Top > Search of Japanese Patents > CYLINDRICAL POWER GENERATING EQUIPMENT FLOATED BY HIGH TEMPERATURE SUPERCONDUCTOR, WITH TWO-MAGNETIC POLE AXES ROTATOR

CYLINDRICAL POWER GENERATING EQUIPMENT FLOATED BY HIGH TEMPERATURE SUPERCONDUCTOR, WITH TWO-MAGNETIC POLE AXES ROTATOR

Patent code P110006173
Posted date Dec 19, 2011
Application number P2008-072042
Publication number P2009-232510A
Patent number P5335260
Date of filing Mar 19, 2008
Date of publication of application Oct 8, 2009
Date of registration Aug 9, 2013
Inventor
  • (In Japanese)尾作 仁司
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title CYLINDRICAL POWER GENERATING EQUIPMENT FLOATED BY HIGH TEMPERATURE SUPERCONDUCTOR, WITH TWO-MAGNETIC POLE AXES ROTATOR
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide cylindrical power generating equipment floated by a high temperature superconductor, with a two-magnetic pole axes rotator, which is small-sized and can rotate at a high speed.
SOLUTION: The cylindrical power generating equipment floated by the high temperature superconductor, with a two-magnetic pole axes rotator includes: one cylindrical magnet 13 or 14 arranged to the axis core part of the rotator 10; floating magnets 11 wherein a set comprising a plurality of ring-shaped magnets 23 or 20, 24 or 21 assembled around the one cylindrical magnet 13 or 14, is assembled respectively on the upper and lower sides of the rotator 10; and a generating magnet 31 having a magnet 33 at center in the height direction of the rotator 10.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

現在開発されている超電導フライホイールは装置全体を真空にしている。また、フライホイールはコマのような形状である。このためオイラーの運動方程式により、回転軸ぶれが起こり易い。更に、従来の装置は大型で構造が複雑であるといった問題があった。
また、鉛直状の回転体を、制御型ラジアル磁気軸受と制御型アキシャル磁気軸受で安定回転位置に支持した状態で、超電導体を冷却して超電導軸受を作動状態にし、超電導軸受とラジアル磁気軸受で回転体を安定回転位置に支持し、回転体を回転させて運転を開始するようにした超電導軸受装置が提案されている(下記特許文献1参照)。

しかしながら、従来の装置は、構造が大型でかつ複雑であり、コストが上昇するといった問題があった。
【特許文献1】
特開平10-231840号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、小型で高速回転が可能な高温超電導体により浮上させた二磁極軸回転体を有する円筒型発電装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
回転体の軸芯部に配置される1個の磁気シャフトの働きをする磁石と、該1個の磁気シャフトの働きをする磁石の回りに回転を安定化させる働きをする磁気円盤を構成するための複数のリング状磁石を組み込んだものを一組として、前記回転体の上下にそれぞれ組み込んだ浮上用磁石と、前記回転体の側面の中央部、前記回転体の側面の上下部、あるいは側面全面に回転推進用の凹凸を具備するとともに、前記回転体の上下に配置される円柱状の磁石は、第1の構成部材をスペーサとして、前記回転体の軸芯部の上端部及び下端部に固定され、側面を第2の構成部材により固定されることを特徴とする高温超電導体により浮上させた二磁極軸回転体を有する円筒型発電装置。

【請求項2】
 
請求項1記載の高温超電導体により浮上させた二磁極軸回転体を有する円筒型発電装置において、前記複数個のリング状磁石は、第3の構成部材と第4の構成部材により上下面が固定され、前記第2の構成部材と第5の構成部材により側面が固定されることを特徴とする高温超電導体により浮上させた二磁極軸回転体を有する円筒型発電装置。

【請求項3】
 
請求項2記載の高温超電導体により浮上させた二磁極軸回転体を有する円筒型発電装置において、前記発電用磁石は、前記第3の構成部材により内周面が固定され、前記第4の構成部材と第5の構成部材により上下面が固定されることを特徴とする高温超電導体により浮上させた二磁極軸回転体を有する円筒型発電装置。

【請求項4】
 
請求項3記載の高温超電導体により浮上させた二磁極軸回転体を有する円筒型発電装置において、前記発電用磁石は、薄板状磁石あるいはセグメント型磁石と高分子、FRPあるいは非磁性金属の保持体からなることを特徴とする高温超電導体により浮上させた二磁極軸回転体を有する円筒型発電装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008072042thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close