Top > Search of Japanese Patents > MOVEMENT RESTRICTOR FOR BRIDGE GIRDER HAVING INCREASED INTEGRATION BETWEEN STEEL PIPE AND INTERNAL CONCRETE

MOVEMENT RESTRICTOR FOR BRIDGE GIRDER HAVING INCREASED INTEGRATION BETWEEN STEEL PIPE AND INTERNAL CONCRETE

Patent code P110006263
Posted date Dec 20, 2011
Application number P2007-091181
Publication number P2008-248566A
Patent number P5057565
Date of filing Mar 30, 2007
Date of publication of application Oct 16, 2008
Date of registration Aug 10, 2012
Inventor
  • (In Japanese)岡本 大
  • (In Japanese)佐藤 勉
  • (In Japanese)谷村 幸裕
  • (In Japanese)田所 敏弥
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title MOVEMENT RESTRICTOR FOR BRIDGE GIRDER HAVING INCREASED INTEGRATION BETWEEN STEEL PIPE AND INTERNAL CONCRETE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a movement restrictor for a bridge girder with a square steel stopper increased in rigidity by increasing the integration of internal concrete with a square steel pipe.
SOLUTION: In this movement restrictor for a bridge girder having increased integration between the steel pipe and the internal concrete, deformed reinforcements 3 are disposed on the inner peripheral surface of the square steel pipe 2 filled with the internal concrete 1. The square steel pipe 2 has weld parts 4 to which the deformed reinforcements 3 are welded.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、橋桁と支持構造物との間に設けられ、橋桁の移動を制限する橋桁用移動制限装置としては、図4に示すようなものがあった。
この図4において、101は支持構造物としての橋脚、102は橋桁、103は橋桁ストッパーとしての鋼角ストッパーである。
橋桁用移動制限装置は、図4に示すように橋脚101天端に埋め込み設置し、橋桁102と接続することにより、地震等の水平力によって橋桁102が過度な移動を生ずることを防止する装置である。鋼角ストッパー103は橋桁用移動制限装置の一つである。

かかる橋桁用移動制限装置の鋼角ストッパーとして、一般には下記特許文献1に開示されるようなものがあった。また、特殊な構造のものとしては、下記特許文献2に開示されるようなものがあった。
【特許文献1】
特開2002-167711号公報
【特許文献2】
特開2007-39992号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、鋼管と内部コンクリートの一体性を高めた橋桁用移動制限装置に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
内部コンクリート(1)が充填される角型鋼管(2)の内周面にリブまたは節などの表面突起を有する棒鋼からなる異形鉄筋(3)を配置し、前記異形鉄筋(3)の上方部(3A)と下方部(3B)にのみ前記角型鋼管(2)に前記異形鉄筋(3)を前記異形鉄筋の直径の略5倍の長さにわたり溶接した溶接部(4)を形成し、前記異形鉄筋(3)の中央部(3C)には前記溶接部(4)を形成しないようにし、前記異形鉄筋(3)を有する前記角型鋼管(2)内に十分に内部コンクリート(1)を流し込んで固めることにより、前記内部コンクリート(1)と前記角型鋼管(2)の一体性を高め、前記角型鋼管(2)のみでなく、前記内部コンクリート(1)も外力に対して有効に抵抗できるようにすることを特徴とする鋼管と内部コンクリートの一体性を高めた橋桁用移動制限装置。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007091181thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close