Top > Search of Japanese Patents > TESTER FOR VIBRATION-PROOF BODY FOR RAILROAD VEHICLE

TESTER FOR VIBRATION-PROOF BODY FOR RAILROAD VEHICLE

Patent code P110006123
Posted date Dec 15, 2011
Application number P2006-158679
Publication number P2007-327831A
Patent number P4892281
Date of filing Jun 7, 2006
Date of publication of application Dec 20, 2007
Date of registration Dec 22, 2011
Inventor
  • (In Japanese)佐々木 君章
  • (In Japanese)渡辺 信行
  • (In Japanese)梅原 康宏
  • (In Japanese)小金井 玲子
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title TESTER FOR VIBRATION-PROOF BODY FOR RAILROAD VEHICLE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a tester for a vibration-proof body for a railroad vehicle to test the characteristic of the multidegree of freedom of the vibration-proof body.
SOLUTION: One end 1a of a specimen 1 is supported by a publicly known motion base 2 which is a vibrating mechanism of multidegree of freedom while the other end 1b is fixed. A six-component force meter 20 is attached to the other end 1b of the specimen 1. A vehicle motion simulation part 6 determines the conditions of vibration excitation performed by the motion base 2 based on the result of motion simulation on a railroad vehicle. A cylinder borne by the motion base 2 expands or contracts based on an indication of a motion base controller 3. Six-degree-of-freedom displacement (respective axial directions of X, Y and Z, and respective periaxial rotating directions) is given to the one end 1a of the specimen 1.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

鉄道車両には、振動を抑えるためのダンパが車体と台車の間等に設けられている。従来、ダンパの特性を試験する際には、ダンパの主軸方向にのみ振動を与え、ダンパの特性を評価していた(例えば非特許文献1参照)。
【非特許文献1】
「鉄道車両用オイルダンパ-性能通則」,財団法人日本規格協会,平成13年7月31日,p5

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、防振のために鉄道車両に取り付けられる鉄道車両用防振体の試験装置に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
鉄道車両用防振体に与えられる変位に係る変位情報に基づいて前記鉄道車両用防振体の一端を加振する多自由度の加振手段と、
前記鉄道車両用防振体の他端に接続され、前記加振手段の加振による前記鉄道車両用防振体の動作を計測する計測手段と、
鉄道車両の運動シミュレーションの結果に基づいて前記変位情報を生成する情報生成手段と、
を備えたことを特徴とする鉄道車両用防振体の試験装置。

【請求項2】
 
鉄道車両用防振体に与えられる変位に係る変位情報に基づいて前記鉄道車両用防振体の一端を加振する多自由度の加振手段と、
前記鉄道車両用防振体の他端に接続され、前記加振手段の加振による前記鉄道車両用防振体の動作を計測する計測手段と、
鉄道車両の実際の走行時における前記鉄道車両用防振体の動作の結果を示すデータに基づいて前記変位情報を生成する情報生成手段と、
を備えたことを特徴とする鉄道車両用防振体の試験装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006158679thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close