Top > Search of Japanese Patents > PHOTORESPONSIVE CATALYST

PHOTORESPONSIVE CATALYST

Patent code P120006475
File No. S2011-0779-N0
Posted date Jan 12, 2012
Application number P2011-115326
Publication number P2012-240990A
Patent number P5773308
Date of filing May 24, 2011
Date of publication of application Dec 10, 2012
Date of registration Jul 10, 2015
Inventor
  • (In Japanese)今堀 龍志
  • (In Japanese)栗原 清二
  • (In Japanese)山口 令
Applicant
  • (In Japanese)学校法人東京理科大学
Title PHOTORESPONSIVE CATALYST
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a novel photoresponsive concerto catalyst that causes changes in the structure by light and can develop catalytic activity by the synergistic function of a catalytic functional moiety.
SOLUTION: The catalyst is a compound expressed by formula (1). In the formula, X1, X2, Y1, Y2, Z1 and Z2 are the same or different from one another, and represent an aryl group having 6 to 20 carbon atoms or a heterocyclic group having 3 to 20 carbon atoms, which may have one or more substituents selected from lower alkoxy, amine, ester, amide, cyano, nitro, chloro, fluoro, lower alkyl and aryl.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)


これまでに報告されている光応答性化学変換触媒は限られており(非特許文献1)、光構造変化に伴う触媒機能性部位の相乗的な機能によって触媒活性を発現する光応答性協奏機能触媒に分類できる触媒としては二つの報告があるのみである(非特許文献2及び3)。光応答性協奏機能触媒として分類できるこれらの触媒は、基質分子あるいは基質分子と反応剤の両方の分子認識によって反応の遷移状態形成を有利にする反応テンプレートとして機能する。従って、基質特異性が極度に高い限定的なシステムである。また、生成物がテンプレートに取り込まれることにより触媒の生成物阻害が生じ、触媒効率は低いものである。基本的に、シナジー効果による反応の加速は隣接効果によるものであり、純粋な触媒の活性をシナジー効果で誘起しているわけではない。そのため、不活性型自体に触媒活性が見られ、触媒光応答性が明確でない。また、これまでのところ光応答性触媒によるBasylis-Hillman反応は開発されていない。

Field of industrial application (In Japanese)


本発明は、新規な光応答性触媒に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
下記式(1)で示される化合物からなる、電子吸引基が結合したアルケンをアルデヒドに付加させる反応を触媒する光応答性触媒
【化1】
 


(式中、X1及びX2は同一又は異なるものであり、炭素数6から20のアリーレン基であり、これらは低級アルコキシ、クロロ、フッ素、低級アルキルから選択される1以上の置換基を有していてもよい。Y1、Y2、Z1及びZ2は同一又は異なるものであり、炭素数6から20のアリール基であり、これらは低級アルコキシ、クロロ、フッ素、低級アルキルから選択される1以上の置換基を有していてもよい。)

【請求項2】
 
X1及びX2が、低級アルコキシ、クロロ、フッ素、低級アルキルから選択される1以上の置換基を有していてもよいフェニレン基であり、Y1、Y2、Z1及びZ2が、低級アルコキシ、クロロ、フッ素、低級アルキルから選択される1以上の置換基を有していてもよいフェニル基である、請求項1に記載の光応答性触媒

【請求項3】
 
式(1)で示される化合物が、下記式(2)で示されるアゾベンゼン-2,2'-ジメチル-5,5'-ビス(ジフェニルメタノール)である、請求項1又は2に記載の光応答性触媒
【化2】
 


(式中、Meはメチル基を示し、Phはフェニル基を示す。)

【請求項4】
 
式(1)で示される化合物がシス体である、請求項1から3の何れか一項に記載の光応答性触媒。

【請求項5】
 
電子求引性基が結合したアルケンとアルデヒドとを請求項1から4の何れか一項に記載の光応答性触媒の存在下で反応させることを含む、電子求引性基が結合したアルケンをアルデヒドに付加させる方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close