Top > Search of Japanese Patents > SYSTEM FOR PRESENTING EFFECT OF POINTING AND VERBAL CHECKING

SYSTEM FOR PRESENTING EFFECT OF POINTING AND VERBAL CHECKING

Patent code P110006189
Posted date Dec 19, 2011
Application number P2008-053299
Publication number P2009-210785A
Patent number P4937946
Date of filing Mar 4, 2008
Date of publication of application Sep 17, 2009
Date of registration Mar 2, 2012
Inventor
  • (In Japanese)重森 雅嘉
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title SYSTEM FOR PRESENTING EFFECT OF POINTING AND VERBAL CHECKING
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an system for experiencing the effect of pointing and verbal checking which enables an examinee to actually experience, through doing tasks, the human error prevention effect of pointing and verbal checking.
SOLUTION: The system 1 for presenting the effect of pointing and verbal checking includes: a PC body 10 including an arithmetic unit 11 and a storage device 12; a display 20 as a display; a keyboard 30 as an input device; a mouse 32 as an input device also functioning as a pointing device; and a microphone 35 for inputting voices. In the system 1 for presenting the effect of pointing and verbal checking, in S11, the examinee executes the tasks under "without pointing and verbal checking" condition, in S12, the examinee executes the tasks under "with pointing and verbal checking" condition, and in S13, the results are displayed on the display 20 side by side while being compared with each other.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来から、指差喚呼には、事故やエラーの防止効果があることが知られており、エラー防止対策として広く導入されている。指差とは、確認や操作を行う対象を指差しで確認することであり、喚呼とは、対象の状態や実行しようとする操作内容を発声して確認することである。なお、喚呼は、称呼、呼称、唱呼と表されることもある。

例えば、下記特許文献1には、プラントの監視制御システムにおいて、指差喚呼の確認をシステム側で自動的に行い、操作の信頼性の向上、操作員の負担の軽減を図ったシステムが開示されている。

【特許文献1】特開平9-114579号公報

また、下記特許文献2には、エレベータ保守作業を行う作業員が、指差喚呼しながら各部品の動作を実行する安全作業訓練を行うためのエレベータの安全作業訓練模擬装置が開示されている。

【特許文献2】特開平11-327424号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、指差や喚呼を行うことによる事故やエラーの防止効果を体感してもらう指差喚呼効果提示システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
指差なし条件及び指差あり条件で受検者に課題を実施してもらうことで、指差しを行うことによるヒューマンエラーの抑止効果を受検者に提示する指差喚呼効果提示システムにおいて、
受検者に実施してもらう課題に関する刺激を表示する表示装置と、
課題に対する反応を受検者が入力する入力装置と、
課題の実施に際して受検者が前記刺激を指差ししたかを座標により確認するための指差確認装置と、
前記指差確認装置による指差確認を行わない指差なし条件での第1の課題の結果と、前記指差確認装置による指差確認を行う指差あり条件での前記第1の課題の結果と、を前記表示装置に対比しながら表示するように制御する演算装置と、
を備えることを特徴とする指差喚呼効果提示システム。

【請求項2】
 
請求項1記載の指差喚呼効果提示システムにおいて、
課題の実施に際して受検者が前記刺激を喚呼したかを確認するための音声認識装置をさらに備え、
前記演算装置は、前記音声認識装置による喚呼確認を行わない喚呼なし条件での第2の課題の結果と、前記音声認識装置による喚呼確認を行う喚呼あり条件での前記第2の課題の結果と、を前記表示装置に対比しながら表示するように制御することを特徴とする指差喚呼効果提示システム。

【請求項3】
 
指差しを行うことによるヒューマンエラーの抑止効果を受検者に提示する指差喚呼効果提示方法であって、
表示装置が、受検者に実施してもらう課題に関する刺激を表示する工程と、
指差確認装置が、課題の実施に際して受検者が前記刺激を指差したかを座標により確認する指差確認工程と、
演算装置が、前記指差確認工程による指差確認を行わない指差なし条件で、第1の課題に対して受検者が入力装置へ入力した反応の正誤を判断する工程と、
前記演算装置が、前記指差確認工程による指差確認を行う指差あり条件で、前記第1の課題に対して受検者が前記入力装置へ入力した反応の正誤を判断する工程と、
前記表示装置が、指差なし条件での前記第1の課題の結果と、指差あり条件での前記第1の課題の結果と、を対比しながら表示する工程と、を備えることを特徴とする指差喚呼効果提示方法。

【請求項4】
 
音声認識装置が、課題の実施に際して受検者が前記刺激を喚呼したかを確認する喚呼確認工程と、
前記演算装置が、前記喚呼確認工程による喚呼確認を行わない喚呼なし条件で、第2の課題に対して受検者が前記入力装置へ入力した反応の正誤を判断する工程と、
前記演算装置が、前記喚呼確認工程による喚呼確認を行う喚呼あり条件で、前記第2の課題に対して受検者が前記入力装置へ入力した反応の正誤を判断する工程と、
前記表示装置が、喚呼なし条件での前記第2の課題の結果と、喚呼あり条件での前記第2の課題の結果と、を対比させながら表示する工程と、
をさらに備えることを特徴とする請求項3記載の指差喚呼効果提示方法。
Industrial division
  • Athletics, amusement
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008053299thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close