Top > Search of Japanese Patents > REINFORCING BAR STRESS MEASURING METHOD

REINFORCING BAR STRESS MEASURING METHOD

Patent code P110006125
Posted date Dec 15, 2011
Application number P2008-088408
Publication number P2009-243961A
Patent number P5102087
Date of filing Mar 28, 2008
Date of publication of application Oct 22, 2009
Date of registration Oct 5, 2012
Inventor
  • (In Japanese)曽我部 正道
  • (In Japanese)谷村 幸裕
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title REINFORCING BAR STRESS MEASURING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a reinforcing bar stress measuring method for measuring stress on a measuring object in real time and with high accuracy over a prescribed period when a moving body moves.
SOLUTION: This reinforcing bar stress measuring method is characterized by including: a bending-amount advance measurement process for previously measuring a bending amount of the measuring object; a stress advance measurement process for previously measuring stress on the measuring object from a change in magnetostriction of the measuring object by a magnetostriction sensor; an advance calculation process for discriminating between timings of acquiring a plurality of measurement results on the bending amount and the stress, and associating the measurement results on the bending amount and the stress with each other as to the same timings to previously calculate bending-stress characteristics; a bending-amount immediate measurement process for measuring a bending amount of the measuring object; and an stress immediate measurement process for measuring stress of the measuring object in real time at sampling intervals smaller than the sampling intervals of the stress advance measurement process based on the bending-stress characteristics from a measurement result by the bending-amount immediate measurement process.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来より、鉄筋からなる測定対象に歪ゲージを設置して、当該歪ゲージの出力により、測定対象の応力を測定する方法が知られている。
しかし、歪ゲージの設置、撤去を行うためには、はつりなどの作業負担が大きくなるだけでなく、歪ゲージは被測定対象の歪みに応じて変位するため、当該歪ゲージを長期にわたって安定して設置することができない。
そこで、磁歪センサにより、測定対象の応力を測定する方法が提案されている(例えば、特許文献1参照。)。この磁歪センサによって、測定対象の微分透磁率を求め、この微分透磁率から応力を測定することができる。

【特許文献1】特開2003-270059号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、移動体の移動を支持する鉄筋応力の測定方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
移動体の移動を支持する鉄筋の応力を測定する鉄筋応力の測定方法であって、
タイミング発生手段による識別可能な複数のタイミングに合わせて、第1のたわみ計により測定対象のたわみ量をあらかじめ測定するたわみ量事前測定工程と、
前記タイミング発生手段による識別可能な複数のタイミングに合わせて、磁歪センサにより、前記たわみ量事前測定工程のサンプリング間隔よりも大きいサンプリング間隔で、前記測定対象の磁歪変化から前記測定対象の応力をあらかじめ測定する応力事前測定工程と、
前記たわみ量事前測定工程の複数の測定結果及び前記応力事前測定工程の複数の測定結果における前記タイミングを識別し、同じタイミング同士で、前記たわみ量事前測定工程の複数の測定結果と前記応力事前測定工程の複数の測定結果とを対応付けてたわみ応力特性をあらかじめ算出する事前算出工程と、
前記移動体が移動するリアルタイムに、第2のたわみ計により前記測定対象のたわみ量を測定するたわみ量即時測定工程と、
前記たわみ量即時測定工程による測定結果に基づいて、前記事前算出工程によってあらかじめ算出されたたわみ応力特性から、前記応力事前測定工程のサンプリング間隔よりも小さいサンプリング間隔で、前記測定対象の応力をリアルタイムに測定する応力即時測定工程とを含むことを特徴とする鉄筋応力の測定方法。

【請求項2】
 
前記たわみ量即時測定工程による測定結果と、前記測定対象の固有振動数又は減衰定数とに基づいて、前記移動体が移動していないときの前記測定対象のたわみ量を解析たわみ量として算出する解析たわみ量算出工程と、
前記解析たわみ量算出工程による算出結果に基づいて、前記事前算出工程によってあらかじめ算出されたたわみ応力特性から、前記応力事前測定工程のサンプリング間隔よりも小さいサンプリング間隔で、前記移動体が移動していないときの前記測定対象の応力である解析応力を算出する解析応力算出工程とを含むことを特徴とする請求項1に記載の鉄筋応力の測定方法。
Industrial division
  • Measurement
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008088408thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close