Top > Search of Japanese Patents > AXLE BEAM TYPE DOLLY AND ITS WHEEL SHAFT STEERING METHOD

AXLE BEAM TYPE DOLLY AND ITS WHEEL SHAFT STEERING METHOD

Patent code P110006151
Posted date Dec 19, 2011
Application number P2006-097009
Publication number P2007-269166A
Patent number P4837422
Date of filing Mar 31, 2006
Date of publication of application Oct 18, 2007
Date of registration Oct 7, 2011
Inventor
  • (In Japanese)前橋 栄一
  • (In Japanese)山下 道寛
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title AXLE BEAM TYPE DOLLY AND ITS WHEEL SHAFT STEERING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To certainly reduce an attack angle of a head end outer rail wheel axle of a dolly in curved road travelling, to reduce lateral pressure and to effectively restrain pitching and meandering of the dolly in rectilinear road high speed travelling.
SOLUTION: This axle beam type dolly 1 is constituted by furnishing a dolly frame 2, a plurality of wheel axles 3 arranged in the front and the rear of the dolly frame 2, a plurality of axle boxes 5 supported on an elastic connecting part 4 free to displace in the vertical direction against the dolly frame 2 by supporting both ends of each of the wheel axles 3, a plurality of axle beams 7 to support each of the axle boxes 5 free to displace in the longitudinal direction against the dolly frame 2 as one end part is fixed on each of the axle boxes 5 and the other end part is connected to the dolly frame 2 by an elastic connecting part 6 and a plurality of air actuators 15 respectively provided between the dolly frame 2 and each of the axle beams 7 and free to move the axle box 5 in the left and right directions through the axle beams 7 and to fix.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、軸梁式台車は、車両が曲線路を高速走行する際等において、車体・台車間の遠心力作用などによって台車中心部が曲線路の外方に押し出され、この力によって台車枠と軸梁との弾性結合部のゴムリンクが撓んで軸箱および輪軸を曲線路の曲線方向に操向させる自己操舵の機能によって、アタック角の軽減と横圧低減の効果を狙った構造を採用している(例えば、特許文献1、特許文献2参照)。

【特許文献1】特開平9-202234号公報

【特許文献2】特開平10-230848号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、軸梁と台車枠間に配した空気アクチュエータにより輪軸を補助操舵可能とした軸梁式台車およびその輪軸操舵方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
台車枠と、該台車枠の前後に複数配置された輪軸と、該各輪軸の両端を回転自在に支持し前記台車枠に対して第1の弾性結合部により上下方向に変位可能に支持された複数の軸箱と、一端部を各軸箱に固定され、他端部を第2の弾性結合部により前記台車枠に連結され、前記各軸箱を台車枠に対して前後方向に変位可能に支持する複数の軸梁と、前記台車枠と前記各軸梁との間にそれぞれ設けられ、軸梁を介して軸箱を左右方向に移動、固定可能とする複数の空気アクチュエータと、前記軸梁式台車が曲線路を走行する場合に、前記台車枠の前後に配置された軸梁のうちの少なくとも一対の軸梁の一端部を、前記空気アクチュエータによって前記第2の弾性結合部を支点にして曲線路の曲線中心側へ変位させ、直線路を高速走行する場合に、前記台車枠の前後に配置された軸梁のうちの少なくとも一対の軸梁の一端部を、前記空気アクチュエータによって前記第2の弾性結合部を支点にして左右に変位するのを拘束するように前記空気アクチュエータへの圧縮エア供給経路の弁を制御する制御装置と
を備えていることを特徴とする軸梁式台車。

【請求項2】
 
前記空気アクチュエータは、ダイヤフラム型またはベローズ型の空気アクチュエータであることを特徴とする請求項1に記載の軸梁式台車。

【請求項3】
 
台車枠と、該台車枠の前後に複数配置された輪軸と、該各輪軸の両端を回転自在に支持し前記台車枠に対して第1の弾性結合部により上下方向に変位可能に支持された複数の軸箱と、一端部を各軸箱に固定され、他端部を第2の弾性結合部により前記台車枠に連結され、前記各軸箱を台車枠に対して前後方向に変位可能に支持する複数の軸梁と、前記台車枠と前記各軸梁との間にそれぞれ設けられ、軸梁を介して軸箱を左右方向に移動、固定可能とする複数の空気アクチュエータとを備えている軸梁式台車の輪軸操舵方法であって、
前記軸梁式台車が曲線路を走行する場合に、前記台車枠の前後に配置された軸梁のうちの少なくとも一対の軸梁の一端部を、前記空気アクチュエータによって前記第2の弾性結合部を支点にして曲線路の曲線中心側へ変位させ、直線路を高速走行する場合に、前記台車枠の前後に配置された軸梁のうちの少なくとも一対の軸梁の一端部を、前記空気アクチュエータによって前記第2の弾性結合部を支点にして左右に変位するのを拘束することを特徴とする軸梁式台車の輪軸操舵方法。
Industrial division
  • Railway
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006097009thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close