Top > Search of Japanese Patents > SOUNDNESS EVALUATION SYSTEM AND PROGRAM OF BRIDGE PIER THEREOF

SOUNDNESS EVALUATION SYSTEM AND PROGRAM OF BRIDGE PIER THEREOF commons

Patent code P110006285
Posted date Dec 20, 2011
Application number P2006-096300
Publication number P2007-271402A
Patent number P4698466
Date of filing Mar 31, 2006
Date of publication of application Oct 18, 2007
Date of registration Mar 11, 2011
Inventor
  • (In Japanese)佐溝 昌彦
  • (In Japanese)渡邉 諭
  • (In Japanese)淵脇 晃
  • (In Japanese)杉山 友康
  • (In Japanese)小林 徹
  • (In Japanese)中村 貴史
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title SOUNDNESS EVALUATION SYSTEM AND PROGRAM OF BRIDGE PIER THEREOF commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a soundness evaluation system and evaluation program, capable of accurately evaluating soundness of bridge pier by effectively detecting vibration of the bridge pier at swelling of a river.
SOLUTION: The soundness evaluation device 2A is a device for evaluating the soundness of the bridge pier, and the vibration detecting part 2a detects the vibration of the bridge pier at swelling of river, and the calculation part 2g for FFT processing of the output signal of the vibration detecting part 2a for calculating the predominant frequency. The specification part 2k determines the predominant frequency from among the predominant frequencies calculated by the calculation part 2g, corresponding to the natural frequency specified by the pulse load test as a natural frequency. An evaluation part 2n evaluates that the bridge pier is unstable, if the natural frequency is lower than the threshold. A display device 3 displays various information, and the display part 3b displays the evaluation results of the evaluation part 2n of the soundness evaluating device 2A.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


従来、変位計、加速度計又は速度計などのセンサを利用して橋脚の振動量を計測し、この橋脚の異常を検知するシステムが提案されている。従来の橋脚の異常検知システムは、橋脚の天端部に取り付けられてこの橋脚の振動を検出する加速度計と、この加速度計の出力信号を高速フーリエ変換処理してフーリエスペクトルを生成する高速フーリエ変換処理部と、このフーリエスペクトル波形を平滑化する平均化処理部と、平滑化後のフーリエスペクトルを重み付け関数によって重み付けする重み付け処理部と、重み付け後のフーリエスペクトルの曲線とベースラインとによって囲まれる領域の面積を正規化する面積算定正規化処理部と、正規化後の面積の減少をしきい値と比較する正規化面積減少評価部などを備えている(例えば、特許文献1参照)。このような従来の橋脚の異常検知システムでは、橋脚の微動信号に基づいて橋脚の固有振動数を高速フーリエ変換処理によって演算し、衝撃荷重試験による固有振動数と比較して、洗掘などに起因する橋脚の支持力の変化を適切に定常的に監視している。



【特許文献1】
特開2000-186984号公報

Field of industrial application (In Japanese)


この発明は、橋脚の健全性を評価する橋脚の健全性評価システムとその健全性評価プログラムに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
橋脚の健全性を評価する橋脚の健全性評価システムであって、
河川の水位が所定高さを超えたとき前記橋脚の振動を検出する振動検出部の出力信号を高速フーリエ変換処理して、この橋脚の卓越振動数を演算する演算部と、
前記演算部が演算した前記橋脚の卓越振動数に基づいてこの橋脚の固有振動数を特定する特定部と、
前記特定部が特定した前記橋脚の固有振動数に基づいてこの橋脚の安定性を評価する評価部とを備え、
前記特定部は、前記演算部が演算した前記橋脚の卓越周波数のうち、前記橋脚が健全な状態であるときにこの橋脚に衝撃荷重試験を実施して予め測定したこの橋脚の固有振動数に対応する卓越周波数をこの橋脚の固有振動数として特定すること、
を特徴とする橋脚の健全性評価システム。

【請求項2】
 
請求項1に記載の橋脚の健全性評価システムにおいて、
前記特定部は、前記橋脚の卓越振動数の移動平均に基づいてこの橋脚の固有振動数を特定すること、
を特徴とする橋脚の健全性評価システム。

【請求項3】
 
請求項1又は請求項2に記載の橋脚の健全性評価システムにおいて、
前記評価部は、前記橋脚の固有振動数の変化に基づいてこの橋脚の安定性を評価すること、
を特徴とする橋脚の健全性評価システム。

【請求項4】
 
橋脚の健全性を評価するための橋脚の健全性評価プログラムであって、
河川の水位が所定高さを超えたとき前記橋脚の振動を検出する振動検出部の出力信号を高速フーリエ変換処理して、この橋脚の卓越振動数を演算する演算手順と、
前記演算手順において演算した前記橋脚の卓越振動数に基づいてこの橋脚の固有振動数を特定する特定手順と、
前記特定手順において特定した前記橋脚の固有振動数に基づいてこの橋脚の安定性を評価する評価手順とをコンピュータに実行させ、
前記特定手順は、前記演算手順において演算した前記橋脚の卓越周波数のうち、前記橋脚が健全な状態であるときにこの橋脚に衝撃荷重試験を実施して予め測定したこの橋脚の固有振動数に対応する卓越周波数をこの橋脚の固有振動数として特定する手順を含むこと、
を特徴とする橋脚の健全性評価プログラム。

【請求項5】
 
請求項4に記載の橋脚の健全性評価プログラムにおいて、
前記特定手順は、前記橋脚の卓越振動数の移動平均に基づいてこの橋脚の固有振動数を特定する手順を含むこと、
を特徴とする橋脚の健全性評価プログラム。

【請求項6】
 
請求項4又は請求項5に記載の橋脚の健全性評価プログラムにおいて、
前記評価手順は、前記橋脚の固有振動数の変化に基づいてこの橋脚の安定性を評価する手順を含むこと、
を特徴とする橋脚の健全性評価プログラム。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006096300thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close