Top > Search of Japanese Patents > COMBINATION PROPELLING LEVITATION GUIDE AND GROUND COIL AND ITS WIRING METHOD

COMBINATION PROPELLING LEVITATION GUIDE AND GROUND COIL AND ITS WIRING METHOD

Patent code P110006310
Posted date Dec 20, 2011
Application number P2007-074408
Publication number P2008-236936A
Patent number P5073334
Date of filing Mar 22, 2007
Date of publication of application Oct 2, 2008
Date of registration Aug 31, 2012
Inventor
  • (In Japanese)饗庭 雅之
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title COMBINATION PROPELLING LEVITATION GUIDE AND GROUND COIL AND ITS WIRING METHOD
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a combination propelling levitation guide and ground coil which is simple of work in execution and is easy of management of its ground coil, and its feed wiring method.
SOLUTION: A combination propelling levitation guide and ground coil has a lead terminal which includes a doughnut winding coil 1 which has an upper coil 2 and a lower coil 3, one piece of lead terminal conductor 4 which is positioned right, being projected under this winding coil 1, and two pieces of lead terminal conductors 5 and 6 which are positioned left, being projected under the above winding coil.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

超電導磁気浮上式鉄道用地上コイルは、その敷設数が膨大なものとなるため、施工性の向上や高い信頼性、コスト低減が求められている。
地上コイルには推進、浮上、案内の3つの機能がある。現在の地上コイルは用途別に推進用と浮上・案内用の2種類が使用されているが、コイル数量削減による建設コスト低減策として、1つのコイルで推進、浮上、案内の3機能を兼用させた、高耐圧の推進浮上案内兼用(PLG)方式コイルの開発が進められている。

従来、推進浮上案内兼用地上コイル(PLGコイル)は、以下に示すような特許文献1~4及び非特許文献1に開示されている。
図5は従来の推進浮上案内兼用地上コイル(PLGコイル)を示す模式図、図6はその推進浮上案内兼用地上コイル(PLGコイル)の配線方法を示す模式図である。
これらの図において、101Aは山側の地上コイル、101Bは海側の地上コイル、102は地上コイル101への3相(U,V,W)給電線、103はガイドウェイの両側に対向配置される地上コイル101Aと101B間に配線される案内用ヌルフラックス線、104は車両の両側に配置される超電導磁石である。

このような、推進浮上案内兼用地上コイル(PLGコイル)が地上側ガイドウェイに配置され、この推進浮上案内兼用地上コイル(PLGコイル)と車両の両側に配置される超電導磁石104との間で、車両の推進、浮上、案内が行われる。
【特許文献1】
米国特許第4,913,059号公報
【特許文献2】
特公平7-55003号公報
【特許文献3】
特公平6-69246号公報
【特許文献4】
特許第3836475号公報
【非特許文献1】
「日の字PLGコイルの開発」,RRR,2005.3,pp.26-29

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、推進浮上案内兼用地上コイル(PLGコイル)の配線方法に関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
部コイル(2)と下部コイル(3)とを具備する日の字形状の巻線コイル(1)、該巻線コイル(1)の下部に突設され、正面から見て左側に位置する1個の口出し端子導体(4)と、前記巻線コイル(1)の下部に突設され、正面から見て右側に位置する2個の口出し端子導体(5,6)とを備える口出し端子部を具備する推進浮上案内兼用地上コイルを山側及び海側に配列し、前記海側に配置された地上コイルの2個の口出し端子導体(5,6)のうちの一方の口出し端子導体(5)にき電区分開閉器からの給電線(11)を接続し、前記海側の地上コイルの1個の口出し端子導体(4)には、前記海側で下流に配置された地上コイルへ給電を行う給電線(13)を接続し、前記海側の地上コイルの前記2個の口出し端子導体(5,6)のうち他方の口出し端子導体(6)には、対向して前記山側に配置された地上コイルの1個の口出し端子導体(4)に接続される給電線(12)を接続し、前記山側の地上コイルの2個の口出し端子導体(5,6)のうち一方の口出し端子導体(5)は、前記山側で下流に配置された地上コイルへ給電を行う給電線(13)を接続し、前記山側の地上コイルの前記2個の口出し端子導体(5,6)のうち他方の口出し端子導体(6)は、前記海側で下流に配置された地上コイルの2個の口出し端子導体(5,6)のうち一方の口出し端子導体(6)に接続される案内用ヌルフラックス線(16)を接続することを特徴とする推進浮上案内兼用地上コイルの配線方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007074408thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close