Top > Search of Japanese Patents > CONSTRUCTION METHOD FOR BRIDGE AND BRIDGE STRUCTURE THEREOF

CONSTRUCTION METHOD FOR BRIDGE AND BRIDGE STRUCTURE THEREOF

Patent code P110006124
Posted date Dec 15, 2011
Application number P2006-153219
Publication number P2007-321452A
Patent number P4863268
Date of filing Jun 1, 2006
Date of publication of application Dec 13, 2007
Date of registration Nov 18, 2011
Inventor
  • (In Japanese)龍岡 文夫
  • (In Japanese)舘山 勝
  • (In Japanese)渡辺 健治
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title CONSTRUCTION METHOD FOR BRIDGE AND BRIDGE STRUCTURE THEREOF
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a construction method for a bridge which has a robust strength and withstands earthquake and the bridge structure thereof.
SOLUTION: In the construction method for a bridge, geotextile 2 and sandbags 3 are used according to a procedure of a reinforced soil wall construction method for constructing a reinforcing banking 4. When a support ground 1 is soft, a foundation such as a foundation pile 5 or the like is constructed after a ground sinkage by banking up of the reinforcing banking 4 is settled, and at the same time the geotextile 2 and the sandbags 3 are used for constructing the reinforcing banking 4 at the opposing side. When the support ground 1 is soft, the foundation such as the foundation pile 5 or the like is constructed after the ground sinkage by banking up of the reinforcing banking 4 is setteled, the wall faces 6 of the reinforcing banking 4 facing to each other and a beam part of a bridge girder 7 are integrated, and then reinforced concrete for a rigid frame bridge part 8 is placed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、河川部や道路交差部に橋梁を構築する場合には、初めに、図6(a)に示すように支持地盤101に基礎杭102(支持地盤101が強固な場合には基礎杭102は不要な場合もある)を打ち、その上に橋台103を構築する。その後、図6(b)に示すように、橋台103の背面に盛土104を盛り立て、橋台103上に固定支承105と自由支承106とを設置し、橋桁107を橋台103間に構築するという手順で施工されてきた。ここで橋台103は、盛土104による土圧に抵抗するとともに、橋桁107の桁座として、桁自重や桁に上載する列車などを支持する役割がある。

また、本願の発明者らは、既に、(1)土嚢を積み、コントリートを食いつかせることによる盛土の構築に伴う安定化工法及びその構造物(補強土壁工法)を提案している(下記特許文献1参照)。また、(2)切土直後の地盤、あるいは一般の地盤を補強するための引張り補強体について提案している(下記特許文献2参照)。さらに、(3)橋梁改築に伴う橋台の構築工法およびその橋台構造物について提案している(下記特許文献3参照)。
【特許文献1】
特公平4-53204号公報
【特許文献2】
特許第2575329号公報
【特許文献3】
特開2005-68816号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、河川や道路横断部等における橋梁の構築方法およびその橋梁構造物に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
(a)ジオテキスタイルと土嚢の壁面部材を用いて補強盛土を構築し、
(b)該補強盛土の盛り立てによる地盤沈下が収束した段階で基礎杭を施工し、
(c)前記補強盛土に上部に厚みを残す壁面工を施工し、
(d)前記補強盛土の対面する側にも同時に、ジオテキスタイルと土嚢の壁面部材を用いて補強盛土を構築し、
(e)該補強盛土の盛り立てによる地盤沈下が収束した段階で基礎杭を施工し、
(f)前記補強盛土に上部に厚みを残す壁面工を施工し、
(g)前記互いに対面する補強盛土にそれぞれ施工された前記壁面工間上に鉄筋コンクリートを打設した橋桁を設け、前記補強盛土と前記壁面工と前記橋桁とを一体化することを特徴とする橋梁の構築工法。

【請求項2】
 
(a)ジオテキスタイルと土嚢の壁面部材を用いて構築される補強盛土と、
(b)該補強盛土の盛り立てによる地盤沈下が収束した段階で施工される基礎杭と、
(c)前記補強盛土に施工される上部に厚みを残す壁面工と、
(d)ジオテキスタイルと土嚢の壁面部材を用いて前記補強盛土の対面する側にも同時に構築される補強盛土と、
(e)該補強盛土の盛り立てによる地盤沈下が収束した段階で施工される基礎杭と、
(f)前記補強盛土に施工される上部に厚みを残す壁面工と、
(g)前記互いに対面する補強盛土にそれぞれ施工された前記壁面工間上に鉄筋コンクリートを打設した橋桁とを具備し、前記補強盛土と前記壁面工と前記橋桁とを一体化することを特徴とする橋梁構造物。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006153219thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close