるように構成された請求項1に記載の電線支持装置。

【請求項3】
 
前記処理部が、前記漏電情報を電波として出力するように構成された請求項1または2に記載の電線支持装置と、
前記電線支持装置から出力される前記漏電情報を監視する監視装置と、
前記電線支持装置から送信された前記漏電情報を受信して前記監視装置に送信する受信器と、を有する監視システム。

【請求項4】
 
請求項1または2に記載の電線支持装置と、
前記電線支持装置から出力される前記漏電情報を監視する監視装置と、
前記電線支持装置及び前記監視装置を接続する通信ケーブルと、を有し、
前記電線支持装置の前記処理部が、前記漏電情報を、前記通信ケーブルを介して前記監視装置に送信するように構成された監視システム。

【請求項5】
 
前記支持部に設けられたICタグを有し、前記処理部が前記漏電情報を前記ICタグに記憶するように構成された請求項1または2に記載の電線支持装置と、
前記ICタグと非接触通信をして当該ICタグに記憶されている前記漏電情報を読み出すリーダ装置と、を有する監視システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008089115thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close