Top > Search of Japanese Patents > RAILROAD WAYSIDE INFORMATION TRANSMISSION SYSTEM

RAILROAD WAYSIDE INFORMATION TRANSMISSION SYSTEM

Patent code P110006278
Posted date Dec 20, 2011
Application number P2006-099260
Publication number P2007-269245A
Patent number P4755521
Date of filing Mar 31, 2006
Date of publication of application Oct 18, 2007
Date of registration Jun 3, 2011
Inventor
  • (In Japanese)中村 一城
  • (In Japanese)関 清隆
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title RAILROAD WAYSIDE INFORMATION TRANSMISSION SYSTEM
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a system for transmitting railroad wayside information on a pin-point basis and a real time basis by grasping the traveling position of a train when transmitting railroad wayside information such as degradation of the meteorological state and occurrence of a disaster.
SOLUTION: The system comprises an on-vehicle equipment mounted on a train, and a railroad wayside monitoring equipment for transmitting railroad wayside information obtained by monitoring the state of a railroad wayside. The on-vehicle equipment includes an on-vehicle storage unit for storing train position information or the like, an on-vehicle transmission-reception unit for performing the radio communication to/from the railroad wayside monitoring equipment, and an on-vehicle control unit for instructing the communication to the on-vehicle transmission-reception unit, and performs the control that the on-vehicle control unit and the railroad wayside monitoring control unit establish the communication between the on-vehicle transmission-reception unit and the railroad wayside monitoring transmission-reception unit when the on-vehicle equipment and the railroad wayside monitor equipment are brought close to each other within a predetermined distance based on the train position information stored in the on-vehicle storage unit and the monitoring equipment position information stored in the railroad wayside monitoring storage unit.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

鉄道沿線の鉄道用電気設備の現状の情報を収集する場合には、鉄道用電気設備の現状の情報を沿線に設けた子機において収集し、移動中の電車内に設置した親機に対して送信し、電車内において受信することで、大規模なネットワークシステムを組むことなく、かつ、作業員の手を介すことなく自動的に、鉄道用電気設備の現状の情報を収集することは可能になっている。(例えば特許文献1参照)。

一方で、鉄道用電気設備の情報ではなく、雨量、風速、落石、雪崩等を監視するための監視機器が鉄道沿線に設置され沿線情報を収集している。これらの監視機器は自然災害による鉄道事故防止のためには不可欠なものである。これら沿線に設置された監視機器により得られた情報は適宜走行中の列車乗務員に通報することが肝要である。このため、これら監視機器は有線ケーブルで接続され、一旦、沿線情報集約端末を経由して中央指令所へ伝送され、その情報が指令所の人間を介して列車乗務員に伝えられるか、又は近くを走行する列車の前の信号を制御するようにして事故になるのを未然に防いでいる。

この沿線情報集約端末は多段に接続され、下位の集約端末にて沿線情報が一定時間蓄積され、数分間の平均値や最大値の値を抽出し、さらに上位の沿線情報集約端末に伝送している。
【特許文献1】
特開平11-78884号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、鉄道沿線情報伝送システムに係り、特に鉄道沿線の気象状況や災害発生等の沿線情報をリアルタイムで走行中の列車に知らせることを可能とする鉄道沿線情報伝送システムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
列車に搭載される車上機器と、鉄道沿線の状態を監視して得られた沿線情報を送信する沿線監視機器とからなる鉄道沿線情報伝送システムであって、
前記車上機器には、
前記車上機器が搭載される列車の現在位置を示す列車位置情報、列車番号情報、列車ダイヤ情報及び前記沿線監視機器の監視機器位置情報を記憶する車上記憶部と、
前記沿線監視機器と無線通信を行う車上送受信部と、
前記車上記憶部に記憶された情報に基づいて、前記車上送受信部に通信を指示する車上制御部とを含み、
前記沿線監視機器には、
前記沿線監視機器の監視機器位置情報を記憶する沿線監視記憶部と、
前記車上機器と無線通信を行う沿線監視送受信部と、
前記沿線監視記憶部に記憶された情報に基づいて、前記沿線監視送受信部に通信を指示する沿線監視制御部とを含み、
前記車上記憶部に記憶された列車の現在位置を示す列車位置情報と、前記沿線監視記憶部に記憶された前記沿線監視機器の監視機器位置情報とに基づいて、前記車上機器と前記沿線監視機器とが予め定められた所定の距離以内に接近した場合に、前記車上制御部と前記沿線監視制御部とが前記車上送受信部と前記沿線監視送受信部との間の通信を確立する制御を行い、
前記沿線監視機器と前記車上機器との通信が確立されている列車同士が、前記車上記憶部に記憶された列車ダイヤ情報に基づいて列車がすれ違うと判断される場合、両列車の車上機器の車上制御部が、車上機器同士での通信に切り替える制御を行う、
鉄道沿線情報伝送システム。

【請求項2】
 
列車に搭載される車上機器と、鉄道沿線の状態を監視して得られた沿線情報を送信する沿線監視機器とからなる鉄道沿線情報伝送システムであって、
前記車上機器には、
前記車上機器が搭載される列車の現在位置を示す列車位置情報、列車番号情報、列車ダイヤ情報及び前記沿線監視機器の監視機器位置情報を記憶する車上記憶部と、
前記沿線監視機器と無線通信を行う車上送受信部と、
前記車上記憶部に記憶された情報に基づいて、前記車上送受信部に通信を指示する車上制御部とを含み、
前記沿線監視機器には、
前記沿線監視機器の監視機器位置情報を記憶する沿線監視記憶部と、
前記車上機器と無線通信を行う沿線監視送受信部と、
前記沿線監視記憶部に記憶された情報に基づいて、前記沿線監視送受信部に通信を指示する沿線監視制御部とを含み、
前記車上記憶部に記憶された列車の現在位置を示す列車位置情報と、前記沿線監視記憶部に記憶された前記沿線監視機器の監視機器位置情報とに基づいて、前記車上機器と前記沿線監視機器とが予め定められた所定の距離以内に接近した場合に、前記車上制御部と前記沿線監視制御部とが前記車上送受信部と前記沿線監視送受信部との間の通信を確立する制御を行い、
前記沿線監視機器と前記車上機器との通信が確立されている列車と前記沿線監視機器と前記車上機器との通信が確立されていない列車とが、前記車上記憶部に記憶された列車ダイヤ情報に基づいて列車がすれ違うと判断される場合、両列車の車上機器の車上制御部が、通信が確立されて前記沿線情報を受信した車上機器から通信が確立されていない車上機器に前記沿線情報を送信する制御を行う、
鉄道沿線情報伝送システム。

【請求項3】
 
列車に搭載される車上機器と、鉄道沿線の状態を監視して得られた沿線情報を送信する沿線監視機器とからなる鉄道沿線情報伝送システムであって、
前記車上機器には、
前記車上機器が搭載される列車の現在位置を示す列車位置情報、列車番号情報、列車ダイヤ情報及び前記沿線監視機器の監視機器位置情報を記憶する車上記憶部と、
前記沿線監視機器と無線通信を行う車上送受信部と、
前記車上記憶部に記憶された情報に基づいて、前記車上送受信部に通信を指示する車上制御部とを含み、
前記沿線監視機器には、
前記沿線監視機器の監視機器位置情報を記憶する沿線監視記憶部と、
前記車上機器と無線通信を行う沿線監視送受信部と、
前記沿線監視記憶部に記憶された情報に基づいて、前記沿線監視送受信部に通信を指示する沿線監視制御部とを含み、
前記車上記憶部に記憶された列車の現在位置を示す列車位置情報と、前記沿線監視記憶部に記憶された前記沿線監視機器の監視機器位置情報とに基づいて、前記車上機器と前記沿線監視機器とが予め定められた所定の距離以内に接近した場合に、前記車上制御部と前記沿線監視制御部とが前記車上送受信部と前記沿線監視送受信部との間の通信を確立する制御を行い、
前記沿線監視機器と前記車上機器との通信が確立されていない列車同士が、前記車上記憶部に記憶された列車ダイヤ情報に基づいて列車がすれ違うと判断される場合、両列車の車上機器の車上制御部が、前記車上記憶部に格納した前記沿線情報をすれ違う相手側列車の車上機器に送信する制御を行う、
鉄道沿線情報伝送システム。

【請求項4】
 
前記沿線監視機器は、前記沿線監視送受信部を通じて定期的に前記沿線監視機器の監視機器位置情報を送信し、
前記車上機器は前記車上送受信部を通じて前記沿線監視機器の監視機器位置情報を受信した場合に、前記車上制御部が、前記車上送受信部が受信した前記沿線監視機器の監視機器位置情報と前記車上記憶部に記憶された列車の現在位置を示す列車位置情報と比較して予め定められた所定の距離以内に接近したと判断した場合に、前記車上機器が前記沿線情報を受信する、請求項1から請求項3のいずれかに記載の鉄道沿線情報伝送システム。

【請求項5】
 
前記車上機器と通信回線を介して接続され、所定領域内を走行する列車を監視する中央監視装置を含み、
列車ダイヤ情報が変動を生じた場合に、前記車上機器に現時点での最新の列車ダイヤ情報を送信する、請求項1から請求項4のいずれかに記載の鉄道沿線情報伝送システム。

【請求項6】
 
列車に搭載される車上機器と、鉄道沿線の状態を監視して得られた沿線情報を送信する沿線監視機器と、前記沿線監視機器からの送信情報を中継する中継機器とからなる鉄道沿線情報伝送システムであって、
前記車上機器には、
前記車上機器が搭載される列車の現在位置を示す列車位置情報、列車番号情報、列車ダイヤ情報及び前記沿線監視機器の監視機器位置情報を記憶する車上記憶部と、
前記沿線監視機器と無線通信を行う車上送受信部と、
前記記憶部に記憶された情報に基づいて、前記車上送受信部に通信を指示する車上制御部とを含み、
前記沿線監視機器には、
前記沿線監視機器の監視機器位置情報を記憶する沿線監視記憶部と、
前記車上機器と無線通信を行う沿線監視送受信部と、
前記記憶部に記憶された情報に基づいて、前記沿線監視送受信部に通信を指示する沿線監視制御部とを含み、
前記中継機器には、
前記中継機器の中継機器位置情報を記憶する中継記憶部と、
前記車上機器及び前記沿線監視機器と無線通信を行う中継送受信部と、
前記中継記憶部に記憶された情報に基づいて、前記中継送受信部に通信を指示する中継制御部とを含み、
前記車上記憶部に記憶された列車の現在位置を示す列車位置情報と、前記中継記憶部に記憶された前記中継機器の中継機器位置情報とに基づいて、前記車上機器と前記中継機器とが予め定められた所定の距離以内に接近した場合に、前記車上制御部と前記中継機器とが前記車上送受信部と前記中継送受信部との間の通信を確立する制御を行い、前記中継送受信部は前記沿線監視機器から得られた沿線情報を中継し、
前記車上送受信部が受信した前記中継機器の中継機器位置情報と、前記車上記憶部に記憶された列車の現在位置の列車位置情報とに基づいて、前記車上制御部が前記中継機器を通り過ぎたと判断した場合には前記沿線監視機器との通信に切り替える制御を行う、
鉄道沿線情報伝送システム。

【請求項7】
 
列車に搭載される車上機器と、鉄道沿線の状態を監視して得られた沿線情報を送信する沿線監視機器と、前記沿線監視機器からの送信情報を中継する中継機器とからなる鉄道沿線情報伝送システムであって、
前記車上機器には、
前記車上機器が搭載される列車の現在位置を示す列車位置情報、列車番号情報、列車ダイヤ情報及び前記沿線監視機器の監視機器位置情報を記憶する車上記憶部と、
前記沿線監視機器と無線通信を行う車上送受信部と、
前記記憶部に記憶された情報に基づいて、前記車上送受信部に通信を指示する車上制御部とを含み、
前記沿線監視機器には、
前記沿線監視機器の監視機器位置情報を記憶する沿線監視記憶部と、
前記車上機器と無線通信を行う沿線監視送受信部と、
前記記憶部に記憶された情報に基づいて、前記沿線監視送受信部に通信を指示する沿線監視制御部とを含み、
前記中継機器には、
前記中継機器の中継機器位置情報を記憶する中継記憶部と、
前記車上機器及び前記沿線監視機器と無線通信を行う中継送受信部と、
前記中継記憶部に記憶された情報に基づいて、前記中継送受信部に通信を指示する中継制御部とを含み、
前記車上記憶部に記憶された列車の現在位置を示す列車位置情報と、前記中継記憶部に記憶された前記中継機器の中継機器位置情報とに基づいて、前記車上機器と前記中継機器とが予め定められた所定の距離以内に接近した場合に、前記車上制御部と前記中継機器とが前記車上送受信部と前記中継送受信部との間の通信を確立する制御を行い、前記中継送受信部は前記沿線監視機器から得られた沿線情報を中継し、
前記中継機器と前記車上機器との通信が確立されている列車同士が、前記車上記憶部に記憶された列車ダイヤ情報に基づいて列車がすれ違うと判断される場合、両列車の車上機器の車上制御部が、車上機器同士での通信に切り替える制御を行う、
鉄道沿線情報伝送システム。

【請求項8】
 
列車に搭載される車上機器と、鉄道沿線の状態を監視して得られた沿線情報を送信する沿線監視機器と、前記沿線監視機器からの送信情報を中継する中継機器とからなる鉄道沿線情報伝送システムであって、
前記車上機器には、
前記車上機器が搭載される列車の現在位置を示す列車位置情報、列車番号情報、列車ダイヤ情報及び前記沿線監視機器の監視機器位置情報を記憶する車上記憶部と、
前記沿線監視機器と無線通信を行う車上送受信部と、
前記記憶部に記憶された情報に基づいて、前記車上送受信部に通信を指示する車上制御部とを含み、
前記沿線監視機器には、
前記沿線監視機器の監視機器位置情報を記憶する沿線監視記憶部と、
前記車上機器と無線通信を行う沿線監視送受信部と、
前記記憶部に記憶された情報に基づいて、前記沿線監視送受信部に通信を指示する沿線監視制御部とを含み、
前記中継機器には、
前記中継機器の中継機器位置情報を記憶する中継記憶部と、
前記車上機器及び前記沿線監視機器と無線通信を行う中継送受信部と、
前記中継記憶部に記憶された情報に基づいて、前記中継送受信部に通信を指示する中継制御部とを含み、
前記車上記憶部に記憶された列車の現在位置を示す列車位置情報と、前記中継記憶部に記憶された前記中継機器の中継機器位置情報とに基づいて、前記車上機器と前記中継機器とが予め定められた所定の距離以内に接近した場合に、前記車上制御部と前記中継機器とが前記車上送受信部と前記中継送受信部との間の通信を確立する制御を行い、前記中継送受信部は前記沿線監視機器から得られた沿線情報を中継し、
前記中継機器と前記車上機器との通信が確立されている列車と前記中継機器と前記車上機器との通信が確立されていない列車とが、前記車上記憶部に記憶された列車ダイヤ情報に基づいて列車がすれ違うと判断される場合、両列車の車上機器の車上制御部が、通信が確立されて前記沿線情報を受信した車上機器から通信が確立されていない車上機器に前記沿線情報を送信する制御を行う、
鉄道沿線情報伝送システム。

【請求項9】
 
列車に搭載される車上機器と、鉄道沿線の状態を監視して得られた沿線情報を送信する沿線監視機器と、前記沿線監視機器からの送信情報を中継する中継機器とからなる鉄道沿線情報伝送システムであって、
前記車上機器には、
前記車上機器が搭載される列車の現在位置を示す列車位置情報、列車番号情報、列車ダイヤ情報及び前記沿線監視機器の監視機器位置情報を記憶する車上記憶部と、
前記沿線監視機器と無線通信を行う車上送受信部と、
前記記憶部に記憶された情報に基づいて、前記車上送受信部に通信を指示する車上制御部とを含み、
前記沿線監視機器には、
前記沿線監視機器の監視機器位置情報を記憶する沿線監視記憶部と、
前記車上機器と無線通信を行う沿線監視送受信部と、
前記記憶部に記憶された情報に基づいて、前記沿線監視送受信部に通信を指示する沿線監視制御部とを含み、
前記中継機器には、
前記中継機器の中継機器位置情報を記憶する中継記憶部と、
前記車上機器及び前記沿線監視機器と無線通信を行う中継送受信部と、
前記中継記憶部に記憶された情報に基づいて、前記中継送受信部に通信を指示する中継制御部とを含み、
前記車上記憶部に記憶された列車の現在位置を示す列車位置情報と、前記中継記憶部に記憶された前記中継機器の中継機器位置情報とに基づいて、前記車上機器と前記中継機器とが予め定められた所定の距離以内に接近した場合に、前記車上制御部と前記中継機器とが前記車上送受信部と前記中継送受信部との間の通信を確立する制御を行い、前記中継送受信部は前記沿線監視機器から得られた沿線情報を中継し、
前記中継機器と前記車上機器との通信が確立されていない列車同士が、前記車上記憶部に記憶された列車ダイヤ情報に基づいて列車がすれ違うと判断される場合、両列車の車上機器の車上制御部が、前記車上記憶部に格納した前記沿線情報をすれ違う相手側列車の車上機器に送信する制御を行う、
鉄道沿線情報伝送システム。

【請求項10】
 
前記中継機器は、前記中継送受信部を通じて定期的に前記中継機器の中継機器位置情報を送信し、
前記車上機器は前記車上送受信部を通じて前記中継機器の中継機器位置情報を受信した場合に、前記車上制御部が、前記車上送受信部が受信した前記中継機器の中継機器位置情報と前記車上記憶部に記憶された列車の現在位置を示す列車位置情報と比較して予め定められた所定の距離以内に接近したと判断した場合に、前記車上機器が前記沿線監視機器からの中継を受信して沿線情報を受信する、請求項6から請求項9のいずれかに記載の鉄道沿線情報伝送システム。

【請求項11】
 
前記車上機器と通信回線を介して接続され、所定領域内を走行する列車を監視する中央監視装置を含み、
列車ダイヤ情報が変動を生じた場合に、前記車上機器に現時点での最新の列車ダイヤ情報を送信する、請求項6から請求項10のいずれかに記載の鉄道沿線情報伝送システム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006099260thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close