Top > Search of Japanese Patents > PANTOGRAPH

PANTOGRAPH

Patent code P110006321
Posted date Dec 21, 2011
Application number P2007-060029
Publication number P2008-228396A
Patent number P4851968
Date of filing Mar 9, 2007
Date of publication of application Sep 25, 2008
Date of registration Oct 28, 2011
Inventor
  • (In Japanese)長坂 整
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title PANTOGRAPH
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a pantograph of low noise having high follow-up capability.
SOLUTION: This pantograph, which is mounted on a rail car for taking in electric power from a trolley line, includes a base, which is supported movably roughly in the perpendicular direction by a link provided on the roof surface of the rail car; a follow-up arm connected rotatably around a fulcrum provided on the base; an elastomer, which connects the base and the follow-up arm at least one place or more and energizes the follow-up arm upward; a shoe provided at the upper end of the follow-up arm; and a slider provided on the upper surface of the pantograph head to contact the trolley line.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

鉄道車両のパンタグラフとして、特許文献1に記載されたものが知られている。図4には、前記鉄道車両のパンタグラフの、トロリ線と接触する集電部の構成を示している。

前記集電部は、天井管43を備え、前記天井管43が車両の屋根面上に設けられたリンク40に連結されることによって支持されている。前記天井管43は両端近傍にリニアブッシュ45、45を備え、前記リニアブッシュ45、45にはリニアシャフト46、46が略鉛直方向に摺動可能に貫通している。前記リニアシャフト46、46の上端部には結合ピン47、47に結合され、前記結合ピン47、47の両端には舟体4が結合されている。前記舟体4は上部が開口した箱状となっており、前期天井管43と前記リニアブッシュ45、45と前記リニアシャフト46、46と前記結合ピン47、47とが前記舟体41に内包されている。この構成によって前記舟体41は前記リンク40に対して上下動自在に接続されている。

前記舟体41の上部にはすり板取付板48が設けられ、前記すり板取付板48の上面にはすり板49が固定される。また、前記天井管43の両端部上面と前記すり板取付板48の両端部下面との間には圧縮ばね44、44が設けられており、前記圧縮ばね44、44は前記天井管43に対して前記すり板取付板48が固定された前記舟体41を上方に付勢している。
【特許文献1】
特許第3297355号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、鉄道車両の屋根面上に設けられ、トロリ線に接触してトロリ線から車両に電力を取り込むためのパンタグラフに関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
鉄道車両に設けられて、トロリ線から電力を取り込むためのパンタグラフにおいて、前記車両の屋根面上に設けられたリンクによって略鉛直な平面内で移動自在に支持されたベースと、前記ベースに固定された追随アームと、前記追随アームの上端に設けられた舟体と、前記舟体の上面に設けられトロリ線と接触するすり板とを備え、前記追随アームの中間の一部分は弾性体となっていることを特徴とするパンタグラフ。

【請求項2】
 
前記弾性体は、前記追随アームの中間の一部分の断面形状を変化させることによって所望の弾性力を得ていることを特徴とする請求項1に記載のパンタグラフ。

【請求項3】
 
前記弾性体は、前記追随アームの中間の一部分に所望の弾性力を発生するような材質を接合していることを特徴とする請求項1に記載のパンタグラフ。

【請求項4】
 
前記舟体が、トロリ線を含む略鉛直平面内またはこれと平行な平面内で移動可能であることを特徴とする請求項1に記載のパンタグラフ。

【請求項5】
 
複数の軸と外側連結片と内側連結片とから構成され、前記外側連結片と前記内側連結片とは連続的に順番に交互に並べられ、前記軸によって互いに回転自在に連結され、かつ複数の前記軸は互いに平行になっている部材を、前記軸が前記平面に対して直行するように前記弾性体に沿って複数の連結片を前記平面と直行する軸を中心として互いに回転自在に連結してなる支持体を設けていることを特徴とする請求項4に記載のパンタグラフ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2007060029thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close