Top > Search of Japanese Patents > TROUBLE-DETECTING SENSOR OF GROUND COIL FOR MAGNETIC LEVITATION TRANSPORTATION SYSTEM AND SYSTEM THEREOF

TROUBLE-DETECTING SENSOR OF GROUND COIL FOR MAGNETIC LEVITATION TRANSPORTATION SYSTEM AND SYSTEM THEREOF

Patent code P110006370
Posted date Dec 21, 2011
Application number P2006-251504
Publication number P2008-070329A
Patent number P4912805
Date of filing Sep 15, 2006
Date of publication of application Mar 27, 2008
Date of registration Jan 27, 2012
Inventor
  • (In Japanese)鈴木 正夫
  • (In Japanese)田中 実
Applicant
  • (In Japanese)公益財団法人鉄道総合技術研究所
Title TROUBLE-DETECTING SENSOR OF GROUND COIL FOR MAGNETIC LEVITATION TRANSPORTATION SYSTEM AND SYSTEM THEREOF
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a trouble-detecting sensor of the ground coil for a magnetic levitation transportation system that is capable of readily and automatically performing maintenance management of the ground coil for the magnetic levitation transportation system, and to provide a system thereof.
SOLUTION: In the trouble-detecting sensor of the ground coil for the magnetic levitation transportation system, the trouble-detecting sensor 4, comprising a sensor section 4A, a signal processing section 4B, a signal transmitting section 4C, a power supply section 4D, and a memory section 4E, is arranged when the ground coil 3 for the magnetic levitation transportation system is formed.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

従来、磁気浮上式鉄道の地上コイルは、軌道の両側に配置され、磁気浮上式車両に搭載される超電導磁石との磁気作用により、磁気浮上式車両を走行させるようになっている(特許文献1,2参照)。
かかる磁気浮上式鉄道の地上コイルの保守管理は、作業員が徒歩による目視点検で地上コイルの異状の有無を判断するようにしていた。
【特許文献1】
特許第3202765号公報
【特許文献2】
特許第2706217号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、磁気浮上式鉄道用地上コイルの異状検知センサ及びその異状検知システムに関するものである。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
磁気浮上式鉄道用地上コイルの成形時に、センサ部と、信号処理部と、メモリ部と、信号送信部と電源部とを具備する異状検知センサを配置し、前記電源部は、コイルと、該コイルに接続されるコンデンサとを具備することを特徴とする磁気浮上式鉄道用地上コイルの異状検知センサ。

【請求項2】
 
(a)磁気浮上式鉄道用地上コイルに配置される、センサ部と、信号処理部と、メモリ部と、信号送信部と、電源部とを具備する異状検知センサと、
(b)保守用車両に搭載されるデータ読取・収録装置とを備え、
(c)磁気浮上式鉄道車両走行時のセクション内通電によって推進コイルに生ずる交流磁場により、前記電源部で発電した電力を用い、前記異状検知センサの情報を前記信号送信部から送信し、前記保守用車両に搭載されるデータ読取・収録装置により収集することを特徴とする磁気浮上式鉄道用地上コイルの異状検知システム。

【請求項3】
 
請求項2記載の磁気浮上式鉄道用地上コイルの異状検知システムにおいて、前記センサ部が振動加速度センサ、歪みセンサ、温度センサを含むことを特徴とする磁気浮上式鉄道用地上コイルの異状検知システム。

【請求項4】
 
請求項2記載の磁気浮上式鉄道用地上コイルの異状検知システムにおいて、前記電源部は、コイルと、該コイルに接続されるコンデンサとを具備することを特徴とする磁気浮上式鉄道用地上コイルの異状検知システム。

【請求項5】
 
請求項2記載の磁気浮上式鉄道用地上コイルの異状検知センサにおいて、前記異状検知センサを地上コイルの上段締結部近傍や下部の端子部に配置することを特徴とする磁気浮上式鉄道用地上コイルの異状検知センサ。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2006251504thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close