Top > Search of Japanese Patents > GROUND MONITORING TOOL AND GROUND MONITORING METHOD

GROUND MONITORING TOOL AND GROUND MONITORING METHOD commons

Patent code P110006355
Posted date Dec 21, 2011
Application number P2006-308037
Publication number P2008-122287A
Patent number P4771913
Date of filing Nov 14, 2006
Date of publication of application May 29, 2008
Date of registration Jul 1, 2011
Inventor
  • (In Japanese)坂井 宏行
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title GROUND MONITORING TOOL AND GROUND MONITORING METHOD commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To accurately monitor the ground erosion state, without being affected by the erosion state of the ground.
SOLUTION: This monitoring tool 1 is constituted, by disposing a plurality of openings 4 at a predetermined interval in a cylindrical stainless-steel outer case 2 and disposing a light-detecting sensor 3 corresponding to each opening 4. The monitoring tool 1 is inserted and set in a bore hole X drilled in a ground monitoring place, and monitors the ground erosion by detecting light having intruded into the opening due to erosion by fall or cracks of the ground with the light-detecting sensor 3.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

一般に、海岸や河岸では波や流水によって地盤浸食を受けており、このような地盤浸食によって発生する災害を未然に防止することが望まれている。ところでこのような災害発生を回避するためには、浸食の進捗状況を監視する必要があるが、これを人手に頼ることは効率が悪いだけでなく、場所によっては監視できないような危険箇所があったりするという問題がある。
そこで、光ケーブルをボーリング孔に装填し、浸食によって光ケーブルが破断したり、折曲したりすることの検知をして浸食状態を監視するようにしたものが知られている(特許文献1)。
【特許文献1】
特開平11-336041号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、土砂崩れあるいは海岸や河岸での地盤崩落や地盤のひび割れ等の地盤浸食を監視するための地盤監視具および地盤監視方法の技術分野に属するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
地盤の監視箇所に穿設したボーリング孔に挿入セットされて地盤の浸食を監視するための地盤監視具であって、該地盤監視具は、所定の間隔を存して複数の開口が形成された筒状の外筐と、前記各開口部位にそれぞれ組込まれる監視室とから構成され、該監視室は、隣接するもの同士が光学的に遮断された状態の光検知センサーが組込まれ、地盤が浸食を受けたことにより開口から入った光を光検知センサーで検知することで部分的あるいは局所的な監視ができるように構成されていることを特徴とする地盤監視具。

【請求項2】
 
外筐には、光検知センサーの正常、異常の確認をするための発光体が設けられていることを特徴とする請求項1記載の地盤監視具。

【請求項3】
 
光検知センサーは、正常・異状判断制御部に接続され、正常・異状判断制御部は、設定される時間に発光体の発光指令を出力する出力手段と、該発光体の発光検知の有無に基づいて正常、異状の判断する判断手段とが設けられていることを特徴とする請求項2記載の地盤監視具。

【請求項4】
 
光検知センサーは、入力または記録される暦情報によって検知感度を調節するための暦感度調節制御部に接続されていることを特徴とする請求項1乃至3の何れか1記載の地盤監視具。

【請求項5】
 
光検知センサーは、入力または記録される昼夜間情報によって検知感度を調節するための昼夜間感度調節制御部に接続されていることを特徴とする請求項1乃至4の何れか1記載の地盤監視具。

【請求項6】
 
昼夜間感度調節制御部は、入力または記憶される日の出から日の入りまでの時間の太陽位置に基づいて感度調節するように設定されていることを特徴とする請求項5記載の地盤監視具。

【請求項7】
 
昼夜間感度調節制御部は、入力または記憶される月齢情報に基づいて夜間の検知感度を調節するものとし、月明かりによる検知を期待できない新月を挟んだ数日間は星明かりによる検知ができる感度に調節するように設定されていることを特徴とする請求項5または6記載の地盤監視具。

【請求項8】
 
昼夜間感度調節制御部は、入力または記憶される月の出から月の入りまでの時間に基づいて感度調節するように設定されていることを特徴とする請求項5乃至7の何れか1記載の地盤監視具。

【請求項9】
 
昼夜間感度調節制御部は、昼間情報が夜間情報に優先するように設定されていることを特徴とする請求項5乃至8の何れか1記載の地盤監視具。

【請求項10】
 
光検知センサーは、屋外光の強度検知センサからの検知強度によって検知感度を調節するための感度調節制御部に接続されていることを特徴とする請求項1乃至4の何れか1記載の地盤監視具。

【請求項11】
 
地盤の監視箇所に穿設したボーリング孔に地盤監視具を挿入セットして地盤の浸食を監視するための地盤監視方法であって、前記地盤監視具は、所定の間隔を存して複数の開口が形成された筒状の外筐と、前記各開口部位にそれぞれ組込まれる監視室とから構成され、該監視室は、隣接するもの同士が光学的に遮断された状態の光検知センサーが組込まれていて、地盤が浸食を受けたことにより開口から入った光を光検知センサーで検知することで部分的あるいは局所的な監視ができるように構成したことを特徴とする地盤監視方法。

【請求項12】
 
地盤監視具の複数本を立体配置して地盤監視をするようにしたことを特徴とする請求項11記載の地盤監視方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006308037thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close