Top > Search of Japanese Patents > NEW MESENCHYMAL STEM CELL

NEW MESENCHYMAL STEM CELL

Patent code P120006517
File No. S2011-0770-N0
Posted date Jan 23, 2012
Application number P2011-111873
Publication number P2012-239411A
Patent number P4859078
Date of filing May 18, 2011
Date of publication of application Dec 10, 2012
Date of registration Nov 11, 2011
Inventor
  • (In Japanese)窪木 拓男
  • (In Japanese)大野 充昭
  • (In Japanese)園山 亘
  • (In Japanese)中島 隆
  • (In Japanese)笈田 育尚
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人岡山大学
Title NEW MESENCHYMAL STEM CELL
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a new mesenchymal stem cell enabling the cell to be collected readily and exhibiting effective differentiation potency, and to provide a method for selecting the new mesenchymal stem cell.
SOLUTION: The new mesenchymal stem cells are selected from cells originated from granulation tissue collected from an extraction socket of tooth. The new mesenchymal stem cells are selected by culturing the granulation tissue collected from the extraction socket of tooth, and collecting the formed cell colony. The cells can easily be collected and a load of a donor can be reduced, compared to a conventional method. The cells originated from the granulation tissue collected from the extraction socket of tooth have higher colony-forming ability compared to the cells originated from the marrow, and enable the mesenchymal stem cells or precursor cells to be collected more efficiently. Furthermore, the cells having equal characteristics can be collected many times from the once collected extraction socket of tooth.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

歯槽膿漏、歯周病や抜歯後の歯槽骨の吸収等により、歯槽骨が失われる場合があり、歯槽骨再生治療として、骨移植や特殊なタンパク質、コラーゲン膜などの骨補填財等を用いる方法が試みられている。また、腸骨骨髄由来並びに歯槽骨骨髄由来間葉系幹細胞を用いた歯槽骨再生療法なども試みられている。再生医療の治療や研究目的の細胞源としては、間葉系幹細胞(MSC: Mesenchymal stem cell)が広く用いられている。間葉系幹細胞は、増殖能が高く、軟骨・筋肉・肝細胞・神経細胞・心筋細胞・血管内皮細胞等、種々の細胞に分化することが知られている。間葉系幹細胞は、主に腸骨骨髄由来又は歯槽骨骨髄由来間葉系幹細胞から取得される。しかしながら、骨髄採取を安全に行うには、術者のある程度のトレーニングを必要とする。また、局所麻酔下で骨髄採取を行っても、患者は強い痛みを感じることが多く、骨髄穿刺による感染の危険性もある。

また、人工多能性幹細胞(iPS細胞)が、拒絶反応や倫理的問題を回避できる再生医療に利用可能な細胞として期待が高まっている。しかし、遺伝子導入に起因する細胞の癌化等、安全性についての問題など、解決しなければならない課題が多く残されている。

そこで、近年口腔組織から間葉系幹細胞を採取する方法が試みられている。例えば、ヒト歯乳頭由来の間葉系幹細胞を用いる方法が開示されている(特許文献1)。しかし、特許文献1の方法は、歯胚を摘出するために、顎骨削除など外科的侵襲を伴う大がかりな手術を行う必要がある。例えば歯髄から幹細胞を採取することについては、非特許文献1(S.Gronthos et al. (2000); PNAS)、非特許文献2(M.Miura et al. (2003); PNAS)等にも報告されている。さらに、歯髄から間葉系幹細胞を分離する方法について、特許文献2に開示がある。特許文献2では、歯髄から間葉系幹細胞を分離するのに有用な細胞表面抗原を特異的に検出することにより、夾雑細胞のコンタミネーションを防ぎかつ短時間で分離することが可能な方法を見出している。しかしながら上記方法は歯髄を採取し、さらに間葉系幹細胞を分離したのちに、分離した細胞を培養して幹細胞を取得する方法であり、効率的とはいい難い。そこで、簡便に細胞を採取することができ、かつ効果的に分化能を示す幹細胞の選別方法が望まれている。

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、再生医療に応用可能な新規間葉系幹細胞に関する。さらには、前記新規間葉系幹細胞の選別方法に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
抜歯窩より採取された肉芽組織であって、抜歯後10日までに形成された肉芽組織を単一細胞とし、15%血清含有αMEM培地を含む細胞コロニー形成用培地で培養し、形成した細胞コロニーを収集する工程を含む再生医療用間葉系幹細胞の調製方法。

【請求項2】
 
抜歯後3日までに形成された肉芽組織を単一細胞とし、15%血清含有αMEM培地を含む細胞コロニー形成用培地で培養し、形成した細胞コロニーを収集する工程を含む、請求項1に記載の再生医療用間葉系幹細胞の調製方法。

【請求項3】
 
抜歯窩より採取された肉芽組織を単一細胞とし、15%血清含有αMEM培地を含む細胞コロニー形成用培地で7~21日間培養し、形成した細胞コロニーを収集する工程を含む、請求項1又は2に記載の再生医療用間葉系幹細胞の調製方法。

【請求項4】
 
請求項1~3のいずれかに記載の再生医療用間葉系幹細胞の調製方法により調製した再生医療用間葉系幹細胞を、骨補填材と混合し又は足場材に播種する工程を含む、骨形成用再生医療用組成物の調製方法。

【請求項5】
 
骨補填材が、β-リン酸三カルシウムである、請求項4に記載の骨形成用再生医療用組成物の調製方法。

【請求項6】
 
足場材が、セラミックス、金属材料、生体吸収性又は非吸収性ポリマーから選択されるいずれかである請求項4に記載の骨形成用再生医療用組成物の調製方法。
IPC(International Patent Classification)
F-term
Drawing

※Click image to enlarge.

JP2011111873thum.jpg
State of application right Registered
(In Japanese)特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。
技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close