Top > Search of Japanese Patents > ATMOSPHERIC PRESSURE CORONA DISCHARGE GENERATING DEVICE

ATMOSPHERIC PRESSURE CORONA DISCHARGE GENERATING DEVICE

Patent code P110006140
Posted date Dec 19, 2011
Application number P2005-212948
Publication number P2007-035310A
Patent number P4304342
Date of filing Jul 22, 2005
Date of publication of application Feb 8, 2007
Date of registration May 15, 2009
Inventor
  • (In Japanese)金澤 誠司
  • (In Japanese)大久保 利一
Applicant
  • (In Japanese)学校法人大分大学
Title ATMOSPHERIC PRESSURE CORONA DISCHARGE GENERATING DEVICE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an atmospheric pressure corona discharge generating device which selects and differentiates discharging modes turned into glow mode or streamer mode by discharge parameter such as a value of impressed voltage, a shape of electrode, atmospheric gas or the like, in atmospheric corona discharge.
SOLUTION: On an electrode structure forming an unequal electric field on a voltage impression electrode grounding electrode under an environment of atmospheric pressure, grounding side electrodes 3, 4 are separated into not less than two pieces by forming very small insulation gap C. Next, a part 4 of the separated electrode is grounded through a switch 5, and the other grounding side electrode 3 is directly grounded without interposing the switch, and a positive direct current voltage is impressed on a high voltage impressing electrode 1.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

大気圧コロナ放電は、グローモードとストリーマモードの代表的な放電形態がある。それぞれのモードの選択は、電極配置や電極構造および電極表面の形状や状態、周囲のガス雰囲気、印加する電圧の大きさなどにより変化するため、その制御は多くの経験則にもとづくものであり、簡易な制御法の確立はなされていない状況にある。

従来公知の技術として特許文献1、特許文献2、非特許文献1などがある。
特許文献1で紹介の技術は、高電圧を印加する電極先端に突起をつけてストリーマ放電を発生させる技術であり、特許文献2で紹介の技術は、接地側電極を短冊状に分割して移動可能とし、集じんにより付着したダストを放電領域以外においてブラシで機械的に剥ぎ取り、常にきれいな電極を放電空間に提供できるようにする技術であり、非特許文献1で紹介の技術は、放電のモードがガスの組成により変化をうけることを述べたもの である。非特許文献2では、接地電極に円形の絶縁された微小電極を取り付け、電流分布を測定するためのプローブとしてこの微小電極を利用し、アース線間にスイッチと電流計を並列接続することによるプローブに流入する微小電流の測定に関するものである。非特許文献3では、放電装置の外に一対の球ギャップを設けてそこで予備放電させることにより主放電となる放電装置においてストリーマを発生させる技術である。

【特許文献1】特開2003-53129号公報

【特許文献2】特開平7-96212号公報

【非特許文献1】Y. Gosho : J. Phys. D: Appl. Phys.、 14 (1981) 2035.

【非特許文献2】大久保、野本、足立:静電気学会誌、8 (1984) 398.

【非特許文献3】山本、田端、見市、林、猪原、佐藤、山部著:電気学会研究会資料、 ED-02-136 (2002) 37.

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、大気圧コロナ放電発生装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
電圧印加電極対接地電極が、不平等電界を形成する電極構造において、接地側電極を微小絶縁間隙を設けて2つ以上の複数に分割し、次いで分割電極の一部にスイッチを介して接地し、他はそのままスイッチを介さずに接地し、電圧印加電極に正極性の直流高電圧を印加することを特徴とする大気圧コロナ放電発生装置。
Industrial division
  • Electron tube
  • Electric power transmission and distribution
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2005212948thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close