Top > Search of Japanese Patents > MANUFACTURE METHOD OF LOW THERMAL EXPANSION LINEAR BODY

MANUFACTURE METHOD OF LOW THERMAL EXPANSION LINEAR BODY commons

Patent code P110006300
Posted date Dec 20, 2011
Application number P2008-035725
Publication number P2008-235259A
Patent number P5295585
Date of filing Feb 18, 2008
Date of publication of application Oct 2, 2008
Date of registration Jun 21, 2013
Priority data
  • P2007-037651 (Feb 19, 2007) JP
Inventor
  • (In Japanese)上條 弘貴
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title MANUFACTURE METHOD OF LOW THERMAL EXPANSION LINEAR BODY commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a manufacturing method of a low thermal expansion linear body which makes a highly reliable composite structure while maintaining each of properties of a conductive material and a low thermal expansion material without using an adhesive and by performing a swaging process after a low thermal expansion material is inserted into a cylindrical conductive body.
SOLUTION: In the manufacturing method of a low thermal expansion linear body, a low thermal expansion material 2' is placed in a cylindrical conductive body 1', and while a diameter of a die of a swaging processing machine is gradually made smaller and a swaging process is repeated, and the cylindrical conductive body 1' is drawn, and an outer diameter of the cylindrical conductive body 1' is gradually made smaller and a contact surface between the cylindrical conductive body 1' and the low thermal expansion material 2' is processed, and the cylindrical conductive body 1' and the low thermal expansion material 2' are bonded tight to make a composite and the low thermal expansion linear body 3 is obtained.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

トロリ線、吊架線と言った線状材料では温度変化に伴う熱伸縮が大きく、敷設や保守管理において問題となっている。
そこで、熱伸縮に伴う架線支持部構造への影響を低減し、設備の簡素化やメンテナンスフリー化といったニーズに応えるために、線膨張係数の小さい材料の適用による低熱膨張線状材料の研究開発を進めている(下記特許文献1~4参照)。

これまでに、銅と低熱膨張線状材料として有望な有機系新材料で負の線膨張係数をもつPBO繊維「ザイロン(商品名)」との複合材料として、銅板とザイロンプリプレグシートを接着により積層した積層複合試料や、短尺の溝付き銅線にザイロンを挿入した構造や、銅パイプ内にザイロンを挿入した構造をした接着による短尺のザイロン充填銅線を製作し、その線膨張係数を測定して線膨張係数の制御の可能性を確認してきた。

【特許文献1】特開2003-281942号公報

【特許文献2】特開2006-085915号公報

【特許文献3】特開2006-164692号公報

【特許文献4】特開2006-172838号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、低熱膨張線状体の製作方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
円筒形状導電体内に低熱膨張繊維を配置し、スエージング加工機のダイスの径を小さくしながら繰り返しスエージング加工を行い、前記円筒形状導電体を絞り、該円筒形状導電体の外径を徐々に縮小させ、前記円筒形状導電体と前記低熱膨張繊維との接触面を加工し、前記円筒形状導電体と前記低熱膨張繊維とを密着させて複合し、低熱膨張線状体を製作することを特徴とする低熱膨張線状体の製作方法。

【請求項2】
 
請求項1記載の低熱膨張線状体の製作方法において、前記スエージング加工は、外側に配置された前記円筒形状導電体の表面にウロコ状の圧痕が生じる程度まで十分に行うことを特徴とする低熱膨張線状体の製作方法。

【請求項3】
 
請求項1又は2記載の低熱膨張線状体の製作方法において、前記低熱膨張繊維に撚りを加えることを特徴とする低熱膨張線状体の製作方法。

【請求項4】
 
請求項3記載の低熱膨張線状体の製作方法において、前記低熱膨張繊維の撚り方が、組紐であることを特徴とする低熱膨張線状体の製作方法。

【請求項5】
 
請求項1又は2記載の低熱膨張線状体の製作方法において、前記低熱膨張繊維はPBO繊維であることを特徴とする低熱膨張線状体の製作方法。
Industrial division
  • Electric wire, cable
  • Processing
  • Electric power application
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2008035725thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close