Top > Search of Japanese Patents > SUPERCONDUCTING MAGNET FOR MAGNETIC-LEVITATION RAILWAY VEHICLE

SUPERCONDUCTING MAGNET FOR MAGNETIC-LEVITATION RAILWAY VEHICLE

Patent code P110006250
Posted date Dec 20, 2011
Application number P2007-126545
Publication number P2008-283803A
Patent number P4790661
Date of filing May 11, 2007
Date of publication of application Nov 20, 2008
Date of registration Jul 29, 2011
Inventor
  • (In Japanese)長嶋 賢
  • (In Japanese)岩松 勝
  • (In Japanese)清野 寛
  • (In Japanese)小方 正文
  • (In Japanese)宮崎 佳樹
  • (In Japanese)荒井 有気
  • (In Japanese)笹川 卓
  • (In Japanese)小柳 圭
  • (In Japanese)田崎 賢司
  • (In Japanese)小野 通隆
  • (In Japanese)山下 知久
  • (In Japanese)柳瀬 康人
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title SUPERCONDUCTING MAGNET FOR MAGNETIC-LEVITATION RAILWAY VEHICLE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a lightweight and high-reliability superconducting magnet for a magnetic-levitation railway vehicle.
SOLUTION: A superconducting magnet for a magnetic-levitation railway vehicle is provided with superconducting coils 2 made of a rare-earth-element-based high-temperature superconductor. The superconducting coils 2 are cooled to below a temperature, at which a superconducting state occurs, only by a one-stage refrigerator 5.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、希土類元素系高温超電導磁石(下記特許文献1参照)や、Y系超電導コイル(下記非特許文献1参照)などが提案されている。
【特許文献1】
米国特許第5,724,820号公報
【特許文献2】
特開2005-32861号公報
【非特許文献1】
「超電導コイル応用」,石山 敦士,長屋 重夫,IEEJ Journal Vol.126,No.5,2006,pp.286-287
【非特許文献2】
超電導ハンドブック、電気学会、オーム社、昭和43年8月25日初版発行、pp.193~211

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、磁気浮上式鉄道車両用超電導磁石に係り、特に、RE系HTS-SCM(希土類元素系高温超電導体を用いた超電導磁石)に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
希土類元素系高温超電導体からなる超電導コイルを具備し、該超電導コイルを一段冷凍機のみで超電導状態となる温度以下まで冷却することを特徴とする磁気浮上式鉄道車両用超電導磁石。

【請求項2】
 
希土類元素系高温超電導体からなる超電導コイルを具備し、輻射熱シールド板を省略して前記超電導コイルを一段冷凍機のみで超電導状態となる温度以下まで冷却することを特徴とする磁気浮上式鉄道車両用超電導磁石。

【請求項3】
 
希土類元素系高温超電導体からなる超電導コイルを具備し、輻射熱シールド板や超電導磁石内の配管を省略して前記超電導コイルを一段冷凍機のみで超電導状態となる温度以下まで冷却することを特徴とする磁気浮上式鉄道車両用超電導磁石。

【請求項4】
 
請求項1から3の何れか一項記載の磁気浮上式鉄道車両用超電導磁石において、前記超電導コイルの励磁方法をフラックスポンプ方式とすることを特徴とする磁気浮上式鉄道車両用超電導磁石。

【請求項5】
 
請求項1から3の何れか一項記載の磁気浮上式鉄道車両用超電導磁石において、前記超電導コイルに熱電素子を取り付けて熱起電力で励磁することを特徴とする磁気浮上式鉄道車両用超電導磁石。

【請求項6】
 
請求項1から3の何れか一項記載の磁気浮上式鉄道車両用超電導磁石において、前記超電導コイルの電流リード及び冷却配管を省略して前記超電導コイルを収めた真空容器の高さを低くすることにより磁気浮上式鉄道車両の案内輪の位置を下げることを特徴とする磁気浮上式鉄道車両用超電導磁石。

【請求項7】
 
請求項1から3の何れか一項記載の磁気浮上式鉄道車両用超電導磁石において、前記超電導コイルの形状を矩形化することを特徴とする磁気浮上式鉄道車両用超電導磁石。

【請求項8】
 
請求項1から3の何れか一項記載の磁気浮上式鉄道車両用超電導磁石において、前記超電導コイルは、複数のコイルを組み合わせてラダー構造にすることを特徴とする磁気浮上式鉄道車両用超電導磁石。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007126545thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close