Top > Search of Japanese Patents > VIBRATION-ISOLATING DEVICE AND VIBRATION-ISOLATING METHOD FOR RAILROAD VEHICLE

VIBRATION-ISOLATING DEVICE AND VIBRATION-ISOLATING METHOD FOR RAILROAD VEHICLE

Patent code P110006281
Posted date Dec 20, 2011
Application number P2006-098152
Publication number P2007-269201A
Patent number P4868911
Date of filing Mar 31, 2006
Date of publication of application Oct 18, 2007
Date of registration Nov 25, 2011
Inventor
  • (In Japanese)菅原 能生
  • (In Japanese)瀧上 唯夫
  • (In Japanese)小金井 玲子
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title VIBRATION-ISOLATING DEVICE AND VIBRATION-ISOLATING METHOD FOR RAILROAD VEHICLE
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a vibration-isolating device and a vibration-isolating method for a railroad vehicle capable of reducing the possibility of occurrence of a derailment of the vehicle or the like when an earthquake occurs, and enhancing the ride quality of the vehicle in a normal state.
SOLUTION: The railroad vehicle vibration-isolating device controls the damping force of damping elements (a shaft damper 31, a right-to-left movable damper 17, an air spring 15, etc.) by a ride quality priority mode controller A1 focusing on the enhancement of the ride quality of a vehicle 1. When an earthquake is detected by an earthquake detection means 45, the controller is changed to an earthquake-mode controller A2 focusing on derailment prevention by a controller changing means 41, and the damping force of the damping elements is controlled according to the earthquake-mode controller A2. Thus, in a normal state, excellent ride quality can be obtained, and in an earthquake, the vibration of a vehicle body 10 (in particular, right-to-left vibration, vertical vibration and/or rolling vibration around 1 [Hz]) of the vehicle body can be reduced, and the possibility leading to derailment or the like of the vehicle can be reduced.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

鉄道車両の運行安全性を確保するためには、地震等の運行障害の発生を素早く検知し、列車を安全に制動することが極めて重要である。従来より、地震の発生を速やかに検知し、その危険性を判定して警報を発するシステムとして、例えば特許文献1(特公昭60-14315号公報)に開示された『地震早期検知警報システム』等が知られている。このシステムにおいては、複数の地震検知点の各々に端末装置を配置するとともに、各端末装置のそれぞれを通信線路で中央装置に接続する。各端末装置は、センサ、送信装置を備えている。中央装置は、受信装置、制御処理装置、時刻装置を備えている。中央装置には、各端末装置のセンサで検知された地震情報が通信線路を介して集められる。中央装置の制御処理装置は、センサで検知した地震波初動の振幅値やその周期等に基づいて、数秒以内に地震の危険性を判定する。

ここで、センサで検知した地震が多少なりとも危険性有りと判定される場合には、1秒程度の短時間の間にとりあえず制御処理装置に危険信号を送出しておき、その後に地震の実体波の観測により危険性無しと判定された場合には、一旦送出した危険信号を取り消す。そして、ある一定時点までの検知データだけでは地震の危険性が断定できない場合には、その時点後に1分間程度継続して地動の観測を続け、マグニチュードや卓越周期等のデータを解析して地震の加害性の評価を行い、危険性の有無を判定する。
なお、この特許文献1のシステムは、現在、JRの新幹線鉄道用の地震早期検知警報システムである『ユレダス』として実用化されている。

【特許文献1】特公昭60-14315号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、地震発生時に車両脱線等の起こる可能性を低くでき、かつ通常時には車両の乗り心地を向上させることができる鉄道車両防振装置及び方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
車体、及び、該車体を支える台車を有する鉄道車両用の防振装置であって、
前記台車の上下動及び/又はロール動を減衰するダンパー並びに/又は、前記車体と前記台車間の左右動、上下動及び/又はロール動を減衰するダンパーと、
前記車体及び/又は前記台車の左右動、上下動及び/又はロール動を検出する車両動揺検出手段と、
前記車両動揺検出手段の検出結果に基づき、車両の乗り心地を向上すべく、前記ダンパーの減衰力を制御して前記車体及び/又は前記台車の振動を抑制する乗り心地優先モード制御器と、
前記車両動揺検出手段の検出結果に基づき、車両の脱線を防止すべく、前記ダンパーの減衰力を制御して前記車体及び/又は前記台車の振動を抑制する地震時モード制御器と、
地震の発生を検知する地震検知手段と、
該地震検知手段が地震の発生を検知したときに、前記ダンパーの減衰制御器を、乗り心地優先モード制御器から地震時モード制御器へと切り替える制御器切替手段と、
を備えることを特徴とする鉄道車両防振装置。

【請求項2】
 
前記台車及び/又は前記車体と前記台車間の上下動及び又はロール動を減衰するダンパーとして、油圧式可変減衰軸ダンパーを用いたことを特徴とする請求項1記載の鉄道車両防振装置。

【請求項3】
 
前記車体と前記台車間の左右動及び又はロール動を減衰するダンパーとして、油圧式可変減衰左右動ダンパーを用いたことを特徴とする請求項1又は2記載の鉄道車両防振装置。

【請求項4】
 
前記車体と前記台車間の上下動及び又はロール動を減衰するダンパーとして、空気ばねと、その補助空気室と、この両者間に設けられて流量特性を変化させることが出来る絞り制御弁を用いたことを特徴とする請求項1、2又は3記載の鉄道車両防振装置。

【請求項5】
 
前記乗り心地優先モード制御器として、乗り心地レベル(LT)値低減に適した制御器を用いたことを特徴とする請求項1~4いずれか1項記載の鉄道車両防振装置。

【請求項6】
 
前記地震時モード制御器として、前記車体及び/又は前記台車の剛体モード振動の固有振動低減に適した制御器を用いたことを特徴とする請求項1~5いずれか1項記載の鉄道車両防振装置。

【請求項7】
 
車体、及び、該車体を支える台車を有し、
前記台車の上下動及び/又はロール動を減衰するダンパー並びに/又は、前記車体と前記台車間の左右動、上下動及び/又はロール動を減衰するダンパーと、
前記車体及び/又は前記台車の左右動、上下動及び/又はロール動に基づき、車両の乗り心地を向上すべく、前記ダンパーの減衰力を制御して前記車体及び/又は前記台車の振動を抑制する乗り心地優先モード制御器と、
前記車体及び/又は前記台車の左右動、上下動及び/又はロール動に基づき、車両の脱線を防止すべく、前記ダンパーの減衰力を制御して前記車体及び/又は前記台車の振動を抑制する地震時モード制御器が取り付けられた鉄道車両用の防振方法であって、
地震の発生を検知したときに、前記ダンパーの減衰制御器を、前記乗り心地優先モード制御器から前記地震時モード制御器へと切り替えることを特徴とする鉄道車両防振方法。
Industrial division
  • Railway
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006098152thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close