Top > Search of Japanese Patents > METHOD AND INSTRUMENT FOR CONTINUOUSLY MEASURING CONCENTRATION OF IONS CONTAINED IN GROUND WATER

METHOD AND INSTRUMENT FOR CONTINUOUSLY MEASURING CONCENTRATION OF IONS CONTAINED IN GROUND WATER

Patent code P110006354
Posted date Dec 21, 2011
Application number P2006-310027
Publication number P2008-128643A
Patent number P4818074
Date of filing Nov 16, 2006
Date of publication of application Jun 5, 2008
Date of registration Sep 9, 2011
Inventor
  • (In Japanese)坂井 宏行
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title METHOD AND INSTRUMENT FOR CONTINUOUSLY MEASURING CONCENTRATION OF IONS CONTAINED IN GROUND WATER
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To continuously measure the concentration of specific ion contained in ground water over a long period of time using an ion selective electrode 3.
SOLUTION: The inner surface of a container 2, to which ground water W is continuously supplied in an overflowing state is plated with silver having anti-bacterial properties to set the ground water in the container 2 to a silver eluting atmosphere wherein a very small amount of silver is eluted, bacteria living in the ground water is killed to prevent the formation of a biofilm on the surface of the ion selective electrode 3. By this method the concentration of ions can be precisely measured over a long period of time.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

本発明の発明者は、地下水に含有するナトリウムイオンや塩化物イオンに代表される各種イオンのうち、予め測定目標とした特定イオンのイオン濃度を測定することで、例えば地盤変位の予知や地下構造物の安定度、さらには地下構造物への地下水の漏水流量の測定等ができるのではという推論のもと、これらについて実際に検証し、前記推論が正しいことを見出し、各種の発明を創作した(例えば特許文献1~5)。ところでこのような特定イオンのイオン濃度を測定する場合、定期的に測定現場に赴いて地下水のサンプリングをし、そして該現場で濃度測定をするか、あるいはサンプリングした地下水を実験室や検査室まで搬送して測定をするのが一般的な測定手法である。ところが測定現場が辺鄙なところにある場合、測定現場に出向くことすら煩わしく、さらにこのようなところからサンプリングした地下水を運び出すとなると、多大な労力と時間を要するという問題がある。

【特許文献1】特開2001-141545号公報

【特許文献2】特開2002-294681号公報

【特許文献3】特開2002-339373号公報

【特許文献4】特開2003-279561号公報

【特許文献5】特開2005-345110号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、地下水に含有するナトリウムイオンや塩化物イオンに代表されるイオンの濃度を長期間に亘って連続的に測定する地下水含有イオン濃度の連続測定方法および連続測定装置の技術分野に属するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
地下水に含有する特定イオンのイオン濃度を、測定現場にセットしたイオン濃度測定センサを用いて連続的に測定するにあたり、測定現場に設置され、供給される地下水がオーバーフロー状態で溜められ、イオン濃度測定センサがセットされる地下水溜めを抗菌性金属雰囲気下にすると共に、不活性ガス供給手段から供給される不活性ガスにより地下水溜めに溜められた地下水が空気に接触するのを防止して測定するようにしたことを特徴とする地下水含有イオン濃度の連続測定方法。

【請求項2】
 
地下水に含有する特定イオンのイオン濃度を、測定現場にセットしたイオン濃度測定センサを用いて連続的に測定するための連続測定装置を、測定現場にセットされ、地下水がオーバーフロー状態で溜められる地下水溜めと、該地下水溜めにセットされるイオン濃度測定センサとを備えて構成するにあたり、前記地下水溜め内抗菌性金属雰囲気に設定すると共に、該地下水溜めに溜められた地下水が空気に接触するのを防止するため不活性ガスを供給する不活性ガス供給手段を設けたことを特徴とする地下水含有イオン濃度の連続測定装置。

【請求項3】
 
不活性ガス供給手段から供給される不活性ガスは窒素であることを特徴とする請求項1に記載の地下水含有イオン濃度の連続測定方法。

【請求項4】
 
不活性ガス供給手段から供給される不活性ガスは窒素であることを特徴とする請求項2に記載の地下水含有イオン濃度の連続測定装置。
Industrial division
  • (In Japanese)試験、検査
IPC(International Patent Classification)
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006310027thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close