Top > Search of Japanese Patents > AQUAPORIN 5 DEVELOPMENT PROMOTER

AQUAPORIN 5 DEVELOPMENT PROMOTER commons

Patent code P120006531
File No. 05050AA
Posted date Jan 30, 2012
Application number P2006-163070
Publication number P2007-332048A
Patent number P5023323
Date of filing Jun 13, 2006
Date of publication of application Dec 27, 2007
Date of registration Jun 29, 2012
Inventor
  • (In Japanese)礒濱 洋一郎
  • (In Japanese)宮田 健
  • (In Japanese)久恒 昭哲
  • (In Japanese)野村 城司
Applicant
  • (In Japanese)国立大学法人熊本大学
Title AQUAPORIN 5 DEVELOPMENT PROMOTER commons
Abstract PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an aquaporin 5 development promoter which is useful as a medicine for preventing and/or treating diseases caused by aquaporin 5 dysfunctions, such as thirst, dry eyes, and hemorrhages accompanying nasal dryness, itch sense caused by skin dryness, or pulmonary edema.
SOLUTION: This aquaporin 5 development promoter contains retinoic acid or its salt as an active ingredient. The medicine for preventing and/or treating diseases caused by aquaporin 5 dysfunctions contains retinoic acid or its salt as an active ingredient.
Outline of related art and contending technology (In Japanese)

外分泌腺からの水分泌の不足は、口渇、ドライアイ、鼻腔乾燥に伴う出血、皮膚乾燥による掻痒感など様々な症状を引き起こし、QOLの著しい低下を引き起こす。これらの症状は、シェーグレン症候群の患者の代表的な症状であるが、健常者にもしばしば見られる。これらの外分泌機能異常に対する現行の治療は、人工涙や人工唾液により目や口腔の乾燥を防ぐのが一般的であり、これらの乾燥症状との共存を前提としている。

アクアポリン(aquaporin:以下AQPと略すことがある)は、アグレにより1992年に発見された膜6回貫通蛋白で、細胞内の水分量を調節する水チャネルとして機能する重要な蛋白である。アクアポリンは細菌から哺乳類に至るまで普遍的に存在しており、これまでに哺乳類で、AQP0からAQP12まで13種類のアクアポリンが確認されている。

一般に外分泌腺の上皮細胞は、電解質の細胞外放出によって受動的に水分を放出しているが、細胞膜上に水チャネルアクアポリン5(aquaporin-5;AQP5)をもち、これを通じて水の透過速度を高め、分泌の効率化を行っている。従って、AQP5の機能を亢進する薬物あるいはその発現を促進する薬物には、種々の乾燥症状を緩和する作用が期待できる。しかし、AQP類には一般的なイオンチャネル類のような開閉機構がないと考えられており、機能亢進薬は理論的に難しい。また、AQP5の発現を亢進する薬物も今までに全く知られていなかった。

AQP類の機能調節剤の例としては、特許文献1に、アクアポリン5を発現した細胞及びアクアポリン4を発現した細胞では、水分吸収がマンガンイオンの添加により抑えられることが記載されており、マンガンイオンを含むアクアポリン機能調節剤が開示されている。しかしながら、特許文献1には、アクアポリン5の発現を亢進する物質については何ら記載がない。

【特許文献1】
特開2005-325047号公報

Field of industrial application (In Japanese)

本発明は、アクアポリン5の発現亢進剤、並びにアクアポリン5の機能異常に起因する疾患の予防及び/又は治療のための医薬に関する。

Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】
 
レチノイン酸又はその塩を有効成分として含む、アクアポリン5の発現亢進剤。
IPC(International Patent Classification)
F-term
State of application right Registered
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close